*

街乗り自転車にはメッセンジャーバッグが便利

公開日: バッグ・財布, 自転車メンテ・改造

街乗り自転車にはメッセンジャーバッグが便利

ロードバイクやクロスバイクに乗っている時に、問題になることの一つが荷物の持ち運びではないでしょうか。

スポーツバイクに乗る際には荷物は極力少ない方が快適なサイクリングが出来るのは間違いありませんが、通勤や日常で乗っていると、どうしても荷物を持ち運ぶ必要が出てきます。

かと言って、ママチャリのようにカゴを付けたりハンドルにぶら下げたり、というようなことはロードバイクやクロスバイクではしづらいので、荷物はバッグに入れて持ち運ぶというのが一般的かと思います。

自転車用のバッグと言ってもいろいろなタイプがありますが、その中の一つであるメッセンジャーバッグは、ちょっとそこまでの街乗りサイクリングの際の荷物を持ち運ぶ手段として非常に便利なバッグです。

メッセンジャーバッグとは

メッセンジャーバッグとは

メッセンジャーバッグはもともと自転車便(メッセンジャー)が使用するために作られたバッグで、自転車に乗り、また荷物の出し入れがしやすいように工夫がされているのが特徴です。

例えば、ロードバイクやクロスバイクに乗っていると前傾姿勢なので、方掛けバッグだと、バッグが背後から前へ回ってきてしまったりしてイライラしてしまいますが、メッセンジャーバッグの場合は、ストッパー機能も備わっていて、前面に回ってくることがないなど、とにもかくにも自転車用途で快適に使用出来るようになっています。

メッセンジャーバッグの特徴

メッセンジャーバッグの特徴

メッセンジャーバッグはメッセンジャーのために作られたバッグということは分かっても、じゃあ一体何がどうなの?というとことが気になると思いますので、僕が使ってて、実感出来るメッセンジャーバッグの特徴をまとめてみます。

バッグを背中で固定できる

メッセンジャーバッグの特徴

メッセンジャーバッグがいわゆる斜め掛けをする方掛けタイプのバッグです。
上にも書きましたが、通常の方掛けバッグの場合は、ロードバイクやクロスバイクに乗っているうちに背中から移動してしまい、お腹の方へグルリと回ってきてしまいます。

走行中でもおかまい無しに移動してくるので、非常にストレスを感じてしまうのですが、メッセンジャーバッグの場合は、方掛けのサイドに小さなストラップ(クロス・ストラップ)があり、これでズレを防止することができるのです。

防水仕様

メッセンジャーバッグの特徴

メッセンジャーが運ぶものは主に手紙などの書類です。しかも天候関係なく運ぶわけですから水濡れ注意なわけです。

そんな用途に対応するために、外装はもちろん、ジッパー周りの水が侵入しやすい部分などにも防水加工がされています。

もちろんバッグの中身も防水性の高い生地を使っているので、少々の雨が降っても中まで濡れてしまう、ということがありません。

また、バッグを背中に背負って自転車に乗っていると、どうしても汗をかいてしまいますが、防水仕様なので、内部にまで汗が浸透してしまって中のものを濡らしてしまうということもありません。

手紙や書類はもちろんですが、ノートパソコンやタブレットなどの電子機器の持ち運びにも安心です。

ストラップが伸縮自在

メッセンジャーバッグの特徴

メッセンジャーは一日に何件も書類を届けるわけで、その度に、背中から荷物を回してバッグの中から手紙を取り出すということをしなければいけません。

そこで、バッグの中身を取り出しやすいように、ストラップの長さを瞬時に変えられるような作りになっています。そうすることで自転車に乗っている時はバッグがズレないようにタイトにストラップを絞ったり、荷物を取り出す際には一気に緩めて背中から前面にバッグを移動でき、荷物を取り出しやすくなっています。

この機能は日常で使用する際にも非常に便利で、例えばコンビになどで買い物した際に、リュックサックだとリュックを背負いなおして財布を出す必要がありますが、メッセンジャーバッグの場合は、ストラップを緩めればすぐに背面から前面にバッグを移動させることができるので、バッグを背負い直す手間がなく素早く財布を取り出すことが出来ます。

バッグの口が大きく、間仕切りが無い

メッセンジャーバッグの特徴

メッセンジャーが目当ての荷物を見つけやすくするための工夫だと思いますが、メッセンジャーバッグには肩掛けバッグなどにありがちな間仕切りがほとんどありません。

そのため大きくバッグを開いて、中身に何が入っているかをすぐに確認することが出来ます。いろいろなものを一気に投げ込めますし、バッグの容量を最大限に活用出来るようになっています。

負荷が軽減する大きい肩パッド

メッセンジャーバッグの特徴

メッセンジャーバッグは方掛けのバッグなので、肩への負担が大きくなります。その負荷を軽減するために、メッセンジャーバッグのストラップの肩部分には大きめの肩パッドがあるものが多いです。

これによって、結構重量のある荷物でも、負荷が少なく疲れ辛い作りになっています。

メッセンジャーバッグに最適な用途

メッセンジャーバッグに最適な用途

メッセンジャーバッグはロードバイクやクロスバイクに乗る人が使用するために開発されたバッグだと思いますが、ロードバイクやクロスバイクでも乗り方は人それぞれなので、メッセンジャーバッグも万能なバッグではありません。

メッセンジャーバッグが最適だと思える用途は、15km未満くらいの短い距離で、それほど重くない荷物を運ぶ際がベストな用途だと思います。

逆に100kmを越えるようなロングライドやのんびりポタリングなどの用途ではメッセンジャーバッグは不向きなバッグだと言えるでしょう。

と言うのも、最初は少しの負荷だとしても、長距離になればなるほど負担は蓄積されています。メッセンジャーバッグは片掛けのため、バランスの悪い状態でのサイクリングになってしまうので、こういったバランスの悪さが、長距離になると大きな差になり、疲れや痛みに繋がりそうです。

実際問題で、過去に60kmほどの距離をメッセンジャーバッグを背負って走ったことがありましたが、背骨がズレてしまいそうな辛さがあり、かなりしんどい思いをしてしまいました。

つまりは、メッセンジャーバッグは街乗り向きの、お気軽な感じで使えるカジュアルなバッグで、長距離や、もっと重たい荷物を運ぶ際には、肩掛けのメッセンジャーバッグではなく、リュックサックタイプの両掛けのバッグの方が、身体への負荷は少なくて済むと思います。

メッセンジャーバッグのメーカー

メッセンジャーバッグを作っているメーカーも沢山あります。

有名なもの、よく見るメーカーは下記になり、それぞれに特徴があり、どのメーカーが良いとかの判断は、用途や好みでだいぶ変わるものと思われます。

その中でもChromeやCrumpler、Timbuk2などが特に有名だと思います。

Bagaboo
BAILEY WORKS
beruf
Chrome
Crumpler
De Martini
FREDRIK PACKERS
FREITAG
Manhattan Portage
Mission Workshop
ORTLIEB
PAC Designs
R.E.LOAD
RESISTANT
Under The Weather
Timbuk2
ZoBags


僕の愛用しているメッセンジャーバッグはMISSION WORKSHOPのRummy

MISSION WORKSHOPのRummy

僕は、MISSION WORKSHOPというメーカーのRummyという種類のメッセンジャーバッグを愛用しています。

サイズは27Lで一般的なバックパックのミドルサイズと同じ程度の容量ですが、実際にはロールトップに出来るため、見た目よりもかなり多めに収納できると思います。買い物などに出かけた際にも容量に余裕があって重宝しています。

また、Made in USAらしい質感とデザインも他のバッグではあまり見る事のないものなので、気に入って使っているバッグの一つです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑