*

折りたたみ小径車の有名自転車メーカーについて調べてみた

公開日: まとめ, 自転車全般

折りたたみ小径車の有名自転車メーカーについて調べてみた

先日書いた、奥さんに「自転車の部屋置きを許可して貰う方法を考えてみた」という記事に対して「折りたたみ出来るミニベロなんかも良いんじゃないか」というコメントを「2016 GIANT ESCAPE LABORATORY クロスバイク ロードバイク ブログ」のFUCHSさんより頂きまして「あ、そうか!折りたたみ自転車のミニベロがあったか!」と目からウロコがポロリと落ちました。

ミニベロとベロとは自転車という意味で、小さなタイヤの自転車のこと。
東京などでよく見かける小さなホイールのついた折りたたみ自転車のことをミニベロとか小径車などと呼んだりするわけですが、私、クロスバイクとロードバイクにばかり目を向けていたため、ミニベロの存在をすっかり忘れていたのでした。

折りたたみ自転車ミニベロの小径車のこと

折りたたみ自転車ミニベロ小径車のこと

意外と速いミニベロ小径車

ミニベロかぁ、小径車かぁ、タイヤ小さいなら遅いよねぇ、というイメージがあるかもしれませんが、ミニベロも意外と速いのです。

ミニベロに街中で出くわした際に観察していても時速30kmくらいで軽快に走っていたりしますし、ドロップハンドルの付いたやる気モードなモデルも存在します。

また、ミニベロ小径車のオーナーさんの様子を見たりしていると、100kmを越すようなサイクリングにも出かけたりしていて、小径車、折りたたみ自転車と言えども、けして舐められた存在ではなく、充分スポーツバイクとしての性能を持っているということが判ります。

自転車イベントでも意外とメインなミニベロ小径車

自転車系のイベントに出向くと、ロードバイクやクロスバイクがメインで展示されているようなイメージですが、意外と試乗などでスペースを取って人気だったりするのがミニベロだったりします。

いわゆるガチガチのスポーツバイクではなく、もう少しユルい自転車愛好家が気軽にオシャレに自転車に乗ろうと考え、そして部屋置きなんかを考えたりした場合、東京などの都市圏では住居環境の事情もあったりで、折りたたみの小径車が人気というわけですね。

折りたたみの小径車は春の桜並木の中を颯爽と走るのが似合うような爽やかなデザインで、ご近所サイクリング用に一台欲しいなと思える素敵なモノが多いのです。

ミニベロ小径車もホンモノとそうでないものとが存在する

ロードバイクやクロスバイクなど、いわゆるルック車と呼ばれる見た目はロードバイクのそれだけど、性能や品質は全く違う自転車が存在します。

ルック車の存在自体もそれはそれで、1つの自転車のカタチだと思うので良いとは思いますが、本気でスポーツバイクに取り組もうと思った時には、選択すべきではない自転車だったりするわけです。

で、ミニベロ小径車にもホンモノとそうでないものがあるようです。
有名なところで言えばミニベロの代名詞的な存在であるDAHONだったりしますが、他にも色々とあるようなので、ミニベロの有名メーカーについて調べてみようというのが今回のエントリーの主題でもあります。

折りたたみ自転車ミニベロの有名メーカー

DAHON ダホン

DAHON(ダホン) Route 20インチ 7speed 折りたたみ自転車 2017年モデル 17ROUTRD00 ルビーレッド

アメリカ、カリフォルニア州のメーカー。
値段も手頃、デザインも小径車らしい可愛いデザインで、ミニベロの代名詞的な存在と言えるのがダホン。デパート等にも置かれていたりするので最も馴染みのある折りたたみ小径車かもしれません。

数万円のお手頃価格のモデルから30万円を越す105仕様の本格的なモノまで幅広いラインナップ。

また、OEM供給も幅広く行なっているためDAHONのようなデザインの自転車もよく見かけるようです。

DAHONに似た自転車と言えばTernという折り畳み自転車のメーカーがありますが、DAHONの創業者のご子息が立ち上げたメーカーということです。

公式サイト

Riese und Müller リーズアンドミューラー

R)R&M(ライズアンドミューラー) BD-1(ビーディ-1) ミニベロ 2007年 -サイズ

ドイツのメーカー。リーズアンドミューラー。
折りたたみ小径車の超定番とも言えるBirdy(BD-1)
BD-1として名前が通って居ますが、本来はBirdyという名称のようです。日本では商標の関係で使用できなかったためBD-1と呼ばれていたようですが、問題をクリアして目田炊くBirdyという名称が使えるようになったとのこと。

ダホンが大衆車的なイメージだとすれば、Birdyはもう少し玄人好みな折りたたみ小径車と言えるかもしれません。

というのも、カスタムパーツも多く、あちこちパーツを入れ替えてチューンナップするなどが出来る自転車で、いわゆる盆栽趣味の人にも愛されるようなミニベロなのだそう。

価格は全モデルで15万円以上。
唯一無二とも言えるフレームデザインで評価の高い折りたたみ自転車です。

公式サイト

BROMPTON プロンプトン

N)BROMPTON(ブロンプトン) M2L(-) ミニベロ 2013年 -サイズ

イギリスのメーカー。プロンプトン。
価格は15万円〜20万円程度でBirdyと双璧となる折り畳み自転車メーカーで評価も高くオシャレ。

メカメカ、ゴチャゴチャしてしまいがちな折りたたみ自転車においてシンプルな印象です。

公式サイト

Tyrell タイレル

N)TYRELL(タイレル) CX(-) ミニベロ 2015年 -サイズ

名前からはイメージ出来ませんが香川に本社を置く日本のメーカーです。
創業が2004年の若い自転車メーカーながら世界にも流通させているようです。
価格帯は5万円〜20万円程度。

本格的なスポーツ仕様などもあり10周年記念に限定50台販売されたXFはDURA ACE Di2搭載でホイールハブにはGOKISOを採用する等、そこらのロードバイクも顔負け。価格はさすがに125万円(笑)

公式サイト

KHS ケーエイチエス

ミニベロ主体ながら、ロードバイクなどのレース用バイクも製造するメーカー。
DAHONと同じくアメリカ・カリフォルニア州のメーカー。
価格もDAHONと似たような構成で5万円前後のエントリーモデルから105搭載の25万円を越えるような本格的な仕様のバイクまで幅広いラインナップ。

公式サイト

折りたたみ自転車ミニベロの有名メーカーまとめ

折りたたみ自転車ミニベロの有名メーカー

クロスバイクやロードバイク、それから折りたたみ自転車も同じ自転車ではありますが、評価の高い有名メーカーとなると、全くメーカーが違ってくるのが興味深いところです。上記に挙げたメーカーはいずれもロードバイクやクロスバイクではほとんど聞く事の無いメーカーです。

しかし購入する1つの基準としては、折りたたみ自転車の場合もロードバイクなどと同じく、価格は10万円を1つの線引きとして考えた方がよさそうで、それなりのモノを買おうと思えば、そこそこの出費は覚悟しなくてはいけないですね。

価格もそこそこするのとコンパクトなので、軽い重量に期待したいところですが、意外にも折りたたみの機構などがある関係でクロスバイクやロードバイクに比べて重くなる傾向があり10kgをオーバーするモノがほとんどとのこと。

その他、折りたたみという構造上強度には不安があるようで、速度は出し過ぎない、凸凹や衝撃は極力避けるといった乗り方が求められるようで、ガチャンガチャンと言わせながらの走行には不向きな自転車になるようです。

個人的には子育て中という関係もあり、週末は子守りに労力を全フリしているため、しばらくは本格的なロードバイク生活は無理と諦めているので、中休み的に折りたたみ自転車のミニベロあたりを本気で考えてみても良いかな。輪行などを考えても圧倒的に気軽ですものね。。。

Comment

  1. Kei より:

    いつもブログを楽しく読ませていただいております。豊富な文章量に圧倒されております。

    折りたたみ自転車なら室内保管OKということで、結局3台収納しています。

    10kg以下じゃないと電車輪行は辛い。シングルギアじゃあ長距離は辛い。そうすると値段が100,000円以上どころか200,000円になりますねw

    • escape air より:

      Kei様 コメント有り難うございます。駄文とも言いますが・・・お恥ずかしい。
      3台持ちはすごいですね。ウチの場合だと3台持ちが逆に許されませんね(苦笑)
      調べてみて判ったのですが、ホールディングバイクって案外高いんだなと。まぁ考えてみれば機構も複雑ですしパーツも多くなるので当然と言えば当然ですね。
      小径車はまさしく都会の自転車というイメージでゆくゆくは手に入れたい自転車の1つです。Keiさんのブログも参考にさせていただきます。

      • Kei より:

        Tyrell FXでドロップハンドルだとクロスバイクよりはスピードが出るかもしれませんが、ロードバイクには絶対に勝てません。

        結局、小さいことが利点となる加速性能と収納しやすさを選択するあまりに走行性能は犠牲になっていますよね。

        (特別ブックマークにいれて)引き続きブログ楽しみにしています♪

        • escape air より:

          Kei様
          やはりそれぞれの得意分野がありますよね。
          僕自身、ホールディングバイクの知識がほとんどないため、このような情報は非常に有り難いです。
          今後ともよろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑