*

クロスバイクの白いサドルの汚れを特別な洗剤で綺麗にしてみる

公開日: サドル周り, 清掃, 自転車メンテナンス・カスタマイズ ,

自転車のサドルの掃除

僕の愛車のクロスバイクのESCAPE Airの純正のサドルは白。

購入したての頃は白くてピカピカして、なかなか良い感じなのですが、サドルはお尻と密着して常に内股で擦れる部分でもあるので、時間とともにどんどん汚れてきます。

汚れてくると見た目も見窄らしくなってくるので、お気に入りの洗剤を使って綺麗にしてみることにしました。

クロスバイクの汚れた白いサドルを綺麗にする

自転車の白いサドルが黒く汚れて汚い

これが僕の愛車のクロスバイクのESCAPE Airの白いサドルです。
この大きさの写真で見るとそれほど気になりませんが、乗っているうちに、どんどん黒く汚れてきて見た目が汚らしくなってきます。

自転車の白いサドルの汚れが目立つ

内股との接触部分は常に擦れる部分なので特に汚れています。

自転車のサドルの掃除の洗剤

そこで登場させるのがアビリティークリーン。
僕のお気に入りの洗剤です。

アビリティークリーン

家の掃除をする際に気に入って使っている洗剤です。
何にでも使えるような万能な洗剤ではありませんが、得意分野での汚れ落ちは感動するレベルで激落ちさせることができます。

油汚れや水垢などに対してはとことん強く、他の洗剤とは比べ物にならないくらいにスッキリ落とすことができるので、キッチン周りでは大活躍する洗剤なのです。

例えば、換気扇のしつこい油汚れも、アビリティークリーンを散布して10分ほど放置すれば、あとは水で洗い流せるくらいに分解してしまうのです。

強力ではありますが、天然成分で人と環境にも優しいという洗剤ということです。
しかしながら油汚れの分解の早さなどから察するにそれなりに強力なアルカリ性だと思われます。

そんなお気に入りの洗剤で汚れた白いサドルを綺麗にしてしまおうというわけです。

自転車のサドルに洗剤を塗布

白いサドルの汚れの目立つ箇所を中心に、アビリティークリーンを撒布します。

アビリティークリーンが得意とする汚れは、撒布した時点で既に浮き始めます。
これはなかなか期待できそうです。

自転車のサドルの掃除でこする

撒布した後に2〜3分ほど放置して、ウェスでゴシゴシと擦ってみると、快適に汚れが落ちていくのが分かります。

上の写真の右半分が汚れを落とした状態です。新品とまではいきませんが、かなり白さが戻ってきているのがお分かり頂けるでしょうか?

自転車のサドルの掃除して汚れが落ちる

内股が擦れる部分の汚れも綺麗に落ちました。
結果が分かりづらい人は上に掲載しているオリジナルの写真と比べると一目瞭然です。特に力を入れてゴシゴシする必要はなく、軽く拭き取る程度で汚れが落ちていきます。

自転車のサドルの掃除して綺麗

最終的にかなり白くなった僕のクロスバイクのESCAPE Airの純正サドルです。
これくらい綺麗になると、また乗ってみたいという気分にさせてくれます。
白いサドルでもここまで綺麗に戻るものなのですね。

クロスバイクのESCAPE Airのサドルの汚れを綺麗にしてみるのまとめ

今回使用した洗剤のアビリティークリーンが見事に活躍してくれて、ものの数分でかなり綺麗な状態にできました。

ちなみに、今回はサドル部分だけの清掃です。
洗剤も4倍ほどに希釈して使用いました。

フレームやその他の場所に使いたい場合は中性洗剤を使うのが基本ですし、アビリティークリーンはアルカリ性なので、基本的にはアルミ部分などには使用してはいけません。

一応、アビリティークリーンの気になる注意書きを抜粋しておきます。

●洗剤の使用を禁止又は中性洗剤の使用を指定している製品や場所には使用しないで下さい。
●アルミ製品・銀製品・真鍮製品の場合は変色する事があります。目立たない所でテストしてからご使用下さい。
●自動車の塗装面には、原液での使用はしないで下さい。
●液性:アルカリ性

アルカリ性のクリーナーって使って良いの?

自転車の清掃に使う洗剤と言えば、中性洗剤、というのが基本中の基本です。
なので、個人的にはアルカリ性の洗剤を自転車に使っても良いのかな?という疑問が出て来たので、自転車用洗剤でアルカリ性のモノは有るかどうかを聞いてみることにしました。

自転車用品でおなじみのWAKOS’などから販売されているクリーナーなどでも弱アルカリ性のものは見られますし、ディグリーザーなどは強アルカリ性のものもあるようです。

つまり、油汚れに対してはアルカリ性の洗剤が広く使われている、ということだと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑