*

クロスバイクやロードバイクのサドルの高さを調整すると乗り心地が変わる

公開日: サドル周り, 自転車メンテ・改造

クロスバイクのポジション調整でサドルの高さを見直し

クロスバイクのESCAPE Airをブルホーン化したまでは良いものの、何故だか見た目も乗り心地もあまり良くならず、どうしたものかと悩んでいたところ、コメント欄で「ポジションを調整しなさい」との助言をいただきました。

お恥ずかしい話、それまでの僕はポジションと言うものをまともに考えずに自転車に乗っていたので、ブルホーン化してハンドル位置などがフラットバーの時と比べて大きく変わっているのにも関わらず、ポジション調整をせずに「乗り心地が悪いなぁ」などと考えていたのでした。

そんなわけで、ポジション調整をするためにサドル位置を調整してみたというお話です。

ブルホーン化したクロスバイクのサドル位置が低い?

ブルホーン化したクロスバイクのサドル位置

ブルホーン化したクロスバイクの写真を掲載していたところ「サドル位置がどう見ても低い、低過ぎる」という指摘を受けました。

しかし、サドルが低いと言われてもいまいちピンと来なかったのが正直な所でした。というのも、僕としては目一杯サドルの高さを上げているつもりだったのです。

僕がクロスバイクのESCAPE AirをGIANTストアで買った際には、クイックシューの外し方やチェーン清掃の事、空気圧の事などスポーツバイクで必要な基本的な情報をいくつか教えて貰いました。その際に、サドルの高さも教わりながら、実際に自転車に跨がって高さを調整しました。

その後しばらく乗っていると、徐々にサドルが高いのにも慣れてきたので、それにともないサドルの位置を高くしていたので、まさか僕のクロスバイクのESAPE Airのサドルが低いだなんて全く思っていなかったのでした。

・・・が今見ると、ちょっとおかしなくらいに低いですね。

サドルのポジション調整方法が間違っていた?

では、僕は今までどのようにクロスバイクのサドルの高さを調整していたのか?

つま先立ちで停止できる高さを基準にしていた

クロスバイクに乗り始めてしばらく経った頃に、適正なサドルの高さはどのくらいかが気になっていた時期もあったのでいろいろと調べたこともありました。

その時に見つかった、サドルに腰掛けて、かかとでペダルを踏んで脚がまっすぐに伸びる程度というサドルのポジション出しでは基本中の基本の情報を頼りに調整していました。

この方法で調整した場合、停車した時にも両足のつま先がなんとか着いてヨタヨタながらも自立できる状態だったので「このあたりの高さがきっと限界なのだなあ」と思っていました。

これ以上サドルを高くしてしまうと「停車時に足が着かなくてコケてしまう」と考えて物理的に無理と思っていたのです。

クロスバイクのサドルのポジションについて調べてみる

クロスバイクのサドルのポジションについて調べてみる

サドルに座って停車した時に、つま先ギリギリでなんとか立っていた状態だったので、サドルの低さが低いと指摘された時も「何と言われようとこの高さが限界なのだからしょうがないじゃないか」と思ったりもしたわけですが、指摘を切っ掛けにしてサドルのポジションについて再度調べてみることにしたのでした。

スポーツバイクはサドルに座ったままだと足が着かないのが普通らしい

サドルのポジション出しについて調べ始めると、ロードバイクのサドルの高さのポジションは、サドルに座ったままだと足が付かないのがどうやら標準的なようです。

つまり、今まで僕が頑に死守して来た両足のつま先が着く高さというのは、けして高いわけではなく、指摘された通りに低過ぎるということを知ったのでした。

まさに目からウロコが落ちる情報だったのですが、ウロコが落ちたと同時に1つの疑問が沸き上がりました。

足が着かないのにどうやって停車するんだ?

自転車のサドルの高くして足が着かなくなると停車できないけど・・・

サドルとハンドルとの高低差を出せば、スポーティな感じになって見た目も良くなるので、僕自身も過去にサドルを高くしようとチャレンジしたことがありました。

もちろん当時はポジションのことなんて頭にないですからただ闇雲にサドルの位置を上げようとしただけですが、その時にも同じく「足が着かなければ停車できない。よってサドルの高さの限界はつま先立ちできる高さ」だと思っていたのです。

今にして思えばと「アホか」と思えるようなことではありますが、僕が今まで乗って来た自転車(ママチャリなど)の感覚で考えれば、そう考えるのが自然だと思うのです。足が着かない自転車なんて考えら得ません。

ところが多くのロードバイクやクロスバイクのサドルは足が着かないくらいの高さで調整されているというような事実を知ってしまうと「え?それじゃあどうやって停車しているの?」という疑問が沸いてしまうのです。

で、調べてみたところ、沢山解説があるのですね(笑)

初歩の初歩で、これが解らないとサドルを高くした自転車に乗る事すらできないのですが、教えてくれる人が居ないと、なかなか気付く事ができない部分かもしれません。

ロードバイクの乗り方と降り方

ロードバイクからの乗り方と降り方についての解説動画があったので貼っておきます。

確かに、街で見かけるロードバイクの皆さんを見ても動画のような動作をしてますね。

発車時に立ち漕ぎをしてるのは、スタートダッシュをしたいからではなく、サドルに座わらずに漕ぎ出す為だったのですね(笑)

クロスバイクのサドルのポジションを再調整してみる

足が着かないほど高いサドルにした自転車からの乗り降りの方法も解り、この方法ならクロスバイクののサドルを高くしてみても、安心して乗り降りができそうだったので、ポジションを調整するためにサドルを高くしてみました。

before
クロスバイクのサドルの高さを調整

after
クロスバイクのサドルのポジションを再調整

写真の撮り方が違っていて申し訳ないですが、beforeでコラムと同じ程度だったサドルの位置がafterでは随分と高い位置になりました。

ついでなのでサドルのポジション出しのための解説動画も貼っておきます。

サドルのポジションを調整して走ってみた

クロスバイクのサドルの高さを調整した後に試走して乗り降りの練習をしてみました。

乗り馴れないサドルの高さなので、最初こそ戸惑いましたが、何度か練習すれば自然と身に付く感じでマスター出来そうです。

Comment

  1. […] 2014.10.6追記 コメント欄で指摘いただきまして、このエントリを書いたあと、サドルの高さなどのポジションを変更しています。 記事は「escape airのサドルを高さの見直し」 […]

  2. […] 2014.10.6追記 コメント欄で指摘いただきまして、このエントリを書いたあと、サドルの高さなどのポジションを変更しています。 特に上記の写真は、サドルの高さもさることながら、実験的にサドルを前に出して傾けているもので、この状態だと正しく乗れません。 記事は「escape airのサドルを高さの見直し」 […]

  3. […] 変更した内容のエントリは「escape airのサドルを高さの見直し」で確認ください。 このエントリの内容的にはescape […]

  4. 生意気コメント人 より:

    かっこいいですね!
    サドルの高さも上がって、適正ポジションになったようですね☆

    クロスバイクはヘッドチューブが長いので、このブルホーンバーのように肩下がりのあるタイプを使うと、ハンドル位置が下がりカッコ良くもなり、前傾姿勢もとれるのでいいですね!

    僕も今のロードに乗るまではescape airの2013年モデル白でブルホーンバーカスタムをしていました。
    僕のはホイールがカムシン、コンポはSORA、バーコン仕様でしたが。
    ハンドルは同じく肩下がりの物を使用していました。

    自分のカスタム工程と似ていたのもあり、つい差し出がましいコメントをしてしまいました。
    申し訳ありませんでした。

    今はロードに乗りつつも、escape airはそのままハンドルをドロップに、コンポに揃えてSORAのSTIを付けてカスタムしています。

    自分がブルホーン化していた時の車体と瓜二つで嬉しくなり、画像保存させていただきました。

    • escape air より:

      コメント有り難うございます。
      お陰さまで、いや、ほんとにお陰さまで良い感じの方向に戻せてきたと思います。

      escape air 乗られてたのですね。
      しかも2013で白(笑)
      カンパのホイール&バーコンは当然僕も選択肢の中にありましたが紆余曲折で今の選択になっています。
      僕の場合、家庭の事情等もあり、当分はロードバイクに手を出せないので、その分、escape airに予算が注ぎ込まれている状態です(苦笑)
      2台持ちできる環境が羨ましいですね。

      いろいろと迷う事も必要な行程だとは思いますが、迷走しはじめると、本来の自転車の楽しさからズレてしまって、結局は自転車離れにもつながりかねないので、非常に良いタイミングでご指摘いただけたと思っています。
      感謝。

  5. […] 2014.10.18追記 このエントリを書いたあと、既にこのセッティングは変更しています。 変更した後の様子は「escape airのサドルを高さの見直し」で確認ください。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑