*

クイックリリースの取り付け方法とチタン製で軽量化

クイックリリースの取り付け方法とチタン製で軽量化

クイックリリース、あるいはクイックレリーズとも呼ばれるクイックリリースタイプのスキュアー。フレームにホイールを固定するために必要不可欠なパーツです。

今回、チタン製のスキュアーを購入したので、早速、愛車であるクロスバイクのESCAPE Airにインストールしてみることにしました。

そのついでに、クイックリリースの取り付け方法もまとめてみます。

チタン製軽量クイックリリース

チタン製軽量クイックリリース

今回購入したのはシャフト部分がチタン製で、レバー部分がアルミとカーボン製の軽量なクイックリリーススキュアー。詳しくは「チタン製軽量クイックリリース」でご確認ください。

これを愛車であるクロスバイクのESCAPE Airにインストールしてみます。

クイックリリースの換装

古いクイックリリースを緩めて抜く

クロスバイクやロードバイクのクイックリリースの換装

現在使用しているクイックリリースはFulcrum Racing 3のオリジナルのもので、デザイン的には気に入ったものですが、思い切って換えてしまいます。

クイックリリースの外し方

クイックリリースはレースなどで素早くホイールを外せるようにするための機構なので取り付け取り外しは非常に簡単です。

レバーを起こして反時計回りに回転させると緩めることができます。慣れた人なら10秒ほどで緩められると思います。

レバーを回転させる際にはレバーとは反対側のエンド金具を押さえておかないと空回りしてしまうので、両手を使って緩めるようにしましょう。

緩めばそのまま抜き取ってOK。

新しいクイックリリースをグリスアップ

新しいクイックリリースをグリスアップ
クイックリリースにグリスアップをしておきます。
いろいろ調べてみた結果、クイックリリースはグリスアップする必要は無いようですが、グリスを塗布している人が多いように思うので僕もグリスアップしておくことにしました。

グリスアップしておけば、埃や水分の侵入を防いだり、防錆効果があるようです。もちろんタケノコバネも忘れずにグリスアップしておきます。

クイックリリースを装着

タケノコバネの向きに注意

エンド金具とタケノコバネを外してから挿入します。
タケノコバネの向きは間違いやすいので注意。
気分的には細い方を外側に取り付けたいですが、細い方を内側、太い方を外側にして取り付けます。

シャフトが反対側から出たら、タケノコバネとエンド金具を取り付けて、エンド金具を押さえながら、反対側のレバーを時計回りに回転させて締めていきます。

レバーが簡単に倒れるようであれば、締め付け具合が足りません。
逆に締め過ぎるとレバーが硬くて倒せなくなります。
時々レバーを倒して締め付け具合を確認しながら閉め具合を調整します。

よく言われる締め付け具合は、レバーを手のひらで押して手にレバーの跡が残る程度の硬さのようです。

倒したレバーを起こす際には小指で起こせない程度が良い、なんてこともよく言われます。

クイックリリース換装完了

そんなわけでクイックウリリースの換装が完了。
レバーが細くて、なんだか少し間が抜けた気がしないでもありません。

ストレートタイプのレバーなので、思ったほど内側に倒すことができないのが少し気になります。

フロントのクイックリリースのレバーの位置

フォークに添わせるのが基本

フロントのクイックリリースのレバーの位置

フロントの場合は、基本的にはフォークに添わせるような位置に倒すのが良いようですが、外しやすさを優先して地面と水平になる程度まで下げても良いようですが、フォークに添わせた方が見た目がスッキリすると思います。

フロントのクイックリリースのレバーは前方向や下方向へは倒さない

フロントのクイックリリースのレバーをフォークに添わせないで、前方向に倒したり、下方向に倒すと、何かに接触した際にレバーが起きてロックが外れてしまうこともあるなど大変危険なようです。

このあたりの注意はGIANTストアで購入時の最初に説明の際にも受けましたから、よほどその手の事故が多いのではと思います。きちんとレバーの位置を意識して取り付けるようにしましょう。

リアのクイックリリースの換装

リアのクイックリリースの換装
リアのクイックリリースもフロントとほぼ同様の手順で換装できます。

リアのレバーも同じくストレートタイプなので、あまり内側まで倒し込むことができず・・・。

シートステーに添わすのが基本

シートステーとチェーンステーの間に倒すのが基本
リアのクイックリリースの場合はシートステーとチェーンステーの間にレバーを倒し、シートステーに添わせるのが基本のようです。

リアのクイックリリースのレバーは後方向や下方向へは倒さない

リアのクイックリリースのレバーは、後方向に倒したり下方向に倒すのがNGとのこと。

クイックリリースの換装のまとめ

今回取り付けたクイックリリースのレバーは細く、クロスバイクのESCAPE Airの純正のクイックリリース、Fulcrumの純正のクイックリリースなどが太かったこともあり、物足りなさと言うか、細いレバーは少しだけ見た目の違和感を感じます。

と言ってもクイックリリースが重くなってしまうのは間違いなくレバー部分があるからで、軽量化を目的としたチタン製のクイックリリーススキュワーに大きなレバーがついていてもそれはそれでおかしな話ですから、見た目よりも軽量化を優先したパーツなのかもしれません。

ちなみに気になる重量は・・・

フルクラムのクイックリリース

Furclum Racing 3のクイックリリースは前後セットで112g。

チタン製クイックリリース

一方、今回のチタン製クイックリリースは・・・44g。

68gの軽量化ということで、小さなパーツとしては、それなりに軽量化出来るパーツかなと思います。と言っても重量の影響が大きいと言われるタイヤやホイールリムなどのような回転する部分の外側のパーツではないですし、僕のように平地中心で走る場合には全く気が付かない程度の軽量化と思います。(笑)

しかしながらチリも積もれば・・・ってことで、軽量化を目指す人たちが行なうように、ボルト一本一本をチタン製にしていくなど、細かな努力を積み重ねると最終的には数百グラムの軽量化ができるのでしょう。

また、クイックリリースは小さなパーツではありますが、意外と目立つ部分で「換えてやったぜ!」感が実感できるパーツだと思うので、クロスバイクやロードバイクを少しカスタム感を出したい場合には、換装をおすすめしたい部分でもあります。

クイックリリースは簡単に換装できて、低予算で意外と見た目の印象も変わるパーツですし、いろいろなカラーやデザインも豊富なので、ちょっとしたアクセントやオシャレポイントとして換装してみるのも良いかもしれません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑