*

GIANT ESCAPE R3 2017モデルと2016モデルの比較で思うことなど

公開日: ニュース・話題, 新製品 , ,

GIANT ESCAPE R3 2017モデルと2016モデルの比較

GIANT ESCAPE R3 2017年モデルと2016年モデルを比較してポイントをまとめまています。

GIANT ESCAPE R3 2017モデル

2016.5.20にGIANT ESCAPE R3 2017モデルの先行発売のアナウンスがありましたので2016年モデルとの違いを比較して検討してみました。

17_ESCAPE_R3_blogPhoto via:http://www.giant.co.jp/information/2957

【記事】GIANT ESCAPE R3 2017モデル先行販売! (2016.5.20)|GIANT

GIANT ESCAPE R3 2017モデルと2016モデル比較

GIANT ESCAPE R3 2017モデルと2016モデル比較

上記にズラズラとスペックを並べてみました。
いろいろ変わっているようですが、基本的には大きな差はないと思いますので、個人的に引っ掛かった点について以下にまとめてみました。

2017モデルで重量が500g増えた!

ESCAPE R3 2017モデルになって重量が500g増えています
ロードバイクに限らずクロスバイクにとっても軽量化はどこのメーカーもかなり意識しているようで、ここ数年ESCAPE R3の車重も減少の一途を辿っていたので、2017モデルでもさらなる軽量化がされるだろうと予想していただけに、重量増は一番意外な変更点でした。

2016年モデルでは車重が10kgを切る目前で、軽さがウリであるはずのESCAPE AIR(9.6kg)の重量にも肉薄した感じになり、フロントをトリプルからダブルに変更したらそれだけでESCAPE AIRと並んでしまういそうなところまで来ていました。

このまま軽量化が進めば、ESCAPE AIRとの差が無くなってしまってESCAPE AIRはカタログ落ちしてしまうのではないか・・・などとESCAPE AIRに乗る僕としては、かなり気にしているポイントでした。

しかし、今回の重量増で、ESCAPE AIRとの違いもはっきりして、ESCAPE AIRは2017年モデルでも無事登場してくれるだろうという気がしてホッとしております。

ドライブトレイン

2017年モデルはTY710
2016年モデルはEF51
ともにALTUSで同じグレードのようなので性能に大きな差は無いと思われます。

タイヤ

2017年モデルはKENDA K-193
2016年モデルはMAXXIS DETONATOR

タイヤはGIOSのミストラルなどで採用されているもので、グレード的には2016モデルのMAXXIS DETONATORの方が良いという意見も。

女性向けモデル ESCAPE R3 Wもほぼ同スペック

女性向けモデルESCAPE R3 Wも2017年モデルが先行発売のようですが、スペック等はサイズが女性向けになっている以外はほぼ同じと思って間違いないと思います。

価格が5000円値下げ!

ESCAPE R3 2017モデルになって5000円の値下げ。
値下げの要素はいろいろあるかと思いますが、去年の今頃の為替レートが120円/ドル程度だったことを思うと、ここ最近は110円/ドル前後なので、その辺りが反映されているものと思われます。

GIANT ESCAPE R3 2017モデル個人的な感想

2016年モデルでフルモデルチェンジした時の「おおおっ」という感じからすると、例年通りの無難な変化かなと思います。このクラスは使えるパーツも限られているでしょうし、毎年2016年モデルのような大きな変化を期待する方が無茶ですね(笑)。

2016年から引き続きのデザインは個人的にはシュッとした印象で、街で見かけるESCAPE R3を見て「カッコ良いよなぁ」と思ったりするくらいに良いデザインだと思っています。スポーツサイクル入門機の定番中の定番で、この価格でここまでまとまっていれば他の追随を許さないのも納得です。

スポーツサイクルの入門で何を買えば分からないけど間違った選択をしたくないと思う人は、迷わずESCAPE R3を選んでおけばいいんじゃないという状況は2017年モデルでも続いていきそうです。

さて、ESCAPE AIRのオーナーの僕としては、注目していた点は、ESCAPE R3のさらなる軽量化とフロントのダブル化なるか?の2点でした。

この2つが実現されてしまうとESCAPE AIRとの差がほとんどなくなってしまい、ESCAPE AIRが消えてしまうのでは・・・と気になっていたからですが、上記の通りで重量は500g増えて、ESCAPE AIRとの差が約900gと広がって、フロントもトリプルのままでした。

そのおかげで、ESCAPE R3の2017年モデルとはしっかりと差別化されている感じで、個人的には今回のESCAPE R3 2017発表でESCAPE AIRの存在感が復活したことが、何より嬉しいと思える点かもしれません。

・・・でもGIANTのページのトップのバナーからESCAPE AIRが消えたんですよね。。。うーんこれは一体何を意味するんでしょうか・・・。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑