*

街乗りメインの僕がクロスバイクに乗る時の携帯ポンプの持ち運び方法

携帯ポンプの持ち運び方法

クロスバイクやロードバイクに乗る際に、必ず携帯しておきたいモノはいくつかあると思いますが、その中の1つが、予備チューブなどのパンク修理キットかと思います。

そしてパンク修理キットの中で、1つだけ大きく嵩張るのがエアポンプ、いわゆる空気入れではないでしょうか。

大きさ的な問題もあり、パンク修理キットとエアポンプを1つにまとめて持ち運ぶことが難しく、サイクリングのたびに煩わしい思いをすることになります。

というわけで、自転車用携帯ポンプの持ち運び方について考えてみたいと思います。

あちらを立てればこちらが立たない携帯ポンプ

あちらを立てればこちらが立たない携帯ポンプ

自転車用携帯ポンプの悩みどころは、あちらを立てればこちらが立たないというジレンマにあります。

大きなポンプの方が快適に空気を入れることができますが、携帯するには不向きですし、小さなポンプは携帯するのは便利ですが、いざという時には、ちょっと頼りない感じです。

そんな調子で、万能な携帯ポンプってなかなか無いので、日頃の走りや目的、環境などによって、何を優先させるかを考えて妥協点を見つけるしかないのだと思います。

僕もいくつか自転車用携帯ポンプを持っていますが、どれも良い所もあれば、悪い所もあるという感じで万能なものはなく、その時々で選択を考えるという具合です。

クロスバイクに乗る時の携帯ポンプの持ち運び方法について

クロスバイクに乗る時の携帯ポンプの持ち運び方法

フレームに装備するかバッグに入れるか

僕が所有している携帯ポンプのGIYO GP-61SPanaracer BFP-AMAS1には、それぞれフレームに取り付けるための、専用のブラケットが付属品として付いてきます。

ブラケットをフレームに取付けると、携帯ポンプの持ち運びがしやすくなり、なるべく自らが背負う荷物を少なくしたい際には、なかなか便利な代物です。

しかし、問題は携帯ポンプをフレームに取り付けると、せっかくのスポーツバイクのフレームのカッコ良さを損ねてしまい、イマイチな感じになってしまうのは否めません。

そんなわけで僕はブラケットは使用せずに、バックパックに携帯ポンプを入れて携帯するようにしていました

ちなみに持ち運んでいたのは、チューブ付きのPanaracer BFP-AMAS1で、そこそこの大きさのあるポンプで一度のポンピングで入る空気の量も多く、いざと言う時には頼りになるポンプです。

街乗りクロスバイクでエアポンプを携帯する必要性に疑問

バックパックに携帯ポンプを入れて持ち運びしていたものの、僕がクロスバイクに乗り始めた当初に危惧していたほどパンクは頻繁にするものではないということに気が付きました。

いくら万が一の備えとは言え、いつ使うか分からないパンク修理キットのために、いつもバックパックを背負ってサイクリングすることが、次第に面倒になってきたのです。

遠出する時などは、食料や飲料、着替えなどを持ち運びたいのでバックパックを背負いますし、そのついでに携帯ポンプを一緒に詰め込んで持ち運べば特に問題はありません。

しかし、10km〜20km程度の街乗りメインの気軽なサイクリングになると持ち運ぶ物必要のあるものも特に無いですし、できるならばシティサイクルと同じレベルの気軽さで乗りたいと思うのです。

そんな中で出てきた「街乗りクロスバイクでエアポンプを携帯する必要があるのか」という疑問から、携帯するポンプの種類を見直すことにした結果、出来るだけコンパクトで、ツールボトルに納まってしまうレベルの小さなポンプがあれば良いと考えるようになりました。

ツールボトルに入るサイズの携帯ポンプ

GIYO GP-61Sも小さなポンプの代表的なポンプの1つではあるのですが、ツールボトルに入れるには、ほんの少し長くて入らないのです。

例えば750ml前後の容量のあるツールボトルは一般的なペットボトルと同じくらいのサイズのため、標準サイズと言えると思いますが、その代表的なツールボトルの1つであるシマノ ツールボトルの全長が約19cmなのに対してGIYO GP-61Sは約20.5cmで、惜しくもツールボトルに収めることができないのです。

そこで色々なメーカーの携帯ポンプをチェックして長さが15cm未満のコンパクトな携帯ポンプを探してはみたところ、無いんですよね・・・。

まぁそもそも、コンパクトな空気入れが欲しければCO2ボンベを使えば良いわけで、そんな兼ね合いから需要が少ないのか、小さな携帯ポンプはあまり作られていないようなのです。

しかし探せば見つかるもので、長さがわずか10cm程度で圧倒的なコンパクトさを誇るair boneと呼ばれる携帯ポンプの存在を知り、即購入しました。

かなりコンパクトな携帯ポンプなので、余裕でツールボトルにも納まります。

air boneはコンパクトな携帯ポンプだけど割り切りも必要

air boneはコンパクトな携帯ポンプだけど割り切りも必要

air boneを見つけた時は、まさに「探していたのはこれだ!」と思うような理想の携帯ポンプでした。

当時はなるべく持ち運ぶ荷物を少なくしてサイクリングを快適にするためにツールボトルを導入したばかりということもあって、ツールボトルに携帯ポンプが納まれば、それで問題は全て解決すると思えたのでした。

実際に使用してみた結果、ツールボトルにスッポリと納まるサイズで、今現在もこのair boneをメインの携帯ポンプとして使用しています。

しかし、冒頭にも書いたように、なかなか万能な携帯ポンプは無く、コンパクトさを優先しているので、犠牲になっている点もあり、使用するにはある程度の割り切り、または用途の見極めが必要になってきます。

air boneは最大7気圧なのでフル充填は諦める

コンパクトな携帯ポンプなので、一度に入る空気の量は少なく、何度もシュコシュコとポンピングを繰り返す必要があるだけでなく、スペック的に最大7気圧となっています。

ロードバイクやクロスバイクで一般的な23Cタイヤの場合8気圧程度の空気圧にすることも珍しくありませんし、実際に使用してみると5気圧程度でかなり硬くなるのでフルで充填するのは難しいポンプとなります。

なので、人里離れた場所へロングライドに出かけたりして、パンクしても元のように適正な空気圧にして再び走り出す必要がある場面では、air boneは不適切な携帯ポンプになるとが思います。

あくまで自走出来るレベルまで空気を入れて、あとはショップなり自宅なりに戻ってから考えるというような、応急処置的な使い方をするための携帯ポンプなのです。

僕の場合は、街乗りがメインなので、仮にパンクしてしまっても、都内であれば半径2キロ以内であれば自転車屋さんが見つかりますから、自走出来るレベルにまで戻せれば後はどうにかなるので、問題はないという割り切りをしています。

携帯ポンプにチューブが無いと空気を入れづらい問題

air boneにはお助けチューブ

携帯ポンプのair boneにはチューブがありません。
air boneに限らずで小型の携帯ポンプにはチューブが無いものがほとんどで、バルブに直接携帯ポンプを取付けて空気を入れることになります。

それでも空気は入れられるのですが、チューブ無しで空気を入れるのには、バルブを折ったり、曲げたりしてしまいそうで不安があります。

そこで、何か良いものは無いかと探していて見つけたのが、お助けチューブと呼ばれる延長チューブで、チューブの無い携帯ポンプをチューブ付きの携帯ポンプに変身させることができる素敵なアイテムなのです。

これで小さな携帯ポンプでも、使用する際の空気を入れづらいという問題を解決することができます。特に空気が入ってきて気圧が高くなってきた際にはかなり力を込めることになりますから、チューブが有ると無いとでは大きな違いがあります。

お助けチューブ

air boneをツールボトルに入れて持ち運ぶのが最もシンプル

air boneをツールボトルに入れて持ち運ぶのが最もシンプルな携帯ポンプの持ち運び方

僕が最終的に落ち着いたのが、ツールボトルに必要なものを入れて持ち運ぶという方法で、ツールボトルには、パンク修理の基本的なセットである、予備チューブ、パッチキット、軍手、タイヤレバー、それから工具ツールなどを入れています。

小さな携帯ポンプのair boneを採用することで、今まで別々に分けて持ち運びしていたパンク修理キットや工具類と、携帯ポンプを1つの場所にまとめることができ、見た目的にも煩わしさ的な問題も一気に解決された感じになります。

おかげでちょっとしたサイクリングの際には手ブラに近い感覚で出かけることができるようになりなりました。

Comment

  1. 名無し より:

    TNI Co2ボンベとマルニクイックショット良いですよ。

    • escape air より:

      名無し様 コメントありがとうございまs。
      Co2ボンベが一番コンパクトで軽量ですから考えるのですが失敗した時が心配ですが、失敗しないアダプタもありますから興味津々なところではあります。クイックショットも試してみます!情報有り難うございます!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑