*

自転車のシフトレバーにフリクションタイプを選択してみた感想など

公開日: ハンドル周り, 自転車メンテ・改造

フリクションタイプのシフトレバー

フリクションタイプのシフトレバーについて書きたいと思います。

クロスバイクのESCAPE Airをフラットバーからブルホーン化した際に、フラットバーとブルホーンバーではほとんどの場合ハンドル径が異なるため、フラットバー用のシフトレバーがそのまま流用できません。

そのため、シフトレバーを別の物にする必要があり、大抵の場合はラピッドファイヤー方式のような段階的にシフトチェンジ出来るインデックスタイプものではなく、無段階のフリクションタイプのシフトレバーを使用することになります。

そのフリクションタイプのシフトレバー中で、僕が選択したシフトレバーは、ダイアコンペのENEサムシフター
と呼ばれるフリクションタイプのコントロールレバーでした。

ハンドルをフラットバーからブルホーン化した際の大きな違いの1つがシフトレバーがフリクションタイプになることで、一般的なラピッドファイヤータイプと比べて使用感が全く違うので使用した感想をまとめてみました。

インデックスタイプとフリクションタイプのシフトレバー

インデックスタイプととフリクションタイプのシフトレバー

シフトレバーには、インデックスと呼ばれる段階的にシフトチェンジ出来るものと、フリクションと呼ばれる無段階のものとの2種類のタイプがあります。

インデックスタイプのシフトレバー

シフトレバーを動かすとシフトチェンジの際に「カチッ」「カチッ」というクリック感があるもので、クリック感とともに、一段分変速する機構を持っているシフトレバーのことをインデックスタイプと呼びます。

デュアルコントロールレバーや、ラピッドファイヤーなど、現在主流なシフトレバーのほとんどがインデックスタイプになります。

フリクションタイプのシフトレバー

コントロールレバーを動かしても、クリック感がなく、レバーの引き量により無段階にシフトチェンジされるタイプのシフトレバーのことをフリクションタイプと呼びます。

昔からあるシフトレバーはこのタイプで、僕が購入したダイアコンペのENEサムシフターも、フリクションタイプのコントロールレバーです。

フリクションタイプのシフトレバーを使った感想

フリクションタイプのシフトレバーを使った感想

フリクションタイプのシフトレバーの調整について

フリクションのシフトレバーのワイヤー調整はインデックスタイプと比べると非常に簡単です。

一段一段で微妙な調整が必要なインデックスタイプとは違い、ローギアでのシフトレバーの位置を決めて、あとはワイヤーを張るだけで作業終了です。

例えば、コントロールレバーを一番奥に押し込んだ状態でローギアになるようにしてワイヤーを張り、コントロールレバーを手前に倒してくることで、ワイヤーのテンションが緩み、シフトアップされるという具合です。

以前、ラピッドファイヤー(インデックス)でのシフト調整を行った際に、悪戦苦闘しながら一段一段調整した経験があるだけに、この簡単さに「え?こんなんで良いの?」と、逆に不安になってしまうほどでした。

フリクションタイプのシフトレバーによるシフトチェンジについて

ワイヤーの調整が終わり、実際に乗り出してみて、初めてのフリクションでのシフトチェンジにチャレンジしてみました。

事前の情報収集で6速や8速なら快適だけれど、10速以上だとシフトチェンジはシビアだ。というような情報を得ていたので、恐る恐るのシフトチェンジでした。

想像ではほんの少し動かしただけでも2段くらい切り替わってしまうようなシビアさをイメージしていましたが、少し動かした程度ではシフトチェンジすることなく、感覚的には5mmくらいはシフトレバーを動かさないとシフトチェンジしないので、全くシビアだとは思いませんでした。

確かに6速などの感覚で、グイッ、グイッ、とコントロールレバーを動かすわけにはいきませんが、実用上で全く問題のないレベルでシフトチェンジしてくれます。

引き過ぎや戻し過ぎでチェーンを脱落させてしまうかもという不安もありましたが、ローギアからトップギアまでのコントロールレバーの振り幅さえ覚えておけば、チェーンをが脱落させてしまうこともありません。

感覚操作でも慣れれば思ったギアに入れられるようになる

クリック感が全くないので、感覚頼りのシフトチェンジになってしまいますが、不便に思うのは最初のうちだけで、慣れてくると一段一段の振り幅がなんとなくわかってくるため、感覚的でも思ったギアにシフトチェンジできるようになってきます。

シフトチェンジする回数が減りました

ラピッドファイヤーの時には、停車する時にはローギア付近まで戻し、再び走り出せば、スピードに併せて徐々にシフトアップしていくというような感じで、比較的マメにシフトチェンジをしていました。

ラピッドファイヤーのシフトレバーはトリガー式で、スパスパとギアチェンジできるのが非常に快適で、車で言うところのマニュアル車のような感覚でシフトアップしていく楽しさがありました。

しかしフリクションタイプになると、シフトチェンジをあまりしなくなりました。 

何故なら、フリクションにしてシフトチェンジが面倒になったからです。

例えば、停車するためにブレーキをかけながらの減速していくのですが、ブレーキとシフトレバーが一体化されているラピッドファイヤータイプだとブレーキをかけながら無理なくシフトダウンさせられます。

しかし、フリクションタイプのシフトレバーの場合、取付ける位置にも依りますが、基本的にはブレーキをかけながらのシフトチェンジは難しいと思います。

僕の場合は、ブルホーンバーの先端にエアロブーキとシフトレバーを配置しているので、ブレーキに手をかけながらでもコントロールレバーにも一応は手は届きます。

しかしそれであってもブレーキを握りながらシフトダウンするにはコツが必要でラピッドファイヤーと比べると操作性はかなり落ちるのです。

そんなわけでラピッドファイヤーの時と比べるとシフトチェンジをあまり積極的に行なうことがなくなりました

街乗りベベルなら特に問題無し

上記のようにラピッドファイヤーと比べると、フリクションタイプのシフトレバーは多少なりの不便さを強いられることになりますが、逆に言えば、ラピッドファイヤーが良く出来過ぎているとも言えるかもしれません。

レースに出たりするわけでもなく、街乗りオンリーで乗るレベルであれば、実際問題でシフトチェンジをそんなに頻繁に、そしてシビアにする必要もないわけですから、実用レベルでは全く問題ないと思います。

ラピッドファイヤー(インデックスタイプ)とフリクションタイプの比較

どちらが便利かと聞かれれば、圧倒的にラピッドファイヤー(インデックスタイプ)です。

カチッ、カチッとトリガー式のレバーを引けば、スパン、スパンと一段ずつシフトアップできるあの快適さフリクションタイプのシフトレバーにはありません。

フリクションタイプのシフトレバーにはラピッドファイヤーのような快適さは無いですが、キリキリとコントロールバーを締め上げたり、緩めたりして、シフトチェンジする独特な感覚はフリクションならではで、それはそれで面白みがあります。

フリクションタイプのシフトレバーの留意点

シフトレバーの最大振り幅の把握

シフトレバーの最大振り幅(トップからローまでの移動幅)は把握しておく必要があります。それ以上どちらかに回すと、チェーンが脱落する可能性があります。

コントロールレバーを締めるネジの増締めの調整

シフトレバー固定ネジは時々増し締めしてあげないと、緩んで勝手にシフトダウンしてしまうことがあります。逆に固定ネジを締め付けすぎると、コントロールレバーが重くなってしまいます。

シフトレバーが固定されつつも、動かしやすい程よい加減で調整する必要がありますが、それほど頻繁に調整を行なう必要は無いのと、調整方法は至って簡単でシフトレバーの本体に付いている取っ手をつまんで軽く捻る程度なので、煩わしさはあまりありません。

ちなみに、この固定ネジに注油してしまうと、ヌルヌルになってしまって、シフトレバーを固定出来なくなるので注油してはいけないようです。

フリクションタイプのシフトレバーについてのまとめ

フリクションタイプのシフトレバーについてのまとめ

快適さでだけを考えれば断然インデックスタイプのシフトレバーの方が快適だと思います。

しかしインデックスタイプのシフトレバーが主流の中で、あえてフリクションタイプのシフトレバーを使うのも、自己満足の世界ではありますが、自転車ツウになれたような気にもなれ、なんだか楽しくもあります。

レースなどで本格的に自転車を乗りたい場合は、インデックス式の方が絶対的に有利になってしまうでしょうが、それ以外では特に不便もありませんし、自転車いじりの楽しみということで考えれば、フリクションタイプのシフトレバーがどういったものであるかを知っておくと、年配の自転車乗りと共通の話題にもなったりして良いのでと思います。

・フリクションタイプは調整が楽
・ワイヤーの張り替えなどのメンテナンスも楽
・ラピッドファイヤーと比べると不便
・街乗りレベルでは問題無い
・フリクションならではの楽しみもある

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑