*

自転車用の財布を選ぶならコレ!ってやつを探してるのサ

公開日: バッグ・財布, 自転車メンテ・改造

自転車に乗るのに相応しい財布を探す
自転車に乗る時って、財布が邪魔になるよね!
ってことで自転車に乗る時に相応しい財布を捜しています。

自転車に乗車する際に財布は邪魔になる

日頃のメインの財布も自転車に乗る時は不便

クロスバイクやロードバイクに乗っていると、お財布って結構邪魔になります。

例えば僕が日常でメインに使っている財布は革の長財布。
キーホルダーなんかにもジャラジャラと鍵がぶら下がっています。

日常ではお気に入りで使っている財布でも、ひとたび自転車に乗れば、急に厄介なものに変わります。
例えばこんな感じ。

・お尻のポケットに入れづらい
・お尻のポケットに入っても抜け落ちそう
・お尻のポケットに入れると座りづらい
・サイクルジャージが膨らんでみっともない
・汗をかいたら最悪
・バッグに入れたら取り出しが面倒

財布のことで自転車に乗る度にストレスを感じるようになっていたので、ここらでベストな自転車に乗る時に際的な財布がないか探してみることにしました。

僕が欲しい自転車に乗る時の財布の条件

僕が自転車に乗る時に使いたい財布の条件を優先順に書いてみます。

・小さくて薄い
・お札、カード、小銭が入る
・鍵も持ち運べる
・デザインが良い
・マジックテープじゃない
・防水仕様

要するに、なるべく普段と同じ程度に中身が入って、小さくて薄くてポケットに入れても邪魔にならず、目立たない、そんな財布が有れば良いなというわけです。

自転車用の財布を捜して見つけた気になる財布たち

そんなわけで、僕の好みにあてはまりそうな、自転車用(自転車に乗る時用)に良さげな財布を探してみた結果。

MANHATTAN PASSAGE(マンハッタンパッセージ) ポケレット ターポリン

この財布の一番の特徴は、素材がターポリン。
運動会で出て来るテントと同じ素材だそうで、防水性あり。
汗をかいても平気な素材は自転車乗りにとっては魅力的な財布の条件の一つ。
Amazonでの人気・評価ともに高い。
サイズ:13×10cm

(マンハッタンパッセージ)MANHATTAN PASSAGE 二つ折り財布 2310 フォールディングウォレット

上記と同じくマンハッタンパッセージの財布。
上記が三つ折りなのに対して、こちらは二つ折りなので、サイズは同じでも厚さが薄くなります。マジックテープではないタイプ。
サイズ:12×10cm

マジックテープを嫌うとこのタイプを選択することになると思いますが、留める部分が無いので、ヨレたり、開いたりするのは覚悟しなければいけません。生地にコシがあるうちは問題なくても使い込むと、うっかり開いたタイミングでバラバラ中身がこぼれてしまうこともありそうです。

OUTDOOR PRODUCTS 財布 クラシックラウンドZIP 二つ折り財布

マジックテープは絶対イヤ!
って場合はジッパー式のこの財布が候補。
デザインもOUTDOORらしくポップで可愛い感じも悪くない。
サイズ:13×10cm

縁(へり)も補強されていて長く使えそうで、自転車に乗る時に限らず、普段使いでも全く問題ない感じが素敵。

(チャムス) CHUMS Eco Small Wallet (スモールウォレット) CH60-0852

自転車乗りの間でも愛用者の多いチャムス。
カラーバリエーションも多くて可愛いデザインも魅力。
サイズは12×8cmで、他の物よりも若干小さめ。

(チャムス) CHUMS Eco Key Coin Case (ナイロン キー コインケース) CH60-0856

上と同じくチャムスのコインケース。
サイズは11×7.5cmで、これらの中では最小。
機能的には最もシンプルで収納力にも劣るのですが、ネットで調べた限りでは、自転車乗りの方で使用されているのが圧倒的に多かったのがコレ

自転車に乗車する際の財布を捜しているまとめ

他にもいろいろメーカー品、ブランド品など沢山ありましたが、基本的にはどれも似たり寄ったりで、絞った結果が上のような感じ。

定番サイズは12×10くらいで、官製ハガキのサイズが14.8×10なので、それより少し短いくらいをイメージすると分かりやすいかも。

収納力を考えれば、このサイズの三つ折りタイプを選ぶのが間違いないなと思ったものの、それだと結局ポケットを膨らませてしまうので、バッグに収納が基本になります。

しかし、それだと意味が無い・・・。

割り切りが大切だと思います

そんなわけで最初は全く眼中になかったコインケースですが「自転車 財布」などのキーワードで検索して、最も多く使用例が見つかったのがチャムスのコインケース。

みなさんウォレットではなくコインケースを選択した理由が収納力よりもコンパクトさを重要視しての選択のようでした。

確かに、クロスバイクやロードバイクに乗る際には、なるべく荷物は少なくしたい、というのが本当のところで、出来るならば、バッグすら携帯したくないものですよね。

そのためには、やはり財布自体の収納力は割り切って考えて、必要最低限のお金と最低限のカード類が収納出来ればそれで良し!と考えるのが、正しい選択をするポイントかもしれません。

実際問題で、日常使いの財布の中には、カード類が沢山ありますが、自転車に乗る時に必要なカードは殆どありません。また、今はICカードにチャージしておけば、大概のコンビニで使えますから、小銭を持ち歩く必要もありません。

そういう割り切りが出来れば、自ずと買わなきゃいけない自転車用の財布が何なのかも見えて来るように思います。

関連記事

自転車乗りに評判の財布CHUMSのエコキーコインケースを買いました

Comment

  1. air より:

    財布って最初は盲点になりますよね。
    普通にジャージのポケットに入れっぱなしに
    して長距離ライドした後とかかなり悲惨な
    ことになってましたw

    直接肌に触れなければいいってことでリュックに
    入れていたんですが、ジャージとリュックを超えて
    汗がしみこんで財布の中のお金が汗でぬれていた
    時には最初ペットボトルが中で割れたか漏れたか
    したのかと思いました。

    リュックに白い汚れがついてそれが汗
    (いわゆる潮汚れ)と指摘されてようやく気づいた
    経験があります。

    ロングライドの財布はしょぼいものの方がいいですね。

    • escape air より:

      air様
      コメントありがとうございます。
      そうですね、自転車用の財布を探しはじめるのは盲点故、かなり後回しな気がします。
      ちゃんとした財布である必要はなくて、必要最低限のものが持ち運べたら良いというような考えで選択することが大切かもしれませんね。その究極が100円ショップのジップ付きのビニール袋だったりするのでしょうけど(笑)
      財布に限らず、自転車と汗の問題の良いクリアの仕方も考えてみたいところです。

  2. TREK より:

    ベルロイのelementシリーズも良いですよ。
    アウトドア財布なのに本皮でできてます。

    • escape air より:

      TREKさま 情報有り難うございます。belloyの広告もよく見かけるので気になるところでした。アウトドア製品で革製は珍しいですよね。公式ページでも「サイクリスト」を意識した感じですよね。気になるのは防水性ですが汗って大丈夫なんでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑