*

自転車を室内保管したい!ので奥さんを説得する方法を考えてみた

公開日: 問題解決・疑問解決, 子供, 自転車全般

自転車を室内保管したい!ので奥さんを説得する方法

クロスバイクやロードバイクを購入しようと考えた時に、最初に考えるのはどこに保管するか?ということになるかと思います。

自転車は室内保管がベスト!

ロードバイクやクロスバイクは室内保管がベスト!

ママチャリやシティサイクルのように共用駐輪場に駐輪しておくと、盗難に遭いそうで心配ですし、ママチャリの中のスポーツバイクは非常に目立つ存在でもあるため、近所の子供達にイタズラされないかとか、他の自転車と一緒に横倒しになってしまわないかとか、心配し始めればキリがありません。

そんな心配を払拭する最善の方法と言えば、やはり室内保管しかないのではと思います。室内保管であれば、盗難のリスクはほとんど無いでしょうし、他の自転車からアタックを喰らうということもなく、また埃で汚れてしまうこともありません。

さらにはメンテナンスも気が向いた時にすぐにできるわけですし、室内保管はメリットが多く、多くのサイクリストたちは自宅室内に自転車を保管しているものと思われます。

自転車の室内保管に立ちはだかる大きな壁

自転車の室内保管に立ちはだかる大きな壁

自転車の室内保管がベスト!とは言うものの、僕は愛車のクロスバイクのESCAPE Airを自宅マンションの一回部分に設けられた共同駐輪場に保管しています。

理由は単純明快で、奥さんの許可が得られないからです。

妻帯者は自分勝手に物事を決められない

僕がもしも独身であったなら、間違いなく室内保管をします。
僕が独身時代に暮らしていた部屋は6畳一間の安アパートでしたが、それでも無理矢理自転車を保管するスペースを確保して室内保管をしたでしょう。自転車を室内保管するためだけに引っ越しすら考えたかもしれません。

しかし今は既婚の身。しかも小さな子供が二人居ます。
僕がクロスバイクを買うと決めた時にも、奥さんと相談しつつの購入でしたし、その後の立て続けての出費は夫婦喧嘩の原因にもなりました。

我が家はお小遣い制ではないので自分のお金は自由に遣っても良いのですが、それでも日常感覚から大きくズレた出費に関しては相手を気にしながら遣わなくてはいけないのです。

そんな状況ですから、ハナから自転車に対してあまり良い印象を持って居ない奥さんが「自転車を室内保管したいんだけど・・・」などという申し出を簡単に許可してくれるワケはありません。

そこで、どうすれば奥さんが室内保管の許可を出してくれるかを考えてみることにしました。

ベランダで良いから置かして欲しいとお願いする

クロスバイクやロードバイクをベランダで良いから置かして欲しいとお願いする

いきなり室内は無理でもベランダなら許してくれる奥さんは多いかもしれません。それは奥さんが室内保管を嫌う一番大きな理由は、道路を走る乗り物を部屋の中に上げるというところかと思います。なので居間は無理でも、ベランダであれば、半分屋外のようなものですから、説得しやすいはずです。

ベランダがそこそこ広いという条件が必要にはなりますが、実際にベランダ保管を実践されている方も多いようです。

我が家の奥さんも多少の難色は示しそうですが、お願いすれば許してくれそうな気がします。しかし残念ながら実行はしていません。

我が家の場合、ベランダの広さは申し分ないのですが、玄関から一番奥がベランダになり、ベランダに自転車を持込むためにはダイニングとリビングを横切る必要があります。そして有り難いことに日当り良好なので日中は直射日光を必要以上に浴びることになりますし、雨の時にはベランダまで雨が吹き込んで雨ざらしになることも考えられます。

そんな条件で保管するのであれば、共同駐輪場の方がよっぽど気兼ねもせず、雨風や日光も当たらない自転車にとって好条件下で保管できるのです。

またたとえ上記の理由がなくても、我が家には小さな子供が二人居ますから、日々の洗濯物の量も非常に多いです。いつもベランダ一杯に洗濯物が干されている状態なので、そんな中に自転車があれば、邪魔でしょうがないのは明らかです。

ベランダ保管がおすすめの条件

● ベランダが広い
● 洗濯物が少ない
● 玄関から近い
● 雨風が吹き込まない
● 直射日光を浴びない
● 洗濯物の邪魔にならない

室内保管が出来れば部屋を汚さないどころか綺麗に保ちます宣言をする

ロードバイクやクロスバイクの室内保管が出来れば部屋を汚さないどころか綺麗に保ちます宣言

奥さんが自転車の室内保管を嫌がる理由は部屋が汚れる他にも部屋がゴチャゴチャして狭くなるというのもあるかと思います。

実際問題で雨の日に走らなければロードバイクもクロスバイクもそんなに汚れるということは無いのですが、そんなことは自転車に乗らない人には理解してもらえません。

自転車をメンテナンスする際には小さな部品も扱う為、綺麗な空間で作業をしたいですから、作業前には部屋のモノを整理してから作業を行います。また、メンテナンスする際には新聞紙などを下に敷いてフローリングが汚れないようにしますし、作業が終れば一通り掃除もします。

室内保管すると実際は部屋はスッキリして綺麗になるんだよ!と言えば許してくれる奥さんも増えるかもしれません。

我が家には小さな怪獣が二人居て、部屋を綺麗に片付けても2時間程度で泥棒が入ったあとのようにメチャクチャにしてしまうので「せっかく掃除したのに〜!」と、奥さんはいつもストレスを感じています。

そんな奥さんに対して「大丈夫!自転車を室内保管を許可してくれるなら、部屋は俺がいつも綺麗にするから!」と言えば室内置きも快諾してくれそうな雰囲気があります。

しかし、そんなことを約束してしまうと後々喧嘩の原因にもなりそうなので、とてもじゃないですが言える言葉ではありません。出来ない約束はしてはいけないのです。

玄関で良いから置かせて!

居住空間であるリビングやダイニングまで自転車を持込まれるのは嫌だけれど、玄関くらいなら許してくれる奥さんも多いのではと思います。

我が家の奥さんも玄関や廊下は比較的敷居が低いらしく、メンテナンスするために自転車を持込んでもそれほど文句は言われません。もちろん新聞紙を敷くなどの準備は必要ですが。

しかし、部屋に入れようとすると「何やってんだコイツ」というような冷たい目で見られてしまうので、例えメンテナンスの間の一時であっても部屋には入れられません。

玄関などの下駄箱の出っ張りなどにちょうどフィットしそうな縦置き型のサイクルロッカーなどを使用すれば玄関などの狭いスペースにもすっきりと納めることができ、スタイリッシュに見えるので奥さんの許可も得られそうな気がします。

しかし玄関が平和なのは子供が居ない時までです。
子供が増えるとバッグやらカバン、靴などもどんどん増えて自転車を置けるようなスペースは無くなってしまい、自転車は屋外に追いやられてしまうことでしょう。自転車が置かれていた場所にはもちろんベビーカーが鎮座することになります。

自分の部屋に置くからと言ってみる

自転車を自分の部屋に置くからと言ってみる

言えたら苦労はしませんね。
言ったとしても何処に有るんだと言われますが。

現状で衣類と物置部屋状態の部屋が1つありますが、将来的には子供部屋です。お父さんの部屋になんて間違ってもなりません。

だったらお父さんの部屋が確保出来る家に引っ越せば良いのですが、子供が居ると、子供の学区の問題に縛られることになり、家賃相場が安いからと言って駅から離れた場所へ・・・などと気楽に決められなくなるのです。

基本的に物件は同じ学区で探す必要があり、必然的に現在払っている家賃よりも高くなりますから、無い袖は振れないわけで、自転車のためだけにそんなワガママは言ってられません。

奥さんを自転車仲間にする

奥さんを自転車仲間にする

奥さんをするのが最も正攻法かもしれません。
同じ自転車仲間にしてしまえば、室内保管のハードルもかなり下げられるはずですし、自転車に没頭することに関しての理解も深まります。

奥さんを自転車仲間にするのにおすすめな人

● 奥さんがストイックな性格だ
● 奥さんがスポーツ好きだ
● 休日も夫婦一緒に過ごしたい

我が家はちょっと上記にそぐわない部分もありますから夫婦揃って一日自転車で楽しむというのは考えづらいのですが、子供が大きくなった時、家族揃ってサイクリングに出かけられればそれはそれで楽しいのだろうなと思います。

ただまぁ実際問題で難しいのでしょうね。自分を振り返っても中学生、高校生くらいになると親と一緒に居ることが嫌でしたから、親からサイクリングに誘われても喜んで同行してくれるとは思えません(笑)

折りたたみ自転車を考えてみる

折りたたみ自転車を考えてみる

コメント欄に頂いたコメントを参考に追記しています。
クロスバイクやロードバイクにこだわらないのであれば、折りたたみ自転車も一考する価値があるかと思います。

ホールディングバイクだとかなりコンパクトにまとまりますし、タイヤが小さい分、折り畳まなくても存在感はそれほどないのと、ガチガチのロードバイクなどとは違い、オシャレカフェみたい雰囲気が出やすいので、奥さんの許可を得やすいかもしれません。

実際問題で、自転車の部屋置きを反対していた我が家の奥さんでしたが、子供の自転車が届いて、しばらく部屋置きしていた時は、ディスプレイスタンドにセットされた自転車を見て、インテリアとして気に入っていた様子で特に文句は言っていませんでした。

結局愚痴なの?何なの?

結局愚痴なの?何なの?

いいえ愚痴ではありません。
思うように自転車に乗る時間が確保できないのも、室内に自転車を保管出来ないのも、一番大きな原因は子供達にはなりますが、僕の中の優先順位は当然自転車よりも家族、とりわけ子供達ですから、別に室内保管できなくても良いのです。

ただ、僕がスポーツバイクに興味を持ったのが長男が生まれる3ヶ月ほど前で、それまでの僕は、結婚も同棲の延長でしたし、気ままにやれていたので、今のような状況になることは全く想像も出来ていませんでした。

家族が増えるといろいろと子供中心で話が進みます。そして後になっていろいろな制限が出て来るんだなと気付くことがあまりにも多いのです。

もしもそれが事前に判っていれば、住む家や地域なども、自転車生活を踏まえて決めていたかもしれませんし、家族が増えても自転車の置き場所は確保するための準備ができていたのかもしれません。

そんなことは考えたこともなかったですし、忠告してくれた人も居なかったのですよね。なのでこれから結婚を考えているサイクリストの方の参考になればと思い書きました。

要するに、後から室内保管をしたいと考えても、いきなり実行するのは難しいということです。少なくとも子供が出来る前までには環境作りは整えておきたいですし、理想は結婚前から下地を作っておくことが大切かと思います

まぁ、どこか綺麗で広いマンションへの引っ越しを条件にすれば簡単に奥さんの許可は得られると思いますけどね。

うーん、そんな財力がどこにあるのでしょう。
解決策はただ1つ、頑張って働くしか無いようです。頑張れお父さん。

Comment

  1. FUCHS より:

    BD-1、DAHON、ブロンプトン、一部のTyrell等、コンパクトに折りたためて室内に置いても場所を取らない車種に買い換えるのが、駐輪場に停めておく不安な精神状態と家庭環境の観点からも良い気がします。 最初の1台目の候補がBD-1だったのでいろいろ試乗しに行きましたが、ブロンプトンなんか見た目に反して結構早かったりします

    • escape air より:

      FUCHSさま コメントありがとうございます。
      個人的には「あ、そうか!小径車か!」というような具合で目からウロコなコメントでした。すっかり小径車から目を逸らしておりました(汗)
      確かに小径車だと子供用(幼児)自転車と大差無い感じで保管出来そうです。
      たまに見かけるのですが小径車も意外と速いですよね。
      個人的な状況からかんがえれば本格的にロードバイクに移行出来るのもしばらく先なきがしますから小径車に寄り道というのもアリかもしれません。

  2. うーみん より:

    いつも楽しく拝見させていただいてます。
    自転車の置き場問題、妻の説得、本当に難しいですね。
    我が家も怖くて家の中に置かせて、とは言えません。

    • escape air より:

      うーみんさま
      有り難うございます。
      値段を言えば「外に置くなんてとんでもない!」と部屋置きを許可・・・・してくれるわけはなくやぶ蛇ですね。
      広いお家に住みたいものです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑