*

自転車盗難情報サイトの情報から分かる自転車盗難被害の傾向と対策

公開日: 盗難対策, 自転車全般

151008_03

ロードバイクやクロスバイクに限らず、自転車に乗っていて、つきまとうリスクの一つが盗難被害。

ロードバイクなどは高値で売りさばけるので、バイクなどと同じくプロの窃盗集団による盗難も多く、どんなにしっかり施錠していても、盗まれる時は盗まれる、というものでもあるのですが、きちんと対策しているかどうかで、そのリスクも大きく変わってくるものと思います。

そこで、盗難に対する対策を練るために、自転車盗難情報サイトで公開されている「自転車が盗難された時の条件や施錠方法」などの情報を調べて、盗難被害に遭わない為の傾向と対策を考えてみました。

自転車盗難被害の情報

自転車盗難情報サイトに登録されている自転車の中から、ロードバイクやクロスバイクに車種を絞って、約100台の情報から、施錠方法と盗まれた場所について調べた結果が下記になります、

自転車盗難被害に遭った際の施錠方法

151008_01

ワイヤーロック

crops(クロップス) Q3 SPD08/Φ3×1800mm レッド

約半数がワイヤーロック。
しかし早合点してはいけないのが、使用している人の数が多ければ、被害に遭う人の数も多くなります。

なので、ワイヤーロックをしていたにもかかわらず盗難被害に遭った人が多いからといって、一概にワイヤーロックだと被害に遭い易い、という判断は出来ません。

ただ、上記の結果を見てみると切断し易い順と考えることができるようにも思います。

ワイヤーロックは、クルクルと丸めて、自転車のフレームに付けられるので、携行に便利で、利用者もダントツに多いものと思われますが、ワイヤーカッターがあれば簡単に切断できるという弱点があります。

自転車を盗む人からすると、ワイヤーロックだけで施錠されている自転車は、非常に盗み易い自転車、と言えるのかもしれません。

対策

極太のワイヤーロックもありますが、一度に切断できない、というはなしであって、チビリチビリとやれば切断できるのがワイヤーロック。

用途として、コンビニなどに立ち寄った際の、短時間の盗難対策用として活用すべきであって、駐輪場などでの長時間保管の場合は、地球ロックするためのサブとして利用するに留めて、別の施錠方法をメインにした方が良さそうです。

チェーンロック

I live(アイリブ) I live LOCK reflect [アイリブ ロック リフレクト] φ18×1200mm

ワイヤーロックに次いで多いのがチェーンロック。
ワイヤーロックと同様に、利用者が多い施錠方法でもあるので、数が多いからといって、一概に盗まれ易い施錠方法とは言い切れません。

しかしながら、チェーンロックもワイヤーロックと同じく、切ろうと思えば簡単に切れるそうですし、自転車泥棒の間では、盗みやすい施錠として認識されているかもしれません。

対策

ワイヤーロックと同じく、短時間での駐輪の場合に活用する。長時間保管の際は地球ロックするためのサブの施錠として使用して、メインは別の施錠を考える。

無施錠

意外と多かったのが無施錠。
自宅駐輪場だったからとか、コンビニに立ち寄った時など、油断していたために盗まれたというケースが多いようです。

対策

施錠しない、ということは、「持ってけドロボー!」という言ってるようなものなので、「盗まれる方が悪い」と言われても仕方ないレベルかも知れません。

自転車を離れる時は必ず施錠するということを徹底するしか無いと思います。。

その他

ダイアル式のロックを使用していたという情報も多かったです。回していればそのうち開いてしまいますから、長時間自転車から離れる際には使用しない方が良いかもしれません。

しかし、僕が思うに、盗む人がいちいち番号を回して解錠するような悠長なことをするようにも思えないので、鍵式でもダイアル式でもリスクは同じように思います。

ただ、ダイヤル式でやってしまいがちなのは、自分自身がめんどくさくなように、下一桁だけ回転させるという方法です。

心当たりがある人も多いと思いますが、当然、泥棒はそのあたりも知っていることなので、そのような施錠をしている人は、無施錠と変わりが無い、と思っておいた方が良いと思います。

長時間自転車から離れる場合は、ツーロック(2つ以上施錠する)を基本として、ブレード式やU字ロックなどの、切断されづらいタイプの鍵をワイヤーロックなどと併せて使用するのが良いと思います。

ブレード式の鍵については、僕自身の購入経験を踏まえて、下の記事でも触れているので、興味の有る方は読んでみても良いかもしれません。
自『転車盗難防止と携行に便利なtateのフォールディングロック コンボ LKW17602を購入』


自転車盗難被害に遭った場所

どういう場所で盗難被害に遭ったのかも気になるポイントだったので、調べてみました。

151008_02

上記のように、どの場所でも大差がありません。つまり、どんな場所でも油断しては駄目、ということだと思います。

路上

買い物のついでや、食事のついでに、道ばたに立て掛けておいたりした結果、盗難被害に遭ったというケースです。

このケースで多かったのが、ちょっとしか離れない、家の近所だったなどの理由で、無施錠のまま自転車から離れるなど、油断が招いた被害でした。

対策

ほんの少しだけしか離れない、目が届くような場所、人通りが少ない時間や場所だったとしても、無施錠は有り得ないと思い、施錠する習慣をつけるしかないと思います。

駐輪場

駐輪場に停めておいて盗難被害に遭うケースも多いようです。
ある意味自転車の宝庫ですし、売れそうな自転車を物色するには、駐輪場以上の場所は無いのかもしれません。

自転車を物色していても、全く不審に見られませんし、仮に「不審だな・・・」と思っても、ほとんどの人が自分の自転車に何かをされているのでない限り、スルーするのではないでしょうか。

そう思うと、駐輪場は絶好の狩り場なのかもしれません。実際問題で僕の知り合いが盗難被害に遭ったのも全て駐輪場でした。

対策

最近の駐輪場は、駐輪すると、輪留めが出て来て持ち出し出来ないようになっていたりします。それに安心して前輪に施錠をしなかったりして、そのまま前輪以外を持ち去られるなども多いようです。

有料駐輪場だと、なんだか安心出来そうな気がしますが、油断せずに、路上に駐輪するのと同じように、何らかの施錠するなどで対策をしておいた方が良いと思います。

自宅駐輪

マンションの駐輪場などで盗難被害に遭うケースも多いようです。

自宅マンションでの盗難被害に遭うケースは、日頃から同じ場所に停められていて、目星を付けられるのか、ツーロックなどの通常よりは対策をしっかりとしていても盗まれたという情報が多かったです。

対策

同じ場所に停め続けないようにして、目星を付けられづらくするような対策が必要と思います。

また、最近の分譲マンションなどでは、屋内駐輪場も珍しくなくなっていますが、部外者が入り込もうと思えばいくらでも入り込めるので、油断せずに施錠はしっかりとしておく、ということも必要だと思います。

自転車盗難に関するサイト

盗難被害に遭うまでは、こういったサイトを見る事も少ないとは思いますが、こういうサイトがあるという事を知っていれば、盗難被害に遭った際には、心強い味方になってくれるかもしれません。

自転車盗難情報サイト

盗難自転車情報検索・盗難対策サイト 【CSI 自転車特捜24時】
盗難情報や盗難対策などの情報が沢山。

ロード・MTBの盗難情報(twitter)
盗難情報を共有する事で、被害自転車の発見や注意喚起に活用出来ます。

中古部品・パーツ・自転車販売サイト

自転車のパーツを販売されたりしないように、盗難されたらヤフオクをチェックしたり、中古自転車販売サイトへの情報提供などを行うことで発見に繋がる可能性もあります。

盗難情報について(サイクルハンター)
盗難自転車情報登録(サイクルパラダイス)

自転車盗難被害情報から考える盗難対策

151008_04
施錠する、というのは最低限の盗難防止対策ですが、もう一歩踏み込んで、状況に応じて鍵の種類を使い分ける、ということも大切だと思います。

もしも、自転車泥棒をするのであれば、駐輪場、いろいろなマンションの駐輪場あたりを回って下調べをすると思いますし、ワイヤーカッターがあれば切断出来るレベルの施錠しかしていない自転車を中心に、ターゲットを絞り込んで物色すると思います。

また、売る時のことを考えれば、新しくて綺麗なほど高値で売りやすいでしょうから、購入して間もない、綺麗に手入れしている、などの場合は、より一層注意が必要だと思います。

なので、短時間の駐輪であれば、ワイヤーロックでも良いでしょうが、一時間以上自転車から離れる場合は、ブレード式やU字ロックなどの切断しづらい鍵を選択するのが良いのではないでしょうか。

大切な愛車を盗まれた時のショックは測り知れないと思うので、日頃からしっかりと盗難対策を意識した施錠をしたいものです。

盗難対策まとめ

・ツーロック以上の施錠は基本
・持ち去り対策としての地球ロック
・ワイヤーロックは短時間用
・長時間の場合はブレード式やU字ロックを使う
・無施錠はちょっとの時間でもNG!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑