*

自転車の補給食にパウンドケーキってありかもね

公開日: 自転車全般, 補給食

自転車の補給食

自転車でのエネルギー補給には補給食

自動車が走るためにはガソリンが必要なのと同じように、人間だって走るためにはエネルギーが必要なのです。

僕のように数十キロ程度の走行距離がメインの人はあまり考えなくても良いとは思いますが、ストイックにロングライドなどをする際には、エネルギー補給をしないと、ハンガーノックなどと呼ばれるガス欠状態になってしまうため、エネルギー補給は必要不可欠なのです。

そんなわけで、ロングライドに出かける前には補給食を準備するのは半ば常識のようになっています。

補給食と言えば、スニッカーズやSOYJOY、カロリーメイトなどを連想しますが、自転車の場合は、溶けてベタつく、口の中の水分を奪われるなどの理由で、これらの補給食はあまり好まれておらず、どちらかと言えば、ゼリータイプのものが好まれていて、ウイダーinゼリーやスティック羊羹などの評判が良いようです


サイクリストに特化した、もっと本格的な補給食もあり、そのようなモノが好みの人はエナジーバーとかエネルギーバーなどで調べればいろいろと出て来ると思います。

いわゆる行動食と呼ばれるもので、一般的な補給食と比べるとかなり高級なのは否めませんが、高エネルギーなのは勿論で、移動中にも食べやすいような包装だったりで、レースなどではそれなりに選択する価値があるようです。

エナジーバー風の焼き菓子を販売するケーキ屋さん

横浜市にあるフランス菓子店「パテスリー リフイユ」ではフランス修業時代の経験を活かして、サイクリスト向けの補給食として、ツール・ド・フランスに敬意を表してネーミングされた「ツール・ド・ケーキ」を販売していて、この焼き菓子を目当てに訪れるサイクリストも多いとか。

パテスリー リフイユ

フランスでは自転車の補給食にパウンドケーキ?

ケーキ屋さんの開発したエナジーバーというところで話題になっている感じですが、個人的に引っかかったのが、フランスに修行していた時に、お友達のフランス人が、自転車の補給食としてパウンドケーキを持参していたというのが商品開発の元だったとか。

フランスではそういう習慣があるのかどうかが気になったので、英語やフランス語などで検索してみましたが、これと言った情報は見つけられず。

しかしながら、日本の場合dも上述したように、補給食として和菓子である羊羹などが好まれていることを考えれば、洋菓子の本場フランスで、パウンドケーキが好まれていたとしても何ら不思議はありません。

ちなみに、何故パウンドケーキなのかと言えば、高カロリーで日持ちする食材だからとか。確かにパウンドケーキは常温で1週間くらいは余裕で、逆に焼き立てよりも、数日寝かした方が味が落ち着いてきて美味しくなる食べ物ですからね。

【参考】自転車女子にプレゼントすると良いかもしれないツール・ド・ケーキ

補給食にパウンドケーキって案外ありかもな理由

補給食にパウンドケーキ?と聞いて「有り得ない」と思う人も多いかもしれません。男性の方は日頃からあまりスイーツは食べないでしょうし、なおさらかもしれません。

しかしながら、僕個人としては「あ、案外アリかも」と思ってしまいました。

というのも、パウンドケーキって自分で焼くのも簡単ですし(お店レベルは無理ですが)、適当な大きさにカットすることができるので携行するにも良い感じです。また一度焼くと大量に出来るので、チームで走る場合にはお裾分けも出来るので喜ばれるかもしれません。

イメージ的には口の中の水分を奪われそうですが、パウンドケーキはシットリした感じの生地なので、意外と口の中の水分は奪われないんですよね。

いい加減な事を言ってやがると思う方もいらっしゃるかもですが

パウンドケーキが自転車の補給食として適していると思う点
・携行しやすい
・高カロリー
・日持ちする
・自作できる
・ベタベタしない
・食べやすい

など、自転車の補給食としての条件を備えているように思えるのです。そんなわけで意外と良さそうなので今度チャレンジしてみようかと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑