*

クロスバイクのフラットバーのグリップの交換方法

公開日: グリップ, ハンドル周り, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

ロスバイクのescape airのグリップ

僕がクロスバイクのescape airを買った理由の一つは、改造・カスタマイズを自分自身でやってみたいというのがありました。

今でこそ、いろいろと弄り倒して、素人に毛が生えた程度には自転車について詳しくなったつもりではいますが、当時の僕は自転車に関する知識は全くと言って良いほどなくて、スポーツサイクルとママチャリの違いすらも分かっていませんでした。

そんな素人でも、なんとかできる改造・カスタマイズと言えば、シフターやブレーキ以外のハンドル周りになるかと思います。

例えば、グリップをコンフォートグリップに換えてみたり、バーエンドバーを取り付けてみたりというのが、最も気軽に改造・カスタマイズできる部分でしょう。

僕の場合もご多聞に漏れずで、クロスバイクの改造・カスタマイズで最所に手を出したのはグリップの換装でした。

クロスバイクのescape airのグリップ

escape airのオリジナルのグリップのモチモチな感触は個人的には嫌いではなかったのですが、escape airを購入して一ヶ月もしないうちに交換してしまいました。

escapea airのオーナーからは「軽量化するためだけに採用されたグリップ」「ちくわぶ」などと言われたりしてあまり評判が良くないと思うこのグリップですが、GIANTのグリップの商品ラインナップにずっと置かれているということは、世間一般的には意外と人気なのでしょうかね。

クロスバイクのescape airのグリップを交換した理由

・使っているうちに何故だかベタッとした感じが不快だった
・白いグリップだったので短期間の使用でも汚れが目立ってきた
・何でも良いから改造・カスタマイズしたかった

というのが主な理由でした。

escape airのグリップの換装の手順

クロスバイクのescape airのグリップ換装の手順です。

バーエンドキャップを外す

まずはバーエンドにハマっているキャップを外してから作業します。
プラスチックのキャップなので、無理矢理引っ張ったりすると歪んだりしますが、オリジナルのバーエンドキャップは別にカッコ良くも何ともないので、適当に外してしまって、新しいバーエンドキャップを嵌めてしまうのが良いと思います

綺麗に外そうと思っても意外と外れないもので、僕の場合は途中で面倒になってペンチで挟んで引っこ抜く感じでかなり投げやり感がありまました。

バーエンドキャップはアクセサリー的な感覚でワンポイントカラーを楽しんだりすることが出来て、しかも格安なので、最初のカスタマイズをするパーツとしてもオススメです。

ちなみにescape airの標準のハンドル径は25.4mmで内径が22.2mmなので、バーエンドキャップも22.2mmを選択すると良いと思います。

クロスバイクのオリジナルのグリップを外す

グリップを外す

escape airに付いているオリジナルのグリップを外すのは意外と厄介です。というのも柔らかい素材かつ摩擦係数が高く、粘着力も若干あるので、引っ張って外そうと思うと失敗します。

どうやってハメたのか疑問に思うほど、抜けないグリップです。
ウワサによると空気圧でスポッと嵌められるとか嵌められないとかですが、とにもかくにも抜けません。

このどうしても抜けないグリップを取り外すには、カッターかなにかで切ってしまうのが一番手っ取り早くてオススメです。

「切ってしまうの?もったいない!」と思うかもしれません。
実際僕自身も初めて買ったクロスバイクでしたし、最初の改造・カスタマイズだったこともあり、なんとか綺麗に外そうと考えたものでした。

しかし、よく考えてみれば、気に入らないから取り外すわけですし、そんなものを大切に保管していたところで、高級パーツじゃあるまいし、再利用することはまずありません。ましてGIANTストアで売ってるモノですから、手に入れようと思えばまたすぐに手に入れられます。

それでも綺麗にグリップを外したい場合

グリップを外す
escape airのグリップだけではなく、グリップを外したり嵌めたりする際にグリップとハンドルバーの間に、潤滑性のあるものを浸透させるという方法がよく取られるようです。

「潤滑性のもの?そうだチェーンオイルがあるじゃないか!」と思うかもしれませんが、ゴムや樹脂類にはあまり良くない可能性もあるので、台所に行って、食器用洗剤を薄めたものを使用すると良いでしょう。いわゆる中性洗剤であれば、ゴムや樹脂をいためたりすることも少ないとのこと。

マイナスドライバーなどをグリップとハンドルバーの間に差し込んでグリップを浮かせて、水で薄めた中性洗剤を注入していきます。なかなか上手い具合に浸透してくれませんが、お魚しょうゆ差しなんかでシュポシュポと繰り返して、グリップをグリグリしていれば、そのうち滑るようになってきて外せるようになると思います。

僕の場合は、途中で面倒になってカットしてしまいましたが、全く後悔していません。キリッ!

クロスバイクに新しいグリップを取り付ける

オリジナルのグリップを外したら、新しいグリップを嵌めます。

新しいグリップ

僕が購入したのは上記の写真のグリップ。
ERGON(エルゴン)と呼ばれるメーカーのものが有名なようです。
バーエンドバーと一体化になっていたりして、グリップを換装するついでにバーエンドバーも取り付けたい人などにとっては、一体化されていたほうがデザイン的にも取って付けた感が少ないですし良いかもしれません。

デザインは様々ですが、幅広のものが手のひらで支えやすくて快適(コンフォート)なので、折角グリップを換装するのであれば幅広のものがオススメだと思います。

クロスバイクに新しいグリップが嵌められない

早速新しいグリップを嵌め込もうと思っても難関が待ち受けています。
イメージではスポッと嵌められるはずなのですが、いくら押しこんでも途中で止まって押し込めなくなってしまいます。

そこでやはり必要なのがやはり潤滑性のあるものを浸透させるということになります。

「潤滑性のもの?そうだメンテループがあるじゃないか!」と思うかもしれませんが、オイルが残ってしまうと嵌めた後もグルグルとグリップが回転してしまったりして不快&危険です。

というわけで、ここでも食器用洗剤が登場するわけですが、基本的に水でかなり薄めてから使用します。大量に使用すればするほど滑りはよくなりますが、洗剤が残ってしまうと、オイルと同じでグリップの固定ができなくなってしまいます。

僕なんかは「洗剤だからそのうち無くなるでしょ」という甘い考えのもと、グリップの入り口に洗剤を塗りこんでヌポッと嵌め込んでしまいました。おかげで嵌め込むのに時間はそれほど必要なかったのですが、後悔するまでの時間もそれほど必要ありませんでした。

結局そのグリップは2ヶ月ほど使用しましたが、固定できないまま、ハンドル換装とともに廃棄となりました。なので、嵌め込む際には多少苦労するとは思いますが、あまり洗剤は付け過ぎない方が良いと思います。

クロスバイクのグリップを換装
悪戦苦闘の末ようやく取り付けられたグリップ。

クロスバイクのグリップの換装のススメ

僕の初めての自転車の改造・カスタマイズだったグリップの換装は、改造・カスタマイズの入り口としてオススメできるパーツだと思います。

選択するグリップによっては、ブレーキとシフターの位置を少しズラす必要があるかもしれませんが、基本的にはワイヤー系は弄る必要がない、あるいは影響があるほど動かす必要が無いので、苦労をすることはあっても失敗することは殆ど無いのがオススメの理由の一つです。

グリップだけでも、意外と自転車の見た目の変化も大きいですし、乗り心地も変わるので、そこからは始まる改造・カスタマイズ道を想像してワクワクできるはずです。お店にお願いすればおそらく1000円以下で作業してくれることだとは思いますが、自分自身で作業を行うことによって、満足感や自信、愛着などプライスレスな部分での収穫はきっとそれ以上になるはずです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑