*

パンクした!助けて!のSOSシグナルを考える

公開日: 問題解決・疑問解決, 自転車全般

パンクした!助けて!をアピールする方法を考える

走行中にパンクしたことが一度だけですがあります。

多摩川のサイクリングロードを走っている時で、自宅から35kmほど離れた場所での出来事でした。

もちろん予備チューブは携帯していたので、適当な場所まで押し歩いたところでパンク修理をしました。

Youtubeの動画をチェックしたりして手順に迷うことなく無事パンク修理を終了できましたが、出先でのトラブルは初めてだったこともあり、動揺や焦りなどで随分と不安な気持ちで作業をしたのを今でも覚えています。

動揺や焦りは隠しながらモクモクと作業をしてはいましたが、内心は「あ〜誰か立ち止まって助けの手を差し伸べてくれたらどんなに安心だろう」と思ったものでした。

日頃から自転車弄りをしてパンクやチェーントラブルなど出先で起こりそうな通常のトラブルには対処出来ると自負していたりする僕ではありますが、それでも出先でのトラブルがあれば弱気になってしまうもので、これがもし、日頃あまり自転車弄りをしないような人であれば、その不安は相当なものだろうと思うのです。

僕が走っていたのは人気のサイクリングロードでもある多摩サイなので、ひっきりなしにロードバイクやクロスバイクが走っていますが、一般道の場合だとそれほど多く走っているわけでもないので、助けを求めるにしてもかなりチャンスが少なくなります。

例えば車のハザードランプや三角停めのように緊急事態を知らせられるように、パンクした!助けて!をアピールできるような物があれば、助けられる方も助ける方もお互いに解りやすくなると思うのですが、自転車でそのようなものがあるとは聞いたことがありません。

そこで、効率的にパンクやマシントラブルをアピールする方法があるのかどうか考えてみることにしました。

パンクやマシントラブルにはお互い様の精神

パンクやマシントラブルにはお互い様の精神

大変有り難いことにロードバイクやクロスバイクに乗っている人の中には、困った人を見かけたら助けましょうという、困った時はお互い様の精神で手助けをしてくれる心意気を持った方が多数いらっしゃるようです。

僕自身もその精神を見習って、例えば道ばたで立往生して助けを求めているような自転車を見かけたりすれば、立ち止まって「どうしました?」と声を掛けるくらいはしたいと思っています。

人に依っては余計なお世話かもしれませが、お手上げ状態で立往生しているような人にとってはきっと嬉しいことでしょうし、逆に自分が立往生してしまった時にそういう人が現れれば、まるでスーパーマンが現れた時のような気持ちになるはずです。

個人的には助けられる側より助ける側になりたいと思っていますが、いずれにしても困った時はお互い様で、修理を手伝ったり、自分の予備チューブを差し出したりするのも、自転車ライフの一部だと思うのです。

山歩きの擦れ違い様や追い抜き様に「こんにちは」の挨拶とまではいかなくても、様子がおかしそうな自転車を見つければちょっとした越え掛けをするくらいの習慣が出来れば、それはそれで素晴らしいかなと思ったりもします。

本当に困っている人かどうが判りづらいという問題

しかしながら困った時はお互い様の精神を持っていたとしても、実際問題で本当に困っている人かどうかの判断が難しいという問題があります。

例えば僕がそうしたように、本当は困っているのに「ひとりで出来るもん!」というような雰囲気を出しているような人は声を掛けづらいですし、ピチピチのスーパーサイクリストの見た目だったりすると、僕のような中途半端者が声をかけるのもおこがましい気がします。

つまりは、見た目の様子からは、その人が助けを必要としているのかどうかが判らないのです。

一般生活でもそういう問題があり、盲人のように白い杖を携帯している人や車いすに乗っている人は助けが必要な人だとすぐに判断が出来ますが、見た目は健常者と変わりがなく、助けや配慮が必要かどうかが判りづらい障がいを持った方も多く、そういう方のためにヘルプマークというものが作られ、よく目にするようになりました。

ヘルプマーク

ヘルプマーク

ちなみに白杖を持っている人が杖を頭上に上げている場合は「助けて」のシグナルですので、そういう人を見かけたら積極的に声を掛けましょう。

逆に言えば、困っている人が困っているということを上手にアピール出来るようになれば、困った人が居れば助けたいと考えている人もより声をかけやすくなるというわけです。

困っていることを判りやすくするためにアピールする方法

自転車トラブルを助ける

まずは、自転車で困っている人が出すヘルプマークやハザードランプ的な共通シグナルのようなものが無いか調べてみました。

しかしそのようなSOSシグナルがあるなんて話は聞いたことがありませんし、調べてみても情報は見つかりませんでした。

困った時はお互い様という精神もそれは助ける側の精神で有り、助けられる側は基本的には自分で対処するというのが根本にあるせいか、あまり人を頼りにするようなシグナルは無いのかもしれません。

そういう根本的な考えはとっても大切だと思うのですが、SOSのシグナルもあった方が良いと思うのですよね。

極端な話、端から見て何か困っているなと気が付くことが出来れば方法や手段は何だって良いのでしょうが、ハザードランプを付けるなど特別な装備を必要とするものは現実的ではないでしょう。少なくとも走行時には多くの人が携帯しているモノを使用した方法でないと、なかなか実践出来ません。

携帯しているモノと言えばライトなので、ライトを使用した方法も考えてみましたが、貴重なバッテリーを消費してしまうことになりますから、事後の事を考えればあまりスマートな方法ではないと思われるのでこれも却下。

いろいろと考えてみた結果、一番良さそうだったのが下記の方法です。

ホイールに何か結ぶ

ホイールに何か結んでSOSを知らせる

困った時には、タイヤに何か結ぶことでSOSアピールできるのではないかと考えました。

ホイールに何かを結びつけるなんてことは普通はやらないことですから、端から見ても何かあったのかな?と気付かせることができると思うのです。

結ぶモノに関しても。大抵の場合は予備のチューブとか、ダメになってしまったチュープ、あるいは着替え用のシャツや汗拭き用のタオルなど、ホイールに結べるようなものは携帯しているはずです。

また、この方法だと、とりあえず不安ながらも自分で作業が出来るかも・・・と思っているような人は作業をしながらでも「できれば助けが欲しい」ということをアピールできるわけですから、作業をせずに待ち惚ける必要もありませんし、前輪がパンクしてしまったら、後輪のホイールに何かを結べば良いので作業の際に邪魔にもなりません。

実際問題で、ホイールを外した状態で三角座りをしているような人であれば困っているかもと想像することは出来ますが、作業をしている人の場合は自分で出来るんだろうなと考えてスルーしてしまいます。

また、ハザードランプや警報器のような大袈裟な印象を他に与えるようなこともなく、さりげなく困っていることをアピール出来ると思うのです。

● 普通はしないことなので異常事態を知らせられる
● 特別な装備は必要無くチューブや衣類等を使用できる
● 作業しながらでもアピールできる
● 自転車を逆さにすれば目立つ場所にシグナルを出せる
● 控えめにアピールできる

このようなことから、ホイールに何かを結びつけるのは、パンクやチェーントラブルなどのちょっとしたヘルプが必要な際のシグナルとして適しているんんじゃないかと思うのですが如何でしょうか?

とまぁ、勝手にSOSサインを考えてみましたが、僕が知らないだけでもしかしてサイクリストの中で共通するシグナルが既に存在するのかもしれません。もしそのようなルールがあれば教えていただけると幸いです。

ヘルプマークではないですが、このようなシグナルは共通して使用されて認知度が高まってこそ機能するものだと思うので、もしもそのようなものがあれば、微力ながら貢献させていただければと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑