*

クロスバイクにお金を注ぎ込むくらいならロードバイクを買った方がマシだと言われる理由

公開日: カスタマイズ考, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

クロスバイク改造とお金
クロスバイクをいくら弄り倒してもロードバイクにはなりません。

なので、クロスバイクにお金を注ぎ込むくらいなら、さっさとロードバイクを買った方が良いと考えるのは、ごくごく当たり前のことだと思います。

実際問題で、僕のクロスバイクのescape airに注ぎ込んだお金を考えると、20万円クラスの完成車くらいは買えてしまうんじゃないかと思いますから、趣味でロードバイクを乗りまくるなら、最初からそのクラスのロードバイクを購入していた方が幸せなのかもしれません。

自転車弄りのきっかけはロードバイクへの憧れから

クロスバイク改造とお金 ロードバイク
自転車に興味を持つようになり、ロードバイクとクロスバイクの区別も付かなかった頃の僕は、スポーツバイクであれば、何でも一緒だろうと考えていました。

ロードバイクなどはエントリークラスでも10万円〜という値段のため、いきなり自転車にそんな大金を注ぎ込む気持ちにはなれず、もう少し格安のクロスバイクを買うことに決めたのでした。

しかし、実際にクロスバイクのescape airに乗るようになり、自転車のことに詳しくなるとともに、周りにも自転車に詳しい人が増えたりすると、クロスバイクのescape airではなく、もう少し奮発してロードバイクを買っておけば良かったかな・・・などと思うようになりました。

そこで、少しでもロードバイクのようなクロスバイクにしたくて、ペダルを換えたり、ハンドルを短くしたり、ホイールやコンポーネントをロードバイク仕様にしてみたりを始めるわけです。

街でロードバイク乗りを見つけると、躍起になって追い抜いてみたり「俺のクロスバイクはロードバイク仕様だぜ!」などと心の中で叫んでみたりするような意味の無い競争心をたぎらせていたりもしたものです。

まぁ「ロードバイク欲しい病」の真っただ中は、誰しもがそんな感じかと思いますが、僕の場合はまさにその典型で、ロードバイクを買わずにクロスバイクを改造・カスタマイズをしてロードバイクに近づけようと考えていました。

一方、僕と同時期にクロスバイクを購入した知人は、一瞬でクロスバイクを見切って、改造・カスタマイズなどは一切せずに、ロードバイクのフレームからのカスタムメイドで購入して、かなり充実した自転車ライフを送っています。

クロスバイクはクロスバイクなのである

クロスバイクはクロスバイク
ロードバイク欲しい病も熱が冷めてくると、冷静に物事を考えられるようになり、クロスバイクはどこまでいってもクロスバイクであり、ロードバイクにはならない、ということを認められるようになります。

なのでまぁ、出来るだけ早めに冷静になって、改造・カスタマイズにお金を注ぎ込む前に、そのお金を資金にして出来るだけ良いロードバイクを購入した方が良い、というような考え方も出来るようになってきます

よくある例として、クロスバイクをもっとロードバイクのようにしたくて、高級なコンポーネントをインストールしようと自転車屋さんに相談すると、「無駄だからやめておいた方が良い」などと言われてしまうなんてこともあるようです。

「俺の金なんだから好きに遣わせろや」と腹立たしく思ってしまうかもしれませんが、正直な話、ロードバイクが欲しいのであれば、クロスバイクを無駄に弄ったりはせずに、さっさとロードバイクを買うのが正解だと僕も思います。なので、そのように忠告してくれる自転車屋さんは良い自転車屋さんだと思います。

まぁ、改造したい本人からすれば、クロスバイクを購入した時のお金を無駄にしたくないですから、手持ちのクロスバイクを有効活用してロードバイク風にした方が良いと考えたくなるのも解らないでもないですが、クロスバイクはクロスバイク、ロードバイクはロードバイク、と分けて考えるのが良いと思います。

クロスバイクにはクロスバイクの良さがある

クロスバイク改造とお金でクロスバイクの良さ
クロスバイクとロードバイクはそもそも用途が違う乗りものなので、クロスバイクとロードバイクの二台持ちになったとしても、用途に応じて乗り分けられると思うので、けして無駄になることはないと思います。

高速での走行性能などはロードバイクの方が優れているのは間違いないと思いますが、気軽に乗れるという点ではクロスバイクの方が優れているわけです。

しかしながら、クロスバイクを改造・カスタマイズしていくということは、クロスバイクの最大の利点でもある、気軽さを削ぎ落としているようなもので、そう言った視点から考えても、クロスバイクの改造・カスタムなんかせずに、ロードバイクを買ってしまった方が良い、と言えるのかもしれません。

クロスバイクの改造・カスタマイズはロードバイクのお下がりが基本

クロスバイク改造とお金でカスタマイズ
自転車の改造・カスタマイズはクロスバイクの専売特許というわけではなく、ロードバイクでも勿論できます。どちらかと言えば、ロードバイクの方が資金をふんだんに遣っている人が多いように思います。

ロードバイクの改造・カスタマイズの後に不要になったパーツを再利用するためにクロスバイクへインストールする、というのが、おそらく一般的で最も無駄の無い手順かと思います。

例えば、最初に購入したロードバイクのコンポーネントがTiagraだったのを、DURA-ACEなどに換装して、余ったTiagraをクロスバイクへ移植、などというのはよくあるお話です。

それを考えても、クロスバイクに乗っていて、ロードバイクが欲しくなったのであれば、すぐにロードバイクを買った方が無駄が少ないと言えると思います。

クロスバイクの改造・カスタマイズに後悔無し

クロスバイク改造とお金でカスタマイズ
いろいろ考えると、確かにクロスバイクの改造・カスタマイズをするくらいなら、ロードバイクを購入したほうが良いと思えることの方が多いと思います。

しかしながら、クロスバイクのescape airを改造・カスタマイズしてきたことを全く後悔はしていません。それどころか、次は何を弄ろうかな?などと考えていたりするくらいです。

改造・カスタマイズだけであれば、ロードバイクでも可能なわけですが、本気のロードバイクの場合、改造・カスタマイズをするのであれば、それなりに性能のある(高級な)パーツを装備したいと考えるのではないかと思います。そうなると、最終的に行き着くカタチはだいたい決まってくるのです。

例えば、コンポーネントはDURA ACEにして、サドルはフィジークのアリアンテ、ハンドル周りは3Tなど・・・好きなパーツを選択していけば、あとはお金の問題だけで、自ずとゴールに近づいていきますし、最終的なイメージもすぐに沸くのです。

その点、クロスバイクの場合は元からフレーム(というか完成車)の価格が安いこともあり、パーツ選びも本気のロードバイクと違い、もっと気軽なものになってきます。

重量や性能にそれほどこだわらなくても良いのです。メーカーなどにもあまりこだわらなくても良いでしょうし、元々ロードバイクとマウンテンバイクの中間という立場のクロスバイクですから、ロードバイク用のぱーつだけではなく、マウンテンバイク用のパーツを採用しても良いわけです。

もちろんお金があれば、重量や性能、メーカーにもこだわれば良いのですが、とかく高級パーツを装備しているかどうかという点で評価されたりもするロードバイクに対して、クロスバイクの場合は気楽にいろいろなパーツをあれやこれやと試しやすいのも事実かと思います。

そんなこんなで改造・カスタマイズを繰り返して行くうちに、所有している自転車に対する愛着がわいて来るものですし、最初は空気さえまともに入れられなかった僕でもそこそこ自転車を弄れるようになるなど、いわゆるプライスレスな部分も非常に大きかったりするわけです。

なので、クロスバイクのescape airを弄るお金でロードバイクを買っておけば良かった・・・などと考えることは微塵もありません。

クロスバイクにお金を注ぎ込むくらいならロードバイクを買った方がマシなのか?まとめ

クロスバイク改造とお金のまとめ
僕の場合は、ロードバイクに乗りたい、ロードバイクのような自転車に乗りたい、という気持ちよりも、自転車を盆栽的にいじっていくのが楽しいと感じるタイプでした。

なので、愛車のクロスバイクのescape airを弄り続けること自体が僕の自転車ライフの楽しみ方の一つなので、ロードバイクがどうのこうのと考えることは今ではありません。

しかしながら、クロスバイクを弄り始めた当初の僕のように、ロードバイク的な走りをクロスバイクに求めるのであれば、クロスバイクの改造に注力するよりは、ロードバイクを買った方が幸せになれるなれるのでは、と思います。

結局の所、最終的にどうしたいか?というのが目安になるかと思いますが、クロスバイクに乗るにしても、ロードバイクに乗るにしても、自転車弄りは出来た方が自転車ライフはより楽しいものになる、というのは間違いないと思います。

Comment

  1. wire より:

    こちらの記事、過去記事も読まさせていただきました、始めまして。
     
    自分もfujiのクロスバイクをドロップハンドルに換装した経験があり、そのバイクで100km程度走ったりして物足りなさ(加速のもっさり感、平均速度、フォークによるハンドルの切れの重さ)を感じてしまって結局ロードを後から購入しましたが・・・ 自分はALLSORAコンポでしたが、105を導入していたらもう少し意見変わったかもしれないですね。 

    何がしたいか、どういう状況に使うだろうか、予算は? 
    って問いが出来ていればその人が本当に欲しい自転車に出会いやすくなるのでは、って思いました。 

    すでにご存知でしたらすみません、過去記事にGIANTストアにメンテナンスを依頼する記事がありましたが、サイトだと「他店にて購入された部品の調整は別途工賃を申し受けます」と記載がありますね。
    分かりにくい箇所の換装、例えばインナーワイヤを色つきに交換やRDのプーリーカスタムとかはすんなり受け入れてもらえるのかも知れないですね。

    • escape air より:

      wireさん。コメントありがとうございます。

      やっぱり長距離走った時に違いが大きいですよね。ある程度カスタムしてしまえば、速度などはエンジン次第なところがあるとは思いますが、長距離や過酷な条件になってくると、少しの違いでも、最終的に感じる差が大きくなるのだと思いますねぇ。

      予算、目的はすごく大切ですね。僕も購入前はどの自転車も一緒だろうと思っていたくらいなので、用途や目的が曖昧でした。結果的にそれほどズレていなかったのが幸いしていますが・・・

      他店にて購入されたパーツ、これは既に取り付けられたパーツの調整もそうでしょうし、持ち込みに関しても同様なのでしょうね。
      ワイヤー部などは、素人とプロとではえらく差が出そうなので確かにすぐに判ってしまいそうですが、スルーされる部分もきっとあるのでしょうね。いずれにしても最終的には人と人で、お店側と良い関係が築けるのが一番なのでしょうね。などと思う今日この頃で、お店でスタッフの方と談笑している方々をいつもうらやましく眺めています。

  2. 六丁峠 より:

    言われるとおり結局の所、最終的にどうしたいか?というのが目安になるかと思いますです。自転車でダイエットや体力増強するのであればスピニングバイクを30万円ぐらいで購入すれば効果絶大で、実行されているマニアもいます。もしかするとオリンピック出場とかできるかもしれません。(冗談ですが)それとも近所のスーパーに行くためのママチャリであれば歩道を「どいてや」と言いながら爆走するのはやめてほしいと思うのですが。

    • escape air より:

      スピニングバイク良いですよね。
      個人的にはめちゃくちゃ欲しいのですが、住環境が許してくれません(涙)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑