*

ミノウラのディスプレイスタンドDS-30 BLTを買ったらフルクラム用ではなかった【購入間違い注意】

公開日: スタンド

ミノウラのディスプレイスタンドDS-30 BLTレビュー

今まで僕がクロスバイクのメンテナンス時に使用していたのはミノウラのディスプレイスタンドDS-520。フックにシートステーとチェーンステーを引っ掛けて自立させる為のスタンドで、価格も安く便利に使ってきました。

しかし、ペダルを回すとフック部分が引っかかる感じで、チェーン部分のメンテナンスの際などに多少不便を感じていたので、その問題の解決のために、自転車屋さんなどでよく見かける後輪のハブ部分を挟むディスプレイスタンドを購入してみることにしました。

ミノウラのメンテナンススタンドDS-30 BLT

minouraのメンテナンススタンドDS-30 BLT

数あるスタンドからしっかりと検討して購入したのはAmazonでも評価の高かったミノウラのメンテナンススタンドDS-30 BLT。

ミノウラの ディスプレイスタンドDS-30 BLT

袋から取り出して開くとこんな感じ。
使い方はわざわざこのブログで説明するまでもありませんが、後輪のクイックリリース部分を挟んで固定し、自転車を自立させることができるというものです。

後輪は地面から浮いた状態になるので、ペダルを回す必要のあるディレーラーの調整や、チェーンの清掃時に便利になるはずです。

ミノウラの ディスプレイスタンドDS-30 BLT

自転車をしっかりホールドするためかどうかは分かりませんが、自転車の幅よりも若干狭く作られているようで、自転車を固定するためには、少々強めにスタンドを開いてから嵌める必要があります。

ヨイショって感じで開いて固定してみた状態。

キツい場合は、最初にグググッと開いてクセを付けてあげることで嵌めやすくなるようです。意外とキツい感じなので、たまのメンテナンス程度ならそれほどストレスには感じませんが、仮に毎日使用するつもりだと面倒に感じてしまうかも知れません。

ミノウラの ディスプレイスタンドDS-30 BLT

固定できてしまうと、DS-520よりも安定して立たせることができて、ペダルを回したとしてもガタついたりブレたりすることもなく、メンテナンスする時には、かなり重宝しそうです。

買って良かった。

ミノウラのメンテナンススタンドDS-30 BLTはカンパニョーロ・フルクラムフルクラム・ボントレガーは非対応?

ところが、ミノウラのメンテナンススタンドDS-30 BLTを購入して、無事に自転車も固定して立たせることができて喜んでいたのも束の間。

ミノウラのディスプレイスタンドのラインナップの中に同じDS-30シリーズであるDS30-CFBを発見。

DS-30 BLTとDS30-CFBでは何が違うのかと調べてみると、末尾のCFBは、Campagnolo、Fulcrum、Bontragerの頭文字と思われます。

どうやら上記三ブランドのクイックリリースのサイズは、その他のブランドやメーカーに比べると太いようで DS-30BLTは対応しておらず、きちんと嵌めることが出来ないようなのです。

ミノウラの公式サイトでも、DS30-CFBについての説明文でDS30-BLTでは取り付けられない、カンパニョーロ・フルクラム・ボントレガーなどの幅広クイック対応モデル。と書いてあります。

ええ!そうなの!?
そんなん知らんやん!
じゃあBLTって何なの!?

Fulcrum Racing3にはハマりましたが・・・

僕のクロスバイクのescape airのホイールはFulcrumのRacing 3なので、非対応・・・だと思いますが、とりあえずクイックリリースはちゃんとハマっている様子で問題無く使えています。

たまたま僕の所有しているモデルのクイックリリースでは大丈夫だったのか、それとも本当はもっとユルユルで、大丈夫なように見えるだけなのかは分かりません。

分かりませんが公式サイトで対応していないと書かれてある以上、対応していないと思った方が良いのでしょう・・・自転車用品はこういった買い間違いをたまにやってしまうのですよね・・・。

しかしながら、特に命に関わるものではありませんし、現状で問題無く使えているということにして、しばらくこのまま使ってみようと思います。

これからこのタイプのディスプレイスタンドの購入を検討している人は、自分の自転車のホイールがどこのメーカーであるかを把握してから、対応モデルを購入した方いと思います。

失敗をしてしまいましたが、この手のディスプレイスタンドがあれば、メンテナンスは飛躍的にしやすくなるので持っておいて損はしないものの一つでしょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑