*

クロスバイクやロードバイクのハンドルとステムとシートポストのメーカーは揃えた方がカッコ良い

スポーツサイクル コーディネート

自転車をカスタム・改造していく中で、一応意識しておくと良いかもしれないポイントの一つとして、ハンドルとステムとシートポストのメーカーを揃えると、自転車をコーディネートできてカッコいいらしい。

カッコいいらしい、というのは、誰からもそんなことは聞いたことがなく、ただ単純に僕自身が思っているだけなのかもしれませんが、自転車屋さんや、身の回りを走っている、いわゆる完成車と呼ばれるクロスバイクやロードバイクを見れば、余りパーツの組み合わせとかでない限り、パーツのメーカーが揃っているものが殆どです。

こだわれば、細かい部分のパーツも同一メーカーにすることができると思いますが、その中でも特に、ハンドル、ステム、シートポストは主要で大きなパーツだけにメーカーのロゴが大きく入っている場合も多く、この3つが同じメーカーで揃っていると、全体として、まとまりが良くなるのが主な理由だと思います。

さて、そんな僕のクロスバイクのescape airの構成はと言えば・・・

ハンドル:profile design
ステム:FSA
シートポスト:profile design

間違い探しをするまでもなく、ステムだけメーカーが違います。
コーディネートするためには、ステムをどうにかしなくちゃいけない、というわけなのです。

本当は好きなメーカーの3Tあたりで統一したいのですが、ハンドルがブルホーン仕様なため、profile designになっています。まぁprofile designというメーカー名の響きは嫌いではありません。

というわけで、profile designのステムを仕入れて僕のクロスバイクのescape airのハンドル、ステム、シートポストのメーカーを揃えよう、というのが今回のメインであります。

profile designのステム ARIS OS を購入

スポーツサイクル ステム
購入したのはprofile designのステム ARIS OS というステム。profile designのラインナップの中では一番安いステムかもしれません。

スポーツサイクル ステム角度
ステムの角度は83度。(-7度)
一般的なロードバイクやクロスバイクなどで標準的な角度のステムです。

スポーツサイクル FSAのステム
現在使用しているFSAのステムは120mm。
今回注文したステムの長さは100mm。

短くした理由は、単純にポジションの調整。
今回新たにステムを購入したのは、メーカーを揃えるという理由の他に、ポジションの調整という理由もあるのでした。

スポーツサイクル ステム逆付け
逆付けしても大丈夫なようなデザインです。

スポーツサイクル ステム重量
重量は165g
手元にあったBZOOKAの120mmのステムが161gだったので20mm短いにも関わらず少し重めでした。中にシムが入っているのでそれを除くと同程度です。

スポーツサイクル ステッカー
説明書の他に、おまけとしてステッカーが同梱されていました。
愛車のクロスバイクのescape airに貼るかどうかは検討中。

クロスバイクのescape airのステムを換装

スポーツサイクル FSAのステム
現在使用中のFSA。
太くてしっかりしているわりに軽量で良い感じでした。

スポーツサイクル ステムを取り外し
取り外した状態。

スポーツサイクル ステムの新旧比較
新旧比較。

スポーツサイクル ステムの新旧比較
新旧比較。
新旧比較を二つも載せたのは、最近買った新しいカメラとレンズでボケ写真を撮りたくてで、写真自体に意味はありません。

スポーツサイクル 新しいステム取り付け
profile designのステム ARIS OSを取り付け。

スポーツサイクル ステムのネジにグリス
とりあえずネジにグリス。
グリスを塗っておくことでねじ込み中のトラブルを少なくできるとか。

スポーツサイクル ステムのネジ
ステムのネジを締める時は、最所に締めたネジの対角線にあるボルトを締める、いわゆる対角締め。一つを一気に締めてしまうのではなく、それぞれ均等に締め上げていくとのこと。

スポーツサイクル 新しいステム取り付け
取り付けてみた感じ。

スポーツサイクル ヘッドパーツ
ヘッド部分のお団子が気になると思いますが、そこには触れずに。

スポーツサイクル ハンドルから
ハンドル側から。
ハンドルとの揃いも良し。

スポーツサイクル サドル側
サドル側から。
シートチューブとの揃いも良し。

クロスバイクのescape airのステムを換装して走行してみる

ステムのメーカーは変わったものの、ステムの角度は同じで、違いはステムの長さ。今までのFSAが120mmに対して、今回のprofile designが100mmです。

わずか20mmの差ですが、シビアなポジション合わせだとミリ単位で調整するものらしいので20mmも違えばものすごく変わると言えると思います。実際に乗ってみても、確かにその違いがはっきりと分かるくらいの差がありました。

クロスバイクのescape airをブルホーン化した時から「ハンドルが遠いなぁ・・・」と感じていて、やや突っ伏した形で、どうしても腕に体重がかかってしまう感じでしたが、今回のステムの換装で、先端のブレーキ部分に手が掛けられる位置でも体重を腕に掛けないような乗り方が出来るようになりました。

サドルの位置を換えたり、シートチューブを換えたりしながら、少しずつ調整してきましたが、ここにきてようやく具合の良いポジションになってきたように思います。

こだわればまだまだ余地はありそうですが、今までと比べるとかなり快適なポジションになったため、しばらくはこの状態で乗り続けられるのではと思います。

ちなみにステムを換えるとワイヤーまわりの具合も変わるので、換装した後はブレーキやシフターの調整をした方が良いと思います。

クロスバイクのescape airのステムを換装して、ハンドルとステムとシートポストのメーカーを揃える

今回のステムの換装により、僕のクロスバイクのescape airのハンドルとステムとシートポストのメーカーが揃い、見た目的にも、気分的にも、良くなったように思います。

まぁ完全に自己満足のカスタムなので「だから何だ?」っておはなしで、あまり役に立つような話題ではありませんし、実際問題でステム部分はサイコンやベルを留めるベルトを巻くため、メーカー名もまともに見えなくなってしまい、他人からすればどこが変わったのか言われても分からないレベルだとは思いますが、他人から見て無駄に思えるようなことでも、少しこだわってやってみることに楽しみがあったりするものなのです。

というわけで、メーカーが揃ったこと、それからポジションがより良くなったこっとで、以前にもまして快適なサイクリングができるような状態になったと思います。

しばらく試走した後、特にポジションに問題がなさそうであれば、ヘッド部分のお団子をカットしてしまおうかな。と考え中です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑