*

東京から栃木へ自転車で行けるのか?

公開日: 自転車事情, 自転車全般

東京から栃木へ自転車で行けるのか?

季節は春になりました。
春は別れと出会いの季節です。

僕の身の回りでも数人が春の異動をきっかけにお別れとなり、そのうちの一人が東京から栃木県の那須へと転勤となりました。

実は、数年前にも栃木県の宇都宮に転勤となってしまった大切なパパ友達が居るため、いつか栃木に遊びに行こうと考えていたりもしていたので、友達が二人も栃木県に行ってしまったのであれば、いよいよ本気で栃木に行ってみようかなと考えるようになりました。

そんなタイミングで「栃木県は自転車先進県!」というようなニュースを見つけて「あれ?栃木県って自転車って盛んなの?」と、栃木県に興味が湧いて来たので、栃木県と自転車の関わり、そして東京から栃木まで自転車で行けるのか?ということについて調べてみることにしました。

栃木と自転車の関わり

栃木と自転車関連

さて、栃木と自転車の関わりについてサクッとまとめてみます。

自転車イベント

ツール・ド・とちぎ
ジャパンカップサイクルロードレース
ツール・ド・NIKKO
那須ロングライド
宇都宮ロードレースなどJPツアーの多くが栃木県で開催

団体

宇都宮ブリッツェン
那須ブラーゼン
那須サイクリング協会

名所

古賀志山(ジャパンカップのコースで多くのクライマーが訪れる)

なるほどなるほど、という具合にイベントや大会は国際的なものも含めて数が多く、しかも大々的に開催されているようで、流石に自転車先進県を自称するだけあって納得の内容です。
栃木に引っ越した友人のことが急に羨ましく思え始めました。

東京から栃木への自転車ルート

参考までに、新宿から山中湖までの距離と、新宿から宇都宮までの距離とを比較してみました。山中湖までよりも、栃木までの距離が1.5倍ほど長いようです。

ちなみに東京から宇都宮まで電車だと新幹線を利用して2時間弱、新幹線を利用しなければ2時間40分くらいの距離感覚です。

東京-栃木(宇都宮)までのルート

距離にして約130km程度。
順路は比較的シンプルで、国道4号線のラインでほぼ真っすぐ北に北上すれば辿り着くようです。

途中江戸川サイクリングロードや利根川サイクリングロード、田川サイクリングロード、鬼怒川サイクリングロードなど、道のりのほとんどをサイクリングロードで走ることができ、勾配も少なく、さらには比較的市街地に近い場所を走れることから、パンクなどのトラブルに見舞われても途方に暮れるリスクが少なく、山中湖を目指すよりも気楽な感じで走れそうです。

朝に出て日没前には到着できるくらいのイメージで、速い人であれば6時間程度、馴れない人でも10時間もあれば到着出来るものと思われます。

ちなみに宇都宮よりもさらに先の那須までだとプラス40kmほどのようです。

平地が多い印象

栃木は平地が多い印象

実際に栃木を訪れて思ったのが、平地が多くて坂道が少ないなということでした。栃木での移動は主に自動車だったので、微妙な勾配等は感じることはできなかったのですが、基本的に坂道の無い平坦な道が延々続くといった感じでした。

これだけ坂道が少なければ、自転車でも楽に走行できるはずです。
上記の写真は高い場所から宇都宮近辺を撮影したものですが、遥か遠くまで平坦なのが伺えます。なるほどこれなら東京からもほぼ起伏無しで来られるのも納得です。

宇都宮の自転車専用レーン

宇都宮の自転車専用レーン

宇都宮の自転車専用レーンはかなり整備されているという情報があったので、期待していたのですが、さすがにどこもかしこも整備されているという状況ではありませんでした。

それでも、ぐるっと市内を走っている最中で自転車専用レーンを見かけることはありましたし、かなり古い道でもちゃんと自転車専用レーンが整備されている道があったりするのは流石だと思いました。

宇都宮に行く目的と帰路

宇都宮に行く目的と帰路

宇都宮と言えば餃子ということで、東京から宇都宮を目指して自転車で出かける方の多くは餃子を最終目的になると思います。

ちなみに宇都宮の餃子で有名なのが、もっちり生地の「みんみん」か、カリカリ系の「正嗣」かと思われます。

僕は「スタミナ健太の餃子館」の餃子の冷凍餃子を購入して頂きましたが、自宅で焼いても肉汁たっぷりで美味しかったです。

東京で食べる餃子との大きな違いは、餃子の具の詰まり具合と大きさでしょうか。なるほどこれが本場の味かと納得させられる美味しさがありました。

餃子を食べた後は、流石に日帰り往復は無理なので、どこかで一泊するかどうかという所ですが、宇都宮線を使えば大宮まで1時間30分程度、新幹線なら30分弱なので、帰りは電車で輪行して帰られる方が多いようで、この点を考えても山中湖方面よりは敷居が低く思えます。

栃木県と自転車のまとめ

栃木県と自転車のまとめ

こうして栃木県と自転車に調べてみると、いろいろな大会があったり、自転車チームもあったり、自転車レーンの整備にも力を入れていたりで、栃木って確かに自転車に嬉しい街なのかな、というような気がしてきました。

そして東京ー栃木を自転車で挑むのも意外と敷居が低そうなことに驚きました。
強風だったり、これと言った景色が良い場所がなかったりしてコース的にはそれほど面白みが無いようではありますが、やってできないことはないんじゃないかなと思えるコースなので、いつか挑戦してみたいと思います。

流石に100km以上あるので、多少なりに自転車に乗り馴れた状態で挑むのが良いのでしょうが・・・。

なにはともあれ、栃木県と自転車について調べてみて、栃木県に俄然興味が湧いてきたので、近々栃木まで行ってみようかな、なんて考えています。

あ、餃子と言えばビールですが、ビールを飲むと自転車には乗れないのでくれぐれも注意です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑