*

僕がクロスバイクを改造・カスタマイズする理由

公開日: カスタマイズ考, 自転車メンテ・改造

僕がクロスバイクを改造・カスタマイズする理由

ふとしたことからスポーツバイクと呼ばれる自転車に興味を持ち、最初に手に入れたのがGIANT社のクロスバイクのESCAPE Airでした。

スポーツバイクに興味を持つまでの僕は「自転車は1万円で買うもの」と思っていたので、10万円を超えるようなロードバイクに手を出す勇気はなく、ネットの評判を見て初心者がスポーツバイクを乗るにあたって、入門機として失敗しない自転車の代表格としてクロスバイクのESCAPE R3が挙げられていたこともあり、ESCAPE シリーズの中の一つであり、クロスバイクのクラス最軽量を謳うESCAPE Airを選択したのでした。

そんなクロスバイクのESCAPE Airですが、初めてのスポーツバイクということもあり、最初はその軽快さに感動したものでしたが、乗っているうちにいろいろと自転車に関する知識が増えてくるにつれ、いわゆる「ノーマル」の状態では我慢出来なくなり、改造やカスタマイズを繰り返し、気が付けば、残ったパーツはフレーム以外にフォークだけという状態になりました。

ロードバイクにどっぷりとハマってしまった人たちが自転車に投資する金額からすれば、微々たる金額ではありますが、それでも、6万円弱で買ったクロスバイクのESCAPE Airの改造、カスタマイズに本体価格を遥かに超えるお金をつぎ込んで来たわけで、世間一般の人からすると「なんで自転車にそんなお金を・・・」と思われるレベルなのかもしれません。

また、ロードバイクに乗っている人の目線で見ても「ESCAPE Airなんていうクロスバイクにお金をいくら使ってもクロスバイクはクロスバイクでしかないので、ロードバイクが欲しいならさっさとロードバイクを買った方が良い」とか「安物自転車のESCAPE Airを改造しても無駄」などの意見が聞こえてきたりもしますが、自転車はあくまで趣味の世界であり、レース等に出ない身としては「自己満足の世界」「ルール内なら自分が良ければそれで良い」を言い訳に、改造に次ぐ改造を繰り返してきました。

そんな僕がクロスバイクのESCAPE Airの改造やカスタマイズを続ける理由についてまとめてみたいと思います。

クロスバイクの改造がエスカレートしていく流れ

クロスバイクの改造がエスカレートしていく流れ
改造がエスカレートしていく流れの一例です。

変速時のギアの繋がりの悪さが気になる。
スプロケットをクロスレシオなものに交換

更に繋がりの良さを求める

8速ではギアが足りないのでコンポーネントを10速に換装。

ギアの繋がりの良さに感動。
同時にシフター交換した際に、ギアチェンジの感じがガッチャンガッチャンからスパッスパッという感じに劇的に変わって感動。

パーツを換えれば別の自転車のようになることに気付き、他のパーツも気になり始める。
手軽なのでペダルをビンディングペダルに交換。
まったく別のペダリングでまたしても別の自転車になったかのような感動。

タイヤとホイールにも興味を持つ。
ロード用ホイールを購入して、タイヤも28Cから23Cに。
走りが劇的に変わってまた感動。

という感じで徐々に改造沼にハマっていくのです。
スポーツバイクってちょっとしたパーツの違いでもすぐに体感できるレベルで違いがわかるため、改造、カスタマイズが非常に楽しいのです。

クロスバイクを改造する理由

僕がクロスバイクを改造・カスタマイズする理由

クロスバイクの走りをロードバイクに近づけたい

ノーマルだと次第に満足できなくなる

クロスバイクのESCAPE Airもスポーツバイクの端くれですから、ママチャリやシティサイクルと比較すると、漕ぎ出しの軽さやスピード感はまるで別物です。

はじめて僕がクロスバイクのESCAPE Airに乗った時の感動した時の思いは今でも覚えていて、そこから自転車の楽しさを知り、僕の自転車ライフのスタートとなった大切な自転車でもあります。

基本的には快適にサイクリングできるクロスバイクですが、シフトチェンジの際のスムーズさ加減や、見た目の安っぽさなど、自転車に関する知識が増えるにつれ、徐々に不満を感じ始めたりするのです。

クロスバイクのESCAPE Airに標準で取り付けられているパーツは、値段相応のものばかりで、正直なところ性能の高いものではありません。フレーム以外のパーツを個別で購入したとするなら、全部込み込みでも1万円程度もあれば揃えられそうなパーツばかりです。

スポーツバイクのパーツの性能は基本的に価格に比例するので、高級なパーツを組み込んだロードバイクと比べるとクロスバイクのESCAPE Airの性能は大きく劣ってしまいます。

逆に言えば、クロスバイクのメインの用途で考えれば、その程度のグレードのパーツでも良いわけですが、個人的にはパーツのグレードや性能に不満があり、そんな不満を解消して、性能をロードバイクに近づけたいという思いから改造やカスタマイズを行なうようになったのでした。

パーツのグレードアップで性能はアップする

改造、カスタマイズするとクロスバイクでもロードバイクのような性能になるかと言う点については、結論から言えばクロスバイクはどこまで行ってもクロスバイクでロードバイクにはなりませんが、性能的な面ではパーツをグレードアップさせるたびに、確実に性能アップしてロードバイク的な走りができるようになるのは確かです。

しかし、DURA ACEをインストールすれば良いかと言えばそういう問題ではなく、ある程度グレードアップさせるとフレームとコンポーネントとのバランスが悪くなってきてしまうのです。それは軽自動車に3リッターのエンジンを積むようなもので、結局バランスが悪くなり、性能を活かせなくて勿体ない組み合わせになると思います。

ほどほどというのがクロスバイクの改造、カスタマイズでは大切だと思うのです。

クロスバイクの見た目をスポーティでカッコ良くしたい

性能の向上もさることながら、見た目の向上も僕にとっては非常に大切でした。どうせ乗るなら自分がカッコいいと思える自転車に乗りたいです。

クロスバイクのESCAPE Airの見た目はあまり高級感がなくそんなにカッコ良くありません。実際に安いクロスバイクなのでしょうがないのですが、取り付けられているパーツの質感が非常にチープに感じられました。特にシルバーのパーツは目立ってチープな感じがあったのでまずはシルバーのパーツを中心に換装して見た目の変化を図りました。

パーツ換装の流れの例

まずは手軽に交換できるグリップから改造。

エルゴングリップとか、幅広いものが楽だと知り取り換える。

バーエンドバーを付けると、ポジションが変えられて楽になると知り付けてみる。
見た目が水牛みたいになる。

バーエンドバーはマウンテンバイク寄りの見た目になるので外したくなる。
バーエンドバーを持てばブレーキやシフターから手が離れてしまうので次第に使わなくなる。

バーエンドバーを外す。
【参考】クロスバイクにバーエンドバーを取り付けたけど取り外した理由

交換してオリジナルよりも太くなったグリップも気になり始める。
細い方がカッコ良いなあと思い取り外してバーテープに変更する。
【参考】クロスバイクのフラットバーにはバーテープがお勧め

ついでにハンドル幅が狭い方がカッコいいのでハンドルをカットする。
黒いハンドルに換える。
【参考】クロスバイクのハンドルを短くカットしてみた結果と作業のポイント

ハンドルが黒なのにステムとヘッドセットがシルバーなのはバランスが悪いので黒に換える。

シートポストとシートクランプのシルバーも気になるので黒に換える。

シフターとの揃いが悪いのでブレーキレバーも換える。
併せてブレーキ周りも換える。

サイドスタンドも必要なかったので外す。

自転車の顔であるクランクが安っぽくてカッコ悪いので性能アップも考えて黒いパーツのある105に換える。

タイヤとホイールがは効果の大きい改造と知りタイヤとホイールを換える。

というような感じです。

ポイント

ブレーキ
ブレーキに関しては、シフターとの合わせが悪かったので換装してみたのですが、ほとんど見た目が変わらないので換えなくても良かったと思っていたりします。ただしブレーキもグレードが高くなれば効きは全く違ってきます。

黒いパーツ
黒いパーツは安物でも、それほどチープな印象がなくて好きです。
ただ、適当に揃えるのではなくシートポストとステム、ヘッドセット、ハンドルのメーカーが揃ってる方が見た目も統一感が出てカッコいいです。

僕がクロスバイクを改造・カスタマイズする理由まとめ

僕がクロスバイクを改造・カスタマイズする理由まとめ
クロスバイクをいくら改造、カスタマイズしても限界があるとか、素直にロードバイクに乗ればいいとか、いろいろな意見はありますが、所詮は趣味の世界の自転車弄りなので、いろいろなルールを犯さない限りは自己満足で突っ切ってしまって良いのだと思っています。

スポーツバイクに乗るという本来あるべき楽しみの他に、弄るという楽しみ方もあるわけですし、どの方向に向かうかは人それぞれの価値観な訳です。

そんなわけで僕自身、自転車の改造、カスタマイズをあまり積極的に人にはお勧めしたりはしませんが、改造、メンテナンスを趣味にすれば、自転車のメンテナンスは自分でできるようになりますし、自転車への愛着も湧いて来ます。

調子が悪いのは自分の技術不足だったり、メンテナンス不足だったりして反省し、もっと勉強しようと思いますし、調子が良ければムフフと妙に嬉しくもなってしまうのです。

クロスバイクを購入した当初はそんなことは考えてもいませんでしたが、改造、メンテナンスという行為は自転車ライフをより一層楽しくしてくれるものだと思います。

もっともっと自転車に詳しくなりたい、もっともっといろいろな変化を楽しみたい。そしてもっと楽しく自転車に乗り続けたい!

そういう気持ちが僕をクロスバイクのESCAPE Airの改造に駆り立てる一番の理由であるように思う今日この頃です。

Comment

  1. ピグモン より:

    はじめまして。 大変興味深い記事だったので、書かせて頂きます。 
    私もクロスバイクを約二年ほど乗っていまして
    ここ最近ロードに乗り換えましたが、正直オールマイティーに、使えるのはクロスバイクだなと感じております。親しみやすいフラットバーや
    肩肘張らず通勤や街中 ちょっとした遠出など 少し飛ばして見たいなど、ロード買ってみて改めてクロスバイクの良さを感じております。 少し勿体ないですが、フラットバー化にしてみようと考えてます。
     競技に使わないならロードバイクに拘る必要もないなと感じました次第です。(^^)

    • escape air より:

      ピグモンさん
      最近はそういう流れもあるのでしょうか、フラットバーロードやシクロクロスなども人気のようですね。自転車は用途に応じて乗り分けるのが一番なのでしょうが、クロスバイクは確かにオールマイティでその範囲も広いのでドロハンへの拘りやレース志向、超ロングライドなどを考えなえれば、クロスバイクで充分、いや、クロスバイクの方が良いのかもしれませんね。

  2. 全く同感ですね より:

    プロのレーサー目指して人生かけて取り組んでるならまだしも、あーだこーだ言ってるほとんどが所詮、趣味。
    我流のクロス乗ってても、本業でプロのレーサーと一緒に仕事したことあるよーな人の方が絶対カッコイイと思う。本業に情熱燃やせる人は趣味にそこまではまらないから、自己満足で十分。

    何百万のロード乗りが何十万のロード乗りを見下し、その憂さを何万のロード乗りにぶつける見苦しい趣味の食物連鎖。
    プロから見たら所詮、どれも大したことないでしょ。

    • escape air より:

      楽しむことが一番の基本で居たいですよね。
      楽しむ事だけはプロに負けないようにしたいと思います。

  3. とっぴん より:

    そうそう、私たちは楽しんでいるんです。
    どの部品を何に取り換えようかと、いろいろ考えている時間が楽しいし、実際に作業して問題にブチあたり、それを解決することが楽しいのです。
    それにクロスバイクの改造をすると、いろいろ勉強になります。
    私はクロスバイクに、ロードバイク用の部品(105)を取り付けました。
    その時、エンド幅に130mmと135mmがあることを初めて知りましたし、クロスバイクはどう改造しようがロードバイクにはならないことも知りました。
    それでも改造はできるし、105を組みつけた愛車はちゃんと走っていますよ。

    • escape air より:

      とっぴんさま コメント有り難うございます。
      バイクや自動車などと同じく、整備、メンテナンス自体に楽しみがあるのですよね。
      僕自身も弄ることで沢山のことを学びましたし、きちんと整備、カスタマイズするためには問題にぶつかって勉強しなければいけません。まして自分が乗る物ですからいい加減な状態では乗りたくないのでなおさらです。
      今後ともよろしくお願いいたします。

  4. うーみん より:

    楽しくみさせていただいております。
    私もクロスバイクを今年始めましたが、最近物足りなくなり、いろいろ改造を
    検討しており、参考にさせていただいております。
    本当はロードバイクにしたいですが、賃貸マンション住まいで転勤族のため、
    2台目はもてません。
    ちなみに2台目を購入したら妻に詰められます。
    そのため今の自転車(ビアンキニローネフラットバー)の改造を画策中。
    これからも楽しみにさせていただきますのでよろしくお願いします。

    • escape air より:

      うーみんさま
      有り難うございます。
      クロスバイクからロードバイクへのチェンジ、僕も同じく家庭の事情等で見送っている最中です。
      奥さんとの調整しかたないですよね(苦笑)
      僕が言うのも変ですが、魔改造へ走らずとも、ホイールとタイヤの交換だけでも随分違いますから是非お試しを。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑