*

ParkToolチェーンギャングCG-2.2 でチェーン洗浄レビュー

公開日: チェーン, 清掃, 自転車メンテナンス・カスタマイズ ,

ParkToolのチェーンギャング CG-2.2

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクの手入れ・メンテナンスで、頻繁におこなうことの一つがチェーンの洗浄です。

チェーンの汚れをそのままにしていると、固着したり、錆の原因になったりして、チェーンの寿命と縮めたり、走行性能に影響を及ぼしたりするため、チェーン清掃は必須というわけです。

理想を言うのであれば走行の度におこなうのが良いようですが、僕の場合はそこまで念の入った手入れはしておらず、200km程度の走行ごと、あるいは汚れが気になったら、それ以前に洗浄するようにしています。

さて、今回はチェーン洗浄の強い味方であるParkTool(パークツール)のチェーンギャングが手に入ったので、早速チェーンギャングを使ってチェーンの洗浄をしてみました。

ParkToolチェーンギャングCG-2.2

ParkToolのチェーンギャング CG-2.2で洗浄

実はクロスバイクのESCAPE Airを購入した当初、チェーン洗浄は必須だろうということで、同タイプのメーカー不明の900円程度の安いクリーニングキットを買って大失敗したことがあります。

ParkToolチェーンギャングCG-2.2はその安物と同じタイプのものですが、値段が全然違います。果たして価格の違いがあるだけの性能や使い勝手があるのかも含めてレビューしてみたいと思います。

ロードバイク&クロスバイクのチェーン洗浄の基本

チェーンの洗浄方法手順
● チェーンステーや床を汚さないようにカバー
● パーツクリーナーをチェーンに吹き付けて、しばらく放置
● ウェスでゴシゴシとシゴくようにして汚れを拭き取る
● ティッシュでコヨリを作ってチェーンの内側をゴシゴシ
● 綺麗に拭き取ってから注油

文章で説明するよりも、動画を見ると判りやすいので説明動画を貼っておきます。

ってな感じです。

実践してみると分りますが、あっという間にウェスが真っ黒になり、汚れが落ちていくように見えても、拭いても拭いても黒い汚れがなかなか途絶えません。いくらやってもキリが無いので、適当なところで切り上げて終了するしかありません。

この方法でも、自転車に乗る度に清掃を行なうのであれば充分だと思いますが、そうでなければチェーン内部まで汚れが入ってしまったりして、チェーンの内側まで綺麗にしようと思うと、面倒だったり時間がかかってしまったりするのが問題です。汚れを溜めてしまうといくら頑張ってみたところで完全に汚れを落としきれないのです。

そこで、クリーニングキット「ParkToolのチェーンギャング CG-2.2 」の登場、というわけです。

ParkToolチェーンギャングCG-2.2を使ってチェーンを清掃してみた

ParkToolのチェーンギャング CG-2.2を使う

今回使ってみたクリーニングキットはParkToolのチェーンギャング CG-2.2

洗浄液をたっぷり入れたキットに汚れたチェーンを噛ませた後に、ペダルを回転させてチェーンを走らせることにより、キット内部の複数のブラシがチェーンの表面だけではなく、内部までゴシゴシとしてくれる便利なクリーニングキットです。

ParkToolチェーンギャングCG-2.2の使い方

ParkToolのチェーンギャング CG-2.2で汚れたチェーンの掃除

真っ黒に汚れてしまったチェーンです。
写真では分りづらいですが、チェーンの表面は黒く汚れてコーティングのようになってしまっています。

ParkToolのチェーンギャング CG-2.2に津チェーンをと

こんな感じでクリーニングキットの中にチェーンを通します。
チェーンは外す必要はなく、キットの蓋を外してチェーンがキットの中央を走るようにセットするだけです。

ParkToolのチェーンギャング CG-2.2をグルグル回す

洗浄液をキットの上部からキットに示されているラインまで流し入れてから、クランクをグルグルと回すことで、チェーンがキット内部を滑り、キット内部のブラシがチェーンの汚れを落として行きます。

ParkToolのチェーンギャング CG-2.2で洗うと汚れが落ちる

チェーンが四回転する程度クランクを回してみただけで、みるみるうちにチェーンの汚れが落ちて、洗浄液は真っ黒な墨汁のように変わります。どこからこんなに汚れが出て来たのかと思うくらいです。

これだけ汚れていればパーツクリーナーをかけて表面をゴシゴシするだけでチェーンが綺麗になるなんてことはないですよね。

ParkToolのチェーンギャング CG-2.2をウェスで拭く

ウェスでチェーンを拭いて、汚れの落ち具合を確認します。
表面の汚れは数回チェーンを回転させればかなり落ちますが、固着してしまった汚れなどはクリーニングキットを使っても落ちません。

そんな時は、一旦作業を中断してしばらく放置した後に再作業すると汚れは落ちやすくなると思います。

ParkToolのチェーンギャング CG-2.2で掃除

作業を何度か繰り返してチェーンが綺麗になったら、ワイプオールなどのウェスでチェーンに付いた洗浄液を拭き取っていきます。チェーンの間にも洗浄液が入り込んでいるので、ティッシュでこよりを作って拭き取っていきます。

ワイプオールについては「自転車メンテナンスの必需品ワイプオールを買ってみた(動画あり)」で解説しております。

その後しばらく放置してチェーン内部まで乾燥したら、チェーンの一コマ一コマに注油してチェーン洗浄が完了となります。

作業方法としては特に難しいこともなく、説明書を読まなくても出来るレベルです。

ParkToolチェーンギャングCG-2.2での作業のポイント

注意点としては、チェーンを回転させると、バシャバシャと洗浄液が飛び散ったりするので、床やフレームはウェスなどでカバーしてから作業した方が良いでしょう。作業後に確認してみたところ、前輪の方まで洗浄液が飛び散っていました。

作業の際にはディスプレイスタンドなどを使用して後輪を浮かせると作業しやすいと思います。

ParkToolチェーンギャングCG-2.2の使い方の動画があったので貼っておきますが、動画で見ても分るようにかなり飛沫が飛び散っています。必ず新聞紙を敷いてから作業するようにした方が良いでしょう。

ParkToolチェーンギャングCG-2.2を使うメリット

とにかく汚れがよく落ちる

ウェスでゴシゴシと拭き取るのに比べて、ものすごいイキオイで汚れが落ちていきます。「こんなにも汚れていたのか」と思うくらいで、手作業とは比べ物にならないほどの落ちっぷりです。

どんどん洗浄液が真っ黒になって汚れが落ちていく様を見るのは非常に気持ちが良いです。

これだけ気持ち良く汚れが落ちるのであれば、頑張って自転車でたくさん走って、チェーンを汚して、またすぐに洗浄したくなるほどで、なんとも言えない楽しさがあります。

残念ながら、回転させるだけでは、固着しているような頑固な汚れは落ちないので、最終的には手でゴシゴシするしかありませんが、それでも充分すぎるほど汚れは落ちると思います。

ParkToolチェーンギャングCG-2.2を使うデメリット

洗浄液のコストパフォーマンスの悪さ

一度に使う洗浄液の使用量がかなり多いです。
クリーニングキットに付いてくる洗浄液のシトラスチェンブライト(CB-2)は236ml入りだそうですが、一回の洗浄でほとんど使ってしまいます。

単品でも販売されているシトラスチェンブライト(CB-2)は、500ml弱。
定価は2,000円くらいします。

ということは、数回の使用で使い切ってしまうことになります。
つまり、洗浄数回分で新しいチェーンが買えてしまう計算になるわけです。

純正の洗浄液を使用するのはまり現実的ではない気がするので、別の格安な洗浄液を使用することを考えた方が良いかもしれません。

チェーンの洗浄液の代用ってあるの?

ロードバイクやクロスバイクのチェーンの洗浄やパーツの洗浄で、パーツクリーナーの代用品としてよくつかわれるのが灯油かと思います。

灯油はガソリンスタンドにポリタンク持参で行けば購入できますし、地域によっては、冬場のストーブの燃料として訪問販売もしてくれたりもしますよね。価格は相場によって上下しますが、2016年12月現在は、18リットルで約1,600円程度。

つまり、単純に値段だけの比較であればシトラスチェンブライトの1/50の値段です。これくらいの値段なら、ジャブジャブ使っても気になるレベルではないでしょう。

但し!
灯油などの燃料は、使用する容器を選ばないと樹脂が解けたりする可能性もありますし、付着したら変質してしまうものも多々あるようなので、CM-5 サイクロンも、灯油を使うとどうなるか全く不明なので、使用はあくまでも自己責任になるかと思います。

僕の場合は、家庭に小さな子供も居ますし、基本的にマニュアルに外れるようなことをしないので、灯油は使っていません。

それと、洗浄した後の廃油のことを考えると、東京の集合住宅住まいでは燃やして処分することもできないですし、ポリタンクにためておいて、ガソリンスタンドに持ち込んで処理の相談をする必要があったりで、逆に面倒が増えるというのも使用しない理由です。

その他の代用品としては、中性洗剤(台所用洗剤など)を水で薄めたものなどでもパーツクリーナーとして代用できるようです。

この場合は、一般的な油汚れと同じく、お湯で洗うとよく落ちるようです。この方法だと安全性はグッと高まりますが、洗浄力という点ではかなり劣ると思われます。

それに対してシトラスチェンブライトは、メーカーの説明文に

生物分解性のあるシトラスチェンブライトは部品に付着した余分なグリスや汚れをすばやく、強力に落とします。
通常のディグリーザーとは違い、最低限必要なグリスを残しておくので、チェーン洗浄後もすぐに乗り出すことができます。
ゴムシールやOリング、樹脂部品を傷めることはなく、安心して使用できます。

と書かれてあり、さすがチェーン洗浄専用の洗浄液、ってところでしょうか。水溶性なので水に流すこともできて、灯油と比べて非常に楽ですね。

余分なところまで洗浄液が飛び散る

クリーニングキットに洗浄液を溜めて、洗浄液の中にチェーンを潜らせながら洗うので、洗浄液でビチャビチャになったチェーンがクランクやスプロケットを通ることになります。

つまり、クランクやスプロケットも後から清掃してあげないと、洗浄液まみれの状態になってしまうので、チェーン洗浄後はその他のパーツも一緒に汚れを拭き取ってあげる必要があります。

クリーニングキットを使ってチェーンを清掃してみたまとめ

安物のクリーニングキットとは違い、、思っていた以上にスムースにクランクを回転させることができ、面白いくらいにチェーンの汚れが落ちました。

洗浄液を大量に使うのでその処理とコストが問題ではありますが、クロスバイクやロードバイクのチェーンの清掃は、自転車を乗り続けるうえで必須のメンテナンスですし、この洗浄の効率の良さとか手軽さを思えば、持っていて無駄にはならないアイテムだと思います。

僕のチェーンの洗浄ペースである、200km毎の洗浄で毎回使用すると、非常にコストがかかってしまうので、基本的な洗浄は、今まで通りにパーツクリーナーを吹きかけてからウエスでゴシゴシする方法で、汚れが酷くなってきて一気にクリーニングしたいと思った時に使用する、というような使い方になりそうです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑