*

新しいフロアポンプを購入する予定なのでオシャレなフロアポンプを探してみる

公開日: ポンプ・空気入れ, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクと呼ばれる自転車を所有するのであれば、最低限揃えておかなければいけないモノと言えばフロアポンプ。いわゆる空気入れ。

一般的なシティサイクルやママチャリの場合は、少々空気が抜けても気にならないので、滅多に空気を入れたりしない人も多いと思いますが、スポーツバイクの場合はタイヤが細く、空気圧も高めということもあり、空気が抜けやすくコマメな空気入れが必要です。また、乗り心地も空気圧によって大きく変化します。

そんなわけで、僕がクロスバイクのescape airを購入したGIANTストアでも、タイヤの空気圧管理に関しては、ロードバイクの場合は出来るなら乗車前は毎回、クロスバイクはロードバイクに比べてタイヤが太いのでロードバイクほどシビアではないですが、少なくとも一週間に一度は空気を入れて走りましょうと、教わりました。

その教えを忘れずに忠実に守ってきた僕ですが、近頃どうも使っているフロアポンプの調子があまりよろしくないようで、フロアポンプに付属しているゲージの反応が鈍くなり、本当に正しい空気圧を示しているのか怪しい状態になってしまいました。

ゲージに頼らずとも、毎日のように空気を入れていれば、ポンプの固さなどから、なんとなく空気圧が低すぎるとか高すぎるなどは判断できるようにはなりますが、10psiを越える高圧域になると、バーストしてしまいやしないかと毎回嫌な汗をかいてしまい精神衛生上よろしくないので、新しいフロアポンプの購入を検討することにしました。

ちなみに現在使用しているフロアポンプは、新しく買った子供の自転車が米式バルブだったので、米式に切り替えて子供の自転車用に使用することにしました。

僕が選ぶフロアポンプの条件

僕が買った最初のフロアポンプは、GIANTストアで言われるがままに購入してしまったので、今回は自分の意思でしっかりとした基準を元に選んでみたいと思います。

オシャレなフロアポンプが欲しい

フロアポンプも室内で保管するモノなので、出来ればその佇まいがオシャレなフロアポンプを希望です。

毎回空気を入れる時のモチベーションにも繋がるので、ただ空気を入れられれば良い、というだけでは選びたくありません。

細身で金属質でシュッとしたデザインが好みだったりします。

エアゲージ付きフロアポンプが欲しい

エアゲージは別売りでも有るので、それ使えば無くてもどうにでもなりますが、やっぱりエアゲージはどうしても必要なモノなので、フロアポンプ自体に付属していた方が何かと便利です。
なので購入するフロアポンプにエアゲージは絶対必須です。

フロアポンプのメーカー

フロアポンプのメーカーと言えば

Panaracer
LEZYNE
GIYO

あたりが有名かと思いますが、探せば他にも沢山メーカーがあるようなので、デザイン&性能が良ければメーカーにはあまりこだわらず選んでみたいと思います。

フロアポンプの候補を挙げてみよう

LEZYNE CNC FLOOR DRIVE SILVER

オシャレなフロアポンプ
Photo via:LEZYNE CNC FLOOR DRIVE SILVER

まず最初に挙がるのがLEZYNE。
値段は少々高めになりますが、デザインで考えればLEZYNEのフロアポンプはどれも素晴らしくカッコ良いと思います。

まだ吹き出し口もねじ込み式のCNCアルミポンプヘッドなので、バルブを痛めづらいのもポイントが高いです。
ちなみにLEZYNEの携帯用ポンプのページを見ると、僕は衝動買いしてしまいそうなので、なるべく見ないようにしています。

220psi / 15bar
15 x 20 x 63.5 cm
1.6kg

GIYO GF-15S3

GIYO GF-15S3
Photo via:GIYO GF-15S3
僕の中ではフロアポンプはLEZYNEかGIYOか、という感じです。
負けず劣らずでスタイリッシュな感じで悪くはないと思います。

260psi
67 cm

TOPEAK Transformer X

TOPEAK Transformer X
Photo via:Transformer X
フロアポンプとスタンドが一体化した機能的なフロアポンプ。
実際問題でスタンドは部屋の中で存在感が大きいのでフロアポンプと一体型のこのポンプでスッキリ片付けるというのもアイディアとしてかなり大きくなります。

160psi
74 cm
1.8kg

SERFAS FMP-969

SERFAS FMP-969
Photo via:SERFAS FMP-969
アメリカのブランド。
どちらかと言えばマウンテンバイク系統のブランドなので、日頃がロード方面に意識がある人の場合は、あまり知らないメーカーかもしれません。

260PSI

serfas welcome from RPJ on Vimeo.

SILCA SUPERPISTA ULTIMATE PLUS FLOOR PUMP

SILCA SUPERPISTA ULTIMATE PLUS FLOOR PUMP
Photo via:SILCA SUPERPISTA ULTIMATE PLUS FLOOR PUMP

ぐぅの音も出ないほどカッコ良いデザインと価格のSILCA SUPERPISTA ULTIMATE FLOOR PUMPS。

ポンプじゃないですがヘキサゴンレンチキットが衝動買いしてしまいそうなほどカッコ良いです。工具マニアは見てはいけないものかもしれません。

Using SILCA Presta Chuck from SILCA Velo on Vimeo.

160PSI
75 cm
3.2kg

フロアポンプを選ぼうまとめ

性能的には上記以外のメーカーでも似たり寄ったりで大差はないのと、上限240spiなど、もはやクロスバイクなどでは不要な領域なので、個人的には160spiでも260spiでも同じかな、と思います。少なくとも僕には無用の長物です。

また、近頃はレバーを起こしてバルブと固定するタイプの吹き出し口ではなく、ねじ込み式の吹き出し口が多くのメーカーで採用されるようになってきているように思いました。

実際問題で、レバーを起こす作業の中でバルブを折ってしまったりするミスも多いと思われます。それを思うとねじ込み式を選択した方が、ストレスも少なさそうです。

そんなわけで、デザインにこだわりつつ応募点数から選ぼうとすると1日一体で、10,000円が一つの見極めのラインになるかもしれませんね。

フロアポンプ自体はそうそう壊れるもので、思い切って良いモノを買っておけば、安い物に比べて耐久性もより優れたモノになるでしょうし、毎度使用するものなので、それなりにちゃんとしたモノを買っておけば、毎度気持ち良く使用できると思うので、なるべく良いモノを買ってみようかな、という感じです。

そんなわけで、僕の第一候補は、最初に挙げたLEZYNE CNC FLOOR DRIVE SILVERLEZYNE CNC FLOOR DRIVE SILVERあたりがベストかな。などと考えています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑