*

ハンドル周りのスペース確保にミスターコントロール コンピューター/ライトマウント ADP-3RCを購入

公開日: ハンドル周り, 自転車メンテ・改造

サイクルコンピューター用マウンター

クロスバイクやロードバイクに乗る為には、ライト(前照灯)の装備が必須だったり、より楽しく乗るための必需品とも言えるサイクルコンピューターだったり、ハンドル周りには、何かと装備するものがある割に、ハンドル自体には装備するスペースがそれほど無い、といった問題があります

そんな時に便利なのが、ライトやサイクルコンピューターなどを取り付けるためのマウンター。
これを装備することで、ハンドル周りに無理矢理に取り付けていたサイクルコンピューターやライトを無理無く装備することが出来るというものです。

実際問題で、僕の場合、以前からライトの取り付け位置に頭を悩ましていて、固定用バンドをケーブルの隙間を通して取り付ける必要があり、取り付け取り外しを行なう度に煩わしさを感じていました。

そこで、何か良いものは無いかな、と探して評判の良かったミスターコントロール コンピューター/ライトマウント ADP-3RCを購入してみました。

ミスターコントロール コンピューター/ライトマウント ADP-3RC

コンピューター/ライトマウント梱包
梱包物はこんな感じです。
厚手のビニール袋に入っただけの超簡易包装です。
本体横のビニール袋に入っているのは、サイズ調整用のシム
取り付け部分のバーはカーボン製で軽量です。
もう少し存在感のある大きさかと思っていましたが、意外とコンパクトな印象でした。

コンピューター/ライトマウント 縦位置
クランプ径:31.8mm(26.0mm、25.4mm対応シム付)
マウントサイズ:長さ 約70mm、太さ 22.2mm (カーボン製)

コンピューター/ライトマウント取り付け例
というわけで、さっそく取り付け。
特に解説も必要のないくらいの簡単さです。

取り付けた感じは、はやりハンドルに突起物があると、若干の違和感を感じますが、慣れの問題かもしれません。

コンピューター/ライトマウントはスライド可能
裏側のボルトを緩めるとバーをずらすことができます。

コンピューター/ライトマウントを正面から
正面から

コンピューター/ライトマウントを横から
横から。
取り付け角度は使用してみて調整するのが良さそうです。

コンピューター/ライトマウントにサイクルコンピュータを取り付け
ライトとサイクルコンピューターを取り付けてみました。
取り付け用のバーは22.2mmと普通のハンドルよりも細いのでキャットアイのマウンターなどは、かなり絞り込む必要がありますが、取り付けられないことはありません。

コンピューター/ライトマウントにライトを取り付け


今まで手元にあったものが少し前に移動したので、どことなく違和感がありますが、やはり慣れの問題と思います。

コンピューター/ライトマウントの支柱
支え部分は華奢な印象ですが、しっかりとライトとサイクルコンピュータを支えてくれています。

ミスターコントロール コンピューター/ライトマウント ADP-3RCを付けて走行してみた感想

ミスターコントロール コンピューター/ライトマウント ADP-3RCを付けて走行してみました。

使い勝手

僕がマウンターを取り付けた理由は、ライトの取り付け位置を改善したいという気持ちからで、取り付け取り外しのし易さ、位置ともに申し分なく使えていて、それだけで大満足な感じです。

ライトとを移動させたついでに余ったスペースにサイクルコンピューターを取り付けたのですが、がかなり見やすくなったのも付けて良かった点だと思います。

今まではサイクルコンピューターに見ようとすると前方から目を離すことになり、安全面が不安でしたが、マウンターを使う事により、前方の視界を確保したままサイクルコンピューターを見ることができるようになりました。

実際にはそれほど大きな移動距離ではないのですが、わずかこれだけ動かすだけでも随分と変わるものですね。

取り付け具合

一般的な舗装道路を走るのはもちろん、少々荒れた舗装道路でも全く問題なく使用出来ました。

マウンテンバイクなどの激しい用途で使えるかどうかは分かりませんが、少なくともロードバイクやクロスバイクで使用して舗装道路を走る分にはガタついたりグラ付いたり、ズレたり下がったりすることはなさそうです。

ミスターコントロール コンピューター/ライトマウント ADP-3RCを付けたまとめ

ハンドル周りをあまりゴチャゴチャさせたくないという気持ちから、今までマウンターを使用していませんでしたが、毎度取り付け取り外しをしなくてはいけないライトの取り付け位置でストレスを感じていたので、モノは試しということで、マウンターを取り付けてみたのでした。

マウンター自体の存在感はそれなりにありますし、取り付けていない状態と比べると、スポーツバイクの見た目の美しさをどこか損ねている感じがしないでもありません。

しかしながら、実際取り付けて走行してみると、マウンターの存在感はほとんど感じませんし、サイクルコンピューターなどが見やすく、快適さは向上され、なかなか良いものだと思いました。

マウンター自体の取り付け取り外しも簡単ですし、値段もそれほど高いものではないので、駄目なら駄目で諦めのつくという気軽さでカスタマイズできるパーツですので、日頃からハンドル周りの備品の取り付け位置に悩んでいたりする方にはお勧めできるものだと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑