*

クロスバイクのステムを逆付けして前傾姿勢を深くした結果

クロスバイクのステムを逆付け

クロスバイクでも速度を出そうと思うと、空気抵抗を減らすことが一番です。
手軽に空気抵抗を減らす方法としては、乗車姿勢でなるべく前傾姿勢がとれるようにすることで、大幅に空気抵抗を減らせることができます。

クロスバイクの場合はロードバイクに比べて上体が起きたアップライトなポジションなので、のんびりと乗車できる反面、空気を受ける面積が大きくなるので、速度が上がってきた際に空気抵抗が大きくなり、25km/hを越えたあたりから急に速度が乗らなくなってしまいます。

そこで、クロスバイクでより深い前傾姿勢をとり、空気抵抗を減らすことが出来るようにするために、ライズ角度の大きなステムを購入し、それを逆付けしてみたので結果をまとめてみたいと思います。

クロスバイクのステムを交換して逆付けしてみる

クロスバイクのステムを交換して逆付け

クロスバイクのステムを逆付けしてみる目的

ライズしているステムを逆付けすることにより、ハンドルをより低い位置にセットすることができるようになります。

そうすることで、より深い前傾姿勢がとれるようになり、空気抵抗が減ることで速度アップにつながるかもしれないという考えです。

上記の写真はステム交換前のクロスバイクのESCAPE Airの横顔。
現在使用しているステムはオリジナルから換えたFSA OS-190LX 110mm。

FSA OS-190LX 110mmのステムの角度は 6°。ちなみにクロスバイクのESCAPE Air純正のステムも同じ6°で、クロスバイクに装備されているステムとしては一般的な長さと傾斜のようです。

交換するステムのライズ角度は25°

交換用のステム

交換用のステムとして選択したのはBazooka(バズーカ) LITE318ステム25 ブラック 120mm

長さはわずか10mm長くなった120mmですが、ステムの場合は、わずか10mmでも大きく違いが出るので交換する際はなるべく小さな単位で交換をした方が良いと思います。ちなみにステムの短くなれば、ハンドルの反応がクイックになり、長くなれば緩くなります。

さて、購入した新しいステムは長さはそれほど変わりませんが、ステムの角度が違います。
FSAの標準的な6°に対してBazookaは25°という大きなライズ角になります。

一般的なロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクに使われるようなステムではなく、曲芸などで用いられる自転車のトライアルバイクなどで主にに使われるステムです。

ステムの逆付け

このステムを普通に装備してしまうとハンドル位置が高くなってしまい前傾姿勢ではなく上体が起きたアップライトな姿勢になってしまうので、ステムの上下を反対にした、いわゆる逆付けをします。

そうすることでステムは下に伸びるようになり、ハンドルを位置をさらに下げることができるというわけです。

ステムを逆付け

ステムの逆付けはあまり馴染みがないため「逆付けして良いの?」と思う方も居るかもしれませんが、ステムの軸に入ったメーカーロゴを見ても解るように、大抵のステムのデザインは上下逆になっても成り立つようなデザインになっています。

つまり、逆付けすることも想定しているものだと考えられます。
しかし、ここまで角度の付いたステムを逆付けしている人は見た事がありません。

では、さっそく交換。
ステムの交換作業はハンドルを外して、コラムから抜けば良いだけなので20分もあれば終了してしまう簡単な作業です。よって作業自体は割愛させていただきます。

クロスバイクのステムを交換して逆付けしてみた

クロスバイクのステムを交換して逆付け
ステムを交換して逆付けした後のクロスバイクのESCAPE Airの横顔です。

クロスバイクのステムを交換して逆付け
ステムを逆付けすると独特な風貌になることが解りました。
正直な感想としては、見慣れないせいもあるのでしょうけど、横顔はあまりカッコ良いものではありませんね・・・。

しかし今回のステム交換の目的は、ハンドル位置を出来るだけ下げるということなので、その点に関しては目的クリアと言った感じでかなり低い位置になりました。

クロスバイクののステムを逆付けしてみた結果

クロスバイクののステムを逆付けしてみた感想

乗車姿勢がかなり前傾になりました

クロスバイクのステムを交換して逆付けした上体で試走してみました。
最初に乗った印象としては、見た目以上にハンドル位置が下に感じられ、交換前と後では、かなり乗り心地が変わりました。もちろん前傾姿勢も必然的に深くなり「ちょっとキツいな・・・」と思ったりもしました。

それでも違和感を感じたのは最初の15分ほどで、すぐに慣れてしまい「もう少し低くても大丈夫だな・・・」と思うようになったので、とりあえず試走の段階ではなかなか良い改造、カスタマイズが出来たと感じました。

空気抵抗は減った!

肝心の空気抵抗も、目論み通りでかなり減ったことが実感できました。

ステムを変更する前は空気を身体で受けながら空気の壁を割って走っているような感じだったのが、ステムの逆付け後は空気の中に潜り込みながら走っている感じがするのです。

ステムの逆付けで前傾姿勢はとれるようになったが・・・

しかしその後、70km程のサイクリングに出かけてみると、深い前傾姿勢のために常に持ち上げている首が辛くなり、後半の残り20kmくらいはかなり苦痛を伴ったサイクリングになってしまいました。

乗っていて前傾姿勢が辛く感じたりするのは慣れの問題もあると思いますが、それ以前に、ステムが長くなり、ハンドル位置が低くなったことでハンドルが遠くなりました。

そこまでは狙い通りだったのですが、いざ乗車してみると乗車姿勢は予想していたモノと違い、ロードバイクのように骨盤を立てて背中をアーチ状にした前屈みでの前傾姿勢がとれているわけではなく、身体が伸びて突っ伏した状態で自転車に乗っていると言った具合です。

当然、その状態で骨盤を立てて乗ることは出来ず、正しいポジションは出せません。短距離であればまだ我慢の範疇ですが、長距離や長時間のサイクリングでは腕や首が辛くなるなどで、とても快適なサイクリングが出来ない自転車になってしまいました。

ステムを逆付けする際はステムを短くすべし

ロードバイクなどに近い前傾姿勢をとる為には、ステムを長くするのではなく、ステムを短くして身体が前屈みにした状態で前傾姿勢をとれるようにすべきだと思われます。

この状態でしばらく乗ってみましたが、乗り心地があまりに良くなかったのと、見た目的にもカッコ良くなかったこともあり、一月ほどで元のステムに戻しました。

また、仮にステムを短くして同様の改造、カスタマイズをしたとしても、ロードバイクのような自然な前傾姿勢をとる為には、これとは別の方法を考えないといけないと思ったのもあります。そう、例えばブルホーン化とか。

せっかく購入したステムは無駄になってしまいましたが、いろいろ体験的に学ぶことができたので、それはそれでよい勉強になったと思います。

こうしたトライ&エラーを繰り返すことも、自転車弄りの楽しみと思えば、無駄は1つもないのだと思います。。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑