*

ロードバイクやクロスバイクで走る際に注意すべき車道にある危険ポイント

公開日: 交通安全・危険防止, 自転車全般

自転車乗りは気をつけたい車道の危険ポイント

日頃のネタ探しで自転車関連の話題やニュースを拾い集めていると、よく目にするのが事故のニュース。

自動車に比べれば死亡事故などは少ない自転車ではありますが、それでも死亡事故のニュースも頻繁に目にします。

そして自転車事故のニュースでは、交差点で左折する車との巻き込みや、縁石などで転倒などという事故がかなり多いことに気が付きます。

実際問題で、僕自身がクロスバイクのescape airに乗る際にも危ないなと思うのは、交差点付近であったり、道路状況の悪い中でバランスを崩したりするような時だと感じています。

そんなわけで、自転車で車道を走っている時に「危ないな」と感じる危険ポイントについてまとめてみました。

車道を自転車で走っていて危険だと思うポイント

自転車の危険ポイント1:グレーチング

車道を自転車で走っていて危険だと思うグレーチング

自転車で車道を走っていて、危ないなと思うもののでアンケートをとったとしたら、トップになりそうなのが言わずとしれたグレーチング。

一昔前は横線の無いものも多く、タイヤ幅の細いロードバイクやクロスバイクなどのスポーツサイクルのタイヤが隙間にハマるなどの事故もあったようです。

現在では格子状のものがほとんどで、仮にグレーチングの上をとってもタイヤがハマってしまうことはほとんど無いと思われますが、場所によってはグレーチングの間に出来た隙間が大きい場所もありますから、タイヤがハマってしまう可能性はゼロではないと思います。

さらに、雨などで濡れていた場合は滑りやすいため、出来るなら避けて通りたいポイントです。

自転車の危険ポイント2:マンホールの蓋

自転車の危険ポイントはマンホールの蓋

車道でも時々見かけるマンホールの蓋。
通常走る分にはあまり問題になりませんが、雨が降った後などは非常に滑りやすくなってしまうポイント。

マンホールの上でブレーキをかけたり、ハンドルを切ったりするとズルっと滑ってしますので注意が必要です。

自転車が滑りやすい縦長タイプのマンホール

一般的なマンホールの蓋は円形ですが、場所に寄っては縦長の大きなものも存在します。円形のものに比べて面積が大きいので、より滑りやすい危険ポイントと言えると思います。

自転車の危険ポイント3:荒れた境目

自転車の危険ポイントは荒れた境目

路肩のコンクリートと道路のアスファルトの境目が荒れている場所は、タイヤがハマってしまいハンドルを取られやすい危険なポイント。

上記の写真の程度ならまだ問題ありませんが、アスファルトが無くなって穴が掘れているような場所や沈下してしまったような場所は少なからずあります。

ロードバイクやクロスバイクの場合、タイヤが細いので特に段差に弱く、乗り越えられなくてバランスを崩したりなどのトラブルが発生しやすい危険なポイントです。

自転車の危険ポイント4:砂利

自転車の危険ポイントは砂利

ロードバイクやクロスバイクなどの細いタイヤの場合、カーブ等で砂利が落ちていると、ズザザザザザーッ!とタイヤが滑ってしまうこともあります。

特に、雪が降った後や大雨の後などは、自動車のタイヤチェーンなどで地面が削られたり、砂利が運ばれてきたりしているので、いつもよりも多めの砂利が発生している場合も多いです。

そんな時に曲がる際にスピードを落とさずカーブに入ったりすると砂利で滑ってしまい転倒してしまこともあるような危険ポイントです。

ちなみにカーブを曲がる時にスピードを落とさず、かつペダルを漕ぎながら曲がろうとすると、自転車を斜めに倒した時にペダルが地面に当たってしまうので注意が必要です。

カーブを曲がる時には極力スピードを落とす、というのを基本にしたいところです。

自転車の危険ポイント5:縁石の段差

自転車の危険ポイントは縁石の段差

車道から歩道に上がる部分にある、縁石の段差も転倒してしまう可能性のある危険ポイント。

自転車は車道を走るのが危険だと判断した場合に、歩道を走ることもできますが、歩道と車道との間にある縁石の小さな段差をロードバイクやクロスバイク等の細いタイヤでママチャリと同じように斜めに乗り超えようとすると、段差を乗り越えられずに、タイヤが段差に添って横滑りしてしまうことがあります。

当然バランスを崩して転倒してしまう場合もあり、段差への入り方には注意したいところです。

自転車の危険ポイント6:縁石の段差2

自転車の危険ポイントは縁石の段差

通常走る場合はあまり危険でもないのですが、左側に寄り過ぎるとペダルが縁石と擦れたり、縁石に当たったりしてバランスを崩すこともあります。

背後から車にプレッシャーをかけられると、恐怖心からなるべく左側を走りたくなるものですが、左側に追いやられた場合はペダルを漕がずに惰性で走ってプレッシャーから抜けた段階でまたペダルを漕ぎ始めるというのが良いと思います。

自転車の危険ポイント7:左折車の横

左折車の横
交差点付近で左折する車の中腹あたりに居る時は、巻き込み事故に遭う可能性があり非常に危険です。

とりわけ、大型車などの横に付けると死角に入ってしまうだけでなく、内輪差が大きいため、かなり危険なポイントと言えるでしょう。ニュースなどでもよく目にするのが交差点での左折車との事故で、自転車が大型車の横に居て死角に入っていたために起きたような事故が多いと思われます。

交差点付近で信号待ちの車の列が出来ていると、気分的には左側の隙間を直進したいところですが、無理な直進はしようとせず、交差点付近で左折しようとする車には近づかないのが良さそうです。

車道を自転車で走っていて危険だと思うポイントまとめ

車道を自転車で走っていて危険だと思うポイントまとめ

自転車は車道を走るのが原則ですが、実際問題で危ないなと感じるポイントは意外と沢山有ります。

とかく、自転車は段差に弱いのに対して、車道には段差も沢山存在します。ロードバイクやクロスバイクなどのように細いタイヤの場合はなおさらで、ちょっとしたことでバランスを崩してしまうことも多いです。

車道には自転車にのって危険なポイントがあるよということをまず基本的なこととして頭において、危険ポイントになるべく近づかないということを意識するというのも安全に自転車を乗るのに必要なことじゃないかなと思ったりもします。

以上、自転車に乗って車道を走っていて感じる、危険なポイントについてまとめてみました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑