*

自転車用バッグのメッセンジャーバッグとリュックサックの用途と向き不向き

公開日: バッグ・財布, 自転車全般

メッセンジャーバッグとリュックサック

クロスバイクやロードバイクには、一般的には前カゴなどの荷物を運ぶ為の装備が無いものが多く、荷物を運ぶ際にはカバンを使用するのが普通です。

自転車用バッグと言っても、大きさやデザインは多様で、それぞれ用途に応じて使い分けるというのが結局の所ベストな選択で、この点については、自転車用バッグに限らず、登山でも、ピクニックでも同じで、用途ごとに細かくジャンル別けされていたりします。

かく言う僕も自転車用バッグをいくつか所有していて、用途に応じて使い分けるようにしています。

さて、自転車用バッグを大きく2つのタイプに分けるとするならば、肩掛けタイプのメッセンジャーバッグか、背中に背負うリュックサックになるかと思いますが、それぞれに特徴があり、好き嫌いや向き不向きがあると思うので、あくまで私感ではありますが、用途ごとにこの2つのバッグの違いをまとめてみようと思います。

用途で考えるメッセンジャーバッグとリュックサックの違い

メッセンジャーバッグとリュックサックの違い

自転車で重い荷物を運ぶときはリュックサック

クロスバイクやロードバイクで重い荷物を運ぶ時は、メッセンジャーバッグよりもリュックサックの方が絶対に楽だと思います。

メッセンジャーバッグは元々自転車で手紙や書類などを運ぶ人が使用するために生まれたバッグなので、荷物の持ち運びに適しているようなイメージがありますが、肩掛け式だと一方向に負荷が掛かってしまうため、重い荷物を運ぶのには適していないのではと思うのです。

特に自転車に乗る際には平衡感覚のバランスは重要かと思いますが、肩掛けはだとそのバランスが取りづらく、そのために無駄に力が入ってしまったりして非常に疲れてしまうのです。

その点、リュックは重さが均等なのでバランスが取りやすく重い荷物を運ぶ際にもそれほど疲れません。

自転車で長距離走る時・ロングライドのときはリュックサック

ロングライドなど、自転車で長距離を走る際も、集中して走りやすいのはリュックサックだと思います。

上にも書きましたが、肩掛けのメッセンジャーバッグは左右のバランスが悪く、それで長距離走るとなると、たとえ荷物が軽くても、徐々に徐々に辛くなってくるのです。

一度100km近いロングライドに出かけた際に、メッセンジャーバッグを選択してしまい、途中からあまりに辛くて引き返す羽目になりました。それ以来、純粋にサイクリングを楽しみたいときなどはリュックサック以外を選択することがありません。

オシャレ自転車に乗るならメッセンジャーバッグ

オシャレ自転車に乗るならメッセンジャーバッグだと思います。

リュックサックは、スポーツ系を意識したようなデザインが多いのですよね。ツートーンのスニーカーのようなデザインとでも言いましょうか。

カジュアルな服装とは相性が最悪なので、自転車に乗る時の複素をしていなければリュックサックを背負う気にはなれません。きっと僕だけじゃなくそれを苦手と思っている人は多いと思うのですが、カジュアルな自転車用のリュックは少ないのですよね。

メッセンジャーバッグはデザインも様々でChromeなどの人気メーカーなどもあり、選択肢が広いです。

元々ストリート系のファッションの一部のようなアイテムなので、カジュアルな服装にも合わせやすくて重宝することも多いです。

逆にピチピチのサイクルジャージなどを着ている時はリュックの方がしっくり来ると思います。

荷物の出し入れのしやすさは・・・

一般的にメッセンジャーバッグの方が荷物の出し入れがしやすく、例えばコンビニなどに立ち寄った際にも背中からバッグを前に移動させて財布等を取り出せるから便利などと言われています。

確かに背中にあるバッグをズルリと前に移動させることが出来るのはメッセンジャーバッグの最大のウリの部分でもありますが、意外と手間も多く、ズレ防止のストラップを外した後、メインのストラップを緩めてからバッグ本体を手前にズラすという作業が必要になります。

慣れの問題なのでしょうが、この作業が煩わしく、個人的にはリュックサックの方が楽に感じてしまうのです。

しかしながら流石はメッセンジャーバッグだけあって、いろいろとバッグの中に入れておいたものを取り出すのは、横に間口の広いメッセンジャーバッグの方がリュックサックと比べると圧倒的に取り出しやすく、目当ての物を探しやすいです。

荷物を入れた時の見た目は・・・

荷物の入れた時の見た目の印象もメッセンジャーバッグとリュックサックでは違いがあるように思います。

例えば、リュックサックは中身がしっかり入っていないと、リュックサックが潰れてカッコ悪く見えるのに対して、メッセンジャーバッグは沢山のモノを入れて膨らんでしまうとカッコ悪くなってしまいます。

メッセンジャーバッグには沢山の荷物が入りますが、荷物を入れたとしても、形が崩れずバッグを身体に巻き付けられる程度に留める、というのが基本かもしれません。

背中の汗対策が出来るのはリュックサック

自転車でバッグを背負う際に一番大きな問題は汗だと思います。
メッセンジャーバッグよりもリュックの方が背中の密着度が高く、暑くなってもズラすなどで逃げられないため、どちらかと言えばメッセンジャーバッグの方がマシとも言えるでしょう。

しかし、リュックサックにしろ汗をかいてしまうのは避けられないのでどっちもどっちな感じもします。

そこで汗対策が必要になりますが、汗対策グッズはメッセンジャーバッグよりもリュックサックの方が、汗とおる君やドイターのレースエアーなどがあり充実していると思います。


僕の場合のメッセンジャーバッグとリュックサック

160405_4
クロスバイクのescape airに乗り始めた当初、自転車用バッグ=メッセンジャーバッグというイメージがあったことや、カジュアルに乗りたいと思っていたこともあり、メッセンジャーバッグを使用していました。

流石にメッセンジャーのバッグとして生まれただけあって、いろいろと機能的に優れているなと感じることも多いのも事実ですが、日頃から肩掛けタイプが好きではない僕にとっては、リュックサックの方が快適に荷物を運べるということに気が付いてからは、もっぱらリュックサックを使用しています。

それでもメッセンジャーバッグの出番が無いわけではなく、サイクルウェアを着ないような、近所に少しお出かけするような用途の時にはカジュアルな服装なのでメッセンジャーバッグは役に立ちます。

結局のところ、好みや用途によって使い分けるのが一番で、どちらがどうとも言えないという、元も子もないオチになってしまいますが、それが正直なところです。

ちなみにメッセンジャーバッグなどの肩掛けタイプは左肩掛けのものが殆どですが、僕は右肩に掛ける方が良いため、左右にスイッチできるMISSION WORK SHOPのメッセンジャーバッグを使用しています。

また個人的な使用勝手では30リットル前後のものが、着替えや身の回り品を入れて、多少荷物が増えても余裕があり荷物の持ち運びに関して悩むことがかなり少なくなります。20リットル前後のものはコンパクトで良いのですが、実際問題で余裕があまりなく、荷物の扱いに悩むことが多いのですよね。

なにはともあれ、快適でスタイリッシュな自転車ライフには必要不可欠な自転車用バッグですから、自分の用途や理想とする自転車ライフを考量して選ぶのが良いと思います。

と言っても、なかなか選びきれず2つ3つと増えていってしまうのですよね。(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑