*

自転車メンテ用のディスプレイスタンド

公開日: スタンド, 自転車メンテ・改造

愛車のクロスバイクのESCAPE Airのメンテナンスをする際に使用するスタンドを2つ持っています。

一つはMINOURA(ミノウラ) ディスプレイスタンド DS-520 折りたたみ式で、もう一つはMINOURA(ミノウラ) ディスプレイスタンド DS-30BLT 折りたたみ式です。

MINOURA ディスプレイスタンド DS-520 折りたたみ式

INOURA ディスプレイスタンド DS-520
フック式のスタンド。
赤い2つのフックをフレームのリア三角のシートステーとチェンステーの2カ所に引っ掛けて自転車を固定するタイプ。

MINOURA ディスプレイスタンド DS-520
特徴としては、自転車の後輪をヒョイと持ち上げてリア三角をフックに引っ掛けるだけで自転車を自立させることができるので、非常にお手軽です。使わない時は折り畳めて薄くなるので場所も取りません。

気になる点としてはリア三角の細いフレームを使用しての片掛けなので、カーボンフレームだとちょっと不安かもしれません。あと、自転車が斜めになってしまうことも多く、ディレーラーの調整などの際にペダルを回すと安定しなかったりするので少々作業がしづらいと感じます。

MINOURA ディスプレイスタンド DS-30CFB 折りたたみ式

MINOURA ディスプレイスタンド DS-30CFB
後輪のクイックリリースを挟んでリアハブで固定するタイプのスタンド。
グググググっとスタンドを開いて後輪のクイックリリースにハメると、かなりしっかり自転車が固定されます。

特徴としてフック式のスタンドに比べて安定感があり、横の揺れにも強いため、ペダルをグルグル回しても抜群の安定感があり、チェーンやスプロケット周りのメンテナンスがしやすいです。

MINOURA ディスプレイスタンド DS-30CFB
自転車屋さんで簡易なメンテナンスをする時などにもよく使われているタイプのディスプレイスタンドかと思います。使わない時は折りたたみイスのように畳めます。

気になる点としては、最初に挟み込む際に意外と力が必要なこと。また、自転車を固定しながら挟み込まなければいけないので、一人だとアタフタしてしまい、毎度、挟み込む際には苦労をします。

そもそも何故ふたつのスタンドを持っているのか?

もともとディスプレイスタンドはフック式のMINOURA ディスプレイスタンド DS-520を持っていました。それなりに使い勝手も良くてこれはこれで良かったのですが、あまり安定しないという部分で少し不満がありました。

まぁ、そもそもがディスプレイスタンドであって、メンテナンススタンドではないので、メンテナンスのしやすさを求めるのは間違った要望ではあるのですが・・・。

そんな折、自転車屋さんでのメンテナンスの様子などを見た際に使用されていたのがハブ固定式のディスプレイスタンドで、手際良く作用している様子に、ハブを挟むタイプの方が安定して使いそうだなと思い、後からハブ固定方式のDS-30CFBを購入したというわけです。

ディスプレイスタンド DS-520とDS-30CFB比較

ディスプレイスタンド DS-520とDS-30CFB比較
ディスプレイスタンド DS-520とDS-30CFBを使用してみた比較は、どちらも一長一短だとは思いますが、ハブ固定式のDS-30CFBは数回使用した後に出番がなくなり、もっぱらDS-520の方を使用しています

その理由として、DS-30CFBはしっかりと固定できるのですが、固定するまが面倒だと思うようになってしまったから。

不安定な自転車を固定しつつ、力一杯グググッと押し広げてクイックリリースをハメ込まなくてはいけないんですが、途中で自転車を抑えきれず前輪が動いて暴れてしまったりで意外とコツが必要です。

慣れてしまえばどうってことのない作業だとは思いますし、ハブ固定式のディスプレイスタンドの方が作業を行いやすかったりもするのですが、毎度毎度でヨイショというのが面倒になり、ただ置いて掛けるだけというフック式の楽さの方が勝ってしまうのです。

安定しないと言っても、通常作業する際には特に問題にならないレベルなので、もうこれで良いかなって感じです。

ただまぁDS-520ではちょっと不安な作業もあるのは確かなので、両方の車輪が浮くタイプのMINOURA ワークスタンド W-3100 辺りを購入しようか検討中です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑