*

子供の自転車上達のためにまずはペダルを外そう

公開日: 子供, 自転車全般

子供の自転車上達のためにまずはペダルを外そう

子供が自転車を補助輪無しで上手に乗れるようになるために最初にすべきことはペダルを外すことです。

え?
ペダルを外すと自転車に乗れないよね?
自転車に乗るためにはペダルを漕ぐのが必須なのにそのペダルを外すなんて・・・。
それじゃいつまで経っても自転車に乗れないんじゃないの?

と、僕自身が思っていましたが、どうやら違うようで、自転車に補助輪無しで乗れるようになるためには、補助輪もペダルも必要ないようなのです。

補助輪は自転車に馴れるためのもの

補助輪は自転車に馴れるためのもの

最近では三輪車の代わりにストライダーなどのランニングバイクから乗り物デビューする子供が多いです。

ストライダーに乗れば自転車に乗るのに大切なバランス感覚が早い段階から身に付けることができるので、自転車に移行してからも補助輪無しで自転車に乗れるまでの期間が短くて済むようです。

ストライダーに乗る調子で自転車に乗れるようになれば、それはかなり調子が良いのは間違いがありませんが、実際問題で、ストライダーを卒業して自転車に乗り始めると子供たちは、その違いに戸惑ってしまいます。

車体は大きく重いですし、頑張ってペダルを踏もうとしても上手くバランスが取れないのですぐに倒れてしまって恐いと感じる子も居るようです。

そこで自転車に補助輪を付けて倒れないようにして、自転車に馴れて貰うというのは、自転車に補助輪無しで乗れるようになるための1つのステップとして正しい方法だとは思います。

しかし、ある程度自転車に馴れてきたら、補助輪にはすぐに見切りをつけてしまうのが良いと思います。

何故ならば補助輪を使っていてはいつまで経ってもバランス感覚が身に付かないからです。

自転車に乗れるようになるための足枷はペダル

自転車に乗れるようになるための足枷はペダル

ペダルがあるから上手く乗れない

子供達がストライダーから自転車に乗るようになって戸惑うことは沢山あります。

タイヤが大きくなり、サドルも高くなります。
子供用の自転車でも10kg以上あるものもありますし、ストライダーのように手軽なモノではなくなります。

そして何よりも大きな違いはペダルがあることです。

ストライダーのようにサドルに座って走るように加速したくてもペダルが邪魔して上手く加速出来ないのです。

ストライダーのように乗れれば自転車でも乗れる

せっかくストライダーでバランス感覚を養い、自転車を補助輪無しで乗れるようになるための下地を身につけても、子供自身が自転車とスとライダーを全く違う乗り物に感じてしまえば、その下地を活かすことができません。

であれば、自転車をストライダーのように乗れるようにしてあげれば、自転車でもストライダーの延長戦のように乗ることが出来るようになるはずです。

自転車をストライダーのようにする。
そう、自転車のペダルさえ外せば、自転車は大きなストライダーになるのです。

そうしてストライダーのように自転車に乗ってもらって、ストライダーと同じようにスピードを出して乗れるようになれば、自転車にも馴れてバランスも取れるようになったということですから、その段でペダルを取付ければ良いというわけです。

子供の自転車のペダルの取り外し方

子供の自転車のペダルの取り外し方

子供の自転車のペダルの外し方の解説です。
意外と固く締め付けてあったりして外しづらいことがあるかもしれませんが、作業自体はとても簡単に行なえます。

ペダルレンチを用意する

ペダルレンチを用意する

ペダルを外すためにはペダルレンチが必要です。
ペダルレンチはレンチの仲間ですが、普通のレンチとの違いはその薄さです。

レンチが薄くないとペダル固定部分にレンチを差し込めない場合があるので薄くないといけないというわけです。

いろいろな種類のペダルレンチがありますが、持ち手がラバー加工されているものの方が、体重をかけやすいのでおすすめです。

ペダルレンチのサイズ

大人用も子供用も自転車のペダルの軸のサイズは15が主流なので、ペダルレンチのサイズは15のものを選択しましょう。

ちなみに僕の使っているのはBIKEHANDというメーカーのペダルレンチです。

ペダルレンチを回して緩める際の注意

ペダルの軸は進行方向に対して逆に回して緩める

自転車のペダルを取り外す際に絶対に忘れてはいけないのは、右のペダルであっても、左のペダルであっても、ペダルを緩める時は、ペダルレンチがペダルの上になる時に、後輪のある方向に回転させます。

つまり、自転車の頭を右に向けた時に手前にくるペダル(乗車時に右)は正ネジで反時計回りにペダルレンチを回すことで緩み、逆に自転車の頭を左向けた時に手前にくるペダル(乗車時に左)は時計回りで緩む逆ネジになっているので注意が必要です。

また、ペダルは意外と固く締め付けられていたり、固着していることも多いので、意外と外すのに力が必要な場合があります。また、ペダルが動くので、上手く固定できなくて苦労することもあるかもしれませんが、頑張ってトライしてください。

固い場合は、ペダルレンチに思いっきり体重を掛けられれば、大抵の場合はすんなりと緩んでくれると思います。固着してどうしても動かない場合はロックタイトなどを使用するのがおすすめです。

勢い余って怪我をしてしまわないように軍手などをしてから作業するようにすると良いと思います。

自転車のペダルを外す

無事にペダルが外れました。
馴れてしまえば5分も掛からない作業ですので子供のためにも是非トライしてみてください。きっと工具を使うお父さんもカッコ良く子供の目には映るはずです。

自転車のペダルを外す

外したペダルは遠く無い将来ですぐに必要になるので大切に保管しておきましょう。
取付ける際にもネジの向きに注意して取付けましょう。

まとめ 我が子の場合

子供が自転車に乗れる

我が子の場合もストライダーには喜んで乗るのに、自転車は上手く乗れなくて楽しく無いのかあまり積極的に乗ろうとしませんでした。

そして子供の口からも「これ(ペダル)がジャマ!」と出る始末。
ペダルさえなければ、きっと子供もストライダーのように自転車に乗れると気付いた僕は、その日のうちにペダルを外すことを決めました。

ジャマなペダルがなくなったお陰で、スムーズに自転車に乗れるようになったのが楽しいようで、以前にも増して自転車に跨がっている時間が長くなりました。

ペダルを焦げるようになるまでは少し先かという感じですが、これで一気に補助輪無しで自転車に乗れるようになる日も近づいたんじゃないかと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑