*

クロスバイクやロードバイクでサングラス・アイウェアは必要か?

公開日: 自転車用品

自転車に乗るのにサングラス・アイウェアは必要か?

ロードバイクやクロスバイクに乗る際に、快適な走りを追求したりして、凝れば凝るほど段々と装備品が増えてくるわけですが、別に無くても良いんじゃないかと思うものの筆頭は、サングラス、つまりはアイウェアだと思っていました。

思っていました。と過去形になっているのは、結局のところロードバイクやクロスバイクに乗り続ける上でサングラスは必要だと思ったので自転車用のサングラスを購入したからなのですが、ロードバイクやクロスバイクには不必要だと思っていたサングラスを何故購入したのか、何故必要と思ったのかその理由について書いてみようと思います。

自転車用サングラス(アイウェア)を購入した理由

自転車用サングラス(アイウェア)を購入した理由

飛来物から目を保護する

僕が自転車に乗る際にサングラスを必要だと感じた一番の理由は、走行中に小さな虫が目に入る、あるいは入りそうになることが度々あるからでした。

田舎に限らずで、東京都内の道を走っていても意外と虫は居るものなのです。
カナブンなどそれなりに大きさのある虫がブーンと飛んできて走行中に「うわっ」と思ってしまうこともそんなに珍しいことではありません。

また、虫だけでなく、突風などで吹き上げられた砂埃や、ダンプカーなどが舞い上げた砂利などに見舞われることもあり、それらは快適なサイクリングをする上で、出来れば避けたいことだったりもするのです。

それなりのスピードで走っている際に虫や砂埃に見舞われると、安全なサイクリングが出来ず、時として危ない目にも遭う可能性もありますから、できるならそのような事態は避けたいと考えています。

自転車用サングラスの大きな目的の1つとして、目の保護が考えられると思いますが、実際問題でサングラスを掛けてれば虫や砂埃、砂利などはほとんど気にかけなくて良くなります

それだけで、快適なサイクリングを行うにはサングラスは必要不可欠なものだと言えるでしょう。

防風対策

ロードバイクやクロスバイクに裸眼で乗っていると涙が出てきます。
いわゆる二輪車であるバイクなどでも同じですが、走行中はしっかりと周りを見る為に目を見開いていたりします。

その状態で走り続けるわけですから、基本的には目が乾燥してしまうので、必然的に涙が多く出てしまうわけです。

号泣するほどの涙は出ませんが、いい歳をしたおっさんが自転車に乗りながら涙を流していたりすると今の世の中だと案件にもなりかねませんから、出来るならそんな無駄な涙は流したくありません。

バイクなどのゴーグルと同じような役割をしてくれるのがサングラスで、自転車用のサングラスをすれば、風をカットしてくれて目が乾燥することもなく、涙無しの視界良好な快適なサイクリングが出来るのです。

逆光や照り返し対策で視界をクリアにする

自動車を運転している時は、夕暮れ時などに太陽が正面にあると眩しくて運転しづらい時がありますが、自転車の場合も同じです。

自転車の場合でも逆光になってしまうと眩しくて視界が悪くなりますし、路面などの照り返しが激しいと、道路の状態が良く見えなかったりするのです。

そうすると、道路に開いている穴や、障害物などにも気付くのが遅くなりますから、危ない目にも遭いやすくなります。

実際にサングラスを使用してみるまではなかなか実感しづらい部分でもありますが、いざ使用してみると、もうサングラス無しで自転車に乗りたくないなと思わせるくらい、サングラスを掛ける動機としてはかなり大きな部分になります。

ファッション要素や見た目の問題

ロードバイクやクロスバイクに乗る際に、ヘルメットを装着するとキノコのように頭でっかちになりがちです。ヘルメットを被った分、顔全体が長く見えてしまい、なんだか間抜けな感じがしてしまうのです。

見慣れてくればどうでも良い問題ではありますが、せっかくカッコ良いロードバイクやクロスバイクに乗っているのですから、それに乗っているおっさん自体も出来るだけカッコ良くなった方が良いはずです。

ヘルメットで間延びしてしまった顔どうにかしたいと考えた時に、サングラスが非常に役に立ちます。

ヘルメットとサングラスが合わさると、不思議とイケてるサイクリストに見えてくるものなのです。

実際は貪脚で全く速くないのに、すごく速そうな人に見えちゃんと自転車に乗ってますよ的な雰囲気が出てきて、脱素人感なカッコ良さが出てきます。

だから何だ?と言われればそれまでですが、気分というのは非常に大事だと思います。

停車時も安心

僕の場合、街乗り中心のサイクリングなので、基本的には車や信号の多い場所を走ることになります。

そんな中でいつもいつも嫌だなぁと感じているのは、信号待ちの際に、自動車の運転手や他の自転車乗りと目があってしまうことです。

日頃から人と目を合わすことが好きではないので、出来るだけそのような気まずい状況は避けたいと思っています。

そんな問題を解決するのにサングラスはかなり好都合だったりするのです。

サングラスのお陰で、信号待ちの際に、隣に自動車や自転車乗りが居たとしても、何喰わぬ顔でやり過ごすことができます。

自転車に乗る際にサングラス(アイウェア)は必要かのまとめ

自転車に乗る際にサングラス(アイウェア)は必要か

ロードバイクやクロスバイクを快適に乗ろうと思えば思うほど、最初は絶対に必要の無いと思っていたモノでも、いつの間にか必需品になり、気が付くといわゆるサイクリストと呼ばれるような方々と同じような服装や装備に落ち着いていきます。

自転車用のサングラスもその中の1つで、最初は要らないと思っていたものの、今では僕にとってはサイクリングに必要なものとなっています。

出来るだけ身軽にして余計なモノを排除したくなるロードバイクやクロスバイクのサイクリングにおいて、多くの人が装備しているものは、やはりそれなりに実用的な意味のあるものが多いと感じています。

自転車用サングラスの場合も、ファッションの要素も多少なりにあるとは思いますが、サングラスをするとカッコ良いという理由だけではなく、実用上の理由の方が実際問題で大きく、サイクリングウェアやグローブ、ヘルメットなどと同じように、一度使ってみると、その必要性や使用した時の快適さが理解出来るようになります。

一度それを覚えてしまうと、その後はそれ無しでは自転車に乗りたく無いと思ったりして、次第に乗る前の準備が大変になってきたりしますが、ちゃんと装備をすると「さあ乗るゾ!」というスイッチが不思議と入るのですよね。

快適な自転車ライフを手に入れるために、自転車用サングラスを検討してみてはいかがでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑