*

自転車カスタマイズ・改造が趣味な人の裏事情

公開日: 自転車事情, 自転車全般

自転車カスタマイズ・改造趣味の裏事情

愛車であるクロスバイクのESCAPE Airのカスタマイズ・改造もメインと思われるパーツ類の換装が終わり、カスタマイズ・改造以外のことを考えることが多くなっている今日この頃。

それでもまだまだ愛車のクロスバイクのESCAPE Airを使ってやってみたいカスタマイズや改造は沢山あったりして、それらをいつかきちんとまとめたいなぁと思っています。

とは言いつつも、プロショップのスタッフならいざ知らず、あくまでただの素人の趣味の一環ですから、いろいろと事情もあったりして、個々の事情と相談しつつうまく遣り繰りしているというのが実情です。

そんな自転車のカスタマイズ・改造を趣味にしている人の裏事情について、ちょっと書いてみたいと思います。

自転車カスタマイズ・改造を始めたきっかけは?

自転車カスタマイズ・改造を始めたきっかけは

自転車もカスタマイズ・改造するものとは知らなかった

別に工業学校出身でも何でもなく、車やバイクを弄るでもなく、多少工作好きだったのはありますが、クロスバイクのESCAPE Airを購入するまでは、機械いじりに没頭するような生活とは無縁でした。

それまでの僕は、自転車というものは、完成車を買えば後はボロボロになるまで乗り続けて、どこかが壊れたら新しい自転車を買い替えるというママチャリ的な発想しかありませんでした。

そんな僕がスポーツサイクルに興味を持ち始めた頃に、ロードバイクとクロスバイクの違いもよく解らない中で、いろいろと調べていくと、自転車のカスタマイズ・改造は車やバイクなどと比べると構造がシンプルだということを知りました。

また、パーツ自体の値段も安いこともあり、非常に敷居が低く、いろいろと試しながら乗ることができるということも解ってきて、なんとなく自転車弄りは楽しそうだなと思えたのが、カスタマイズ・改造に興味を持った最初だったように思います。

性能に満足できなければ、自転車そのものを買い替えるのではなく、パーツだけ交換して、自分に合った自転車を組み上げて行くということはスポーツサイクルでは当たり前のことではありますが、全く無知だった僕にとっては、まさしく目からウロコだったのでした。

安物でもパーツごとにグレードアップできる安心感

クロスバイクのESCAPE Airの購入を検討している時に、最も心配だったのが、購入の失敗でした。

スポーツサイクルというものに興味を持つまでは、自転車の値段は1万円〜1万5千円だと思っていた僕にとって、5万円〜という自転車の値段は、何も知らずに手を出すには少々ハードルの高いものでした。

それだけ高いお金を出すのに「え?そんな自転車かっちゃったの?」というような失敗をするのが恐かったのです。

それでインターネットを駆使して辿り着いたのがGIANTのESCAPEシリーズで、とりあえずこのあたりを購入しておけば間違い無いだろうというところでESCAPE Airを購入したのです。

ひとまずスポーツサイクルの世界に足を踏み入れて、ハマらなければそれはそれ、ハマってしまってもっと性能の良いモノが欲しくなれば、パーツを換えてカスタマイズ・改造をしていくのも良いだろうと考えたわけです。

数々の自転車カスタマイズ・改造ブログの存在

いざクロスバイクのESCAPE Airを購入して、乗りはじめると、最初こそママチャリとスポーツサイクルとの性能の違いに感動してあちこち乗り回し、スポーツサイクルの世界にグングンと引き込まれていくことになります。

そうしてクロスバイクのESCAPE Airを乗り回していると、そのうち「もっと速く走りたい」「もっと快適に走りたい」というような欲求が出て来ました。

そこで、自身の愛車をいかに速く、快適にできるかを考えるようになり、パーツやポジションなどについて調べるようになってきます。

大変有り難いことに、沢山の自転車カスタマイズ・改造ブログが見つかり、多いに参考にさせてもらうことになります。

特にESCAPE R3などは売れている台数が他のクロスバイクと比べて圧倒的に多いこともあり、インターネットでの情報も多く、また、基本的な見た目や仕様が同じESCAPE Airは、カスタマイズ・改造後にどのような感じになるかも想像しやすく大変助けられました。実際問題で、未だに色々と参考にさせていただくことが多いです。

そういった諸先輩方のブログを見ていると「面白そうだな」「これくらいだったら自分でも出来そうだな」「お〜こんなことまでしてしまえるのか」というところから興味を深め、カスタマイズ・改造が始まるのです。

そんなこんなで、インターネットで得た情報で恩恵を受けたことへの恩返しは、自分自身の経験もまとめて公開して共有してもらうことかな・・・などと考えたのがこのブログを始める切っ掛けだったりもします。

そう思うようになったのは、カスタマイズ・改造を始めて少し経った頃だったので、僕のブログに購入当初の完全にオリジナルな状態のESCAPE Airの写真が無いのはそんな事情もあるのです。

自転車カスタマイズ・改造の実践と現実

自転車カスタマイズ・改造の実践と現実

自転車カスタマイズ・改造に何故ハマる

人によっては、金と時間の無駄を・・・と思える自転車のカスタマイズ・改造ですが、一つの価値観と言いますか、ハマるにはそれなりの理由があるのです。

例えばそれは、ありふれたクロスバイクが少しずつ姿を変えてオリジナルな自転車が完成して行く育成感だったり、あるいはパーツを換えた時の乗り心地や感覚の違いの面白さ、そして今まで知らなかったことを実践してやり遂げることで自転車に関しての知識が増えていく喜びだったり、いろいろです。

そういった部分に価値観を見出してしまうと、ハマればハマるほど奥が深く、また裾野が広いエンドレスな世界になってきます。

自転車カスタマイズ・改造とお金のおはなし

カスタマイズ・改造を繰り返せば、無駄にお金は出て行きます。
でもまぁ自転車を趣味にしている人ならカスタマイズ・改造をしていなくても少なからずお金は出ていくものですし、自転車以外でも趣味とは往々にしてそういうものではないでしょうか。

自転車本体を購入した金額よりも、多くのお金をカスタマイズ・改造に使うのはなんとなくナンセンスな気もしますが、それはそれでカスタマイズ・改造を趣味にしている人にとっては常套句的なネタでもあります。

とは言いつつも、僕なりのラインでフレームに相応なパーツってあると考えています。まぁこれも価値観なんですけど、僕の場合の線引きだとクロスバイクのESCAPE Airのコンポーネントには105があたりが上限になるでしょうし、ホイールに関しても車体価格と同じ程度がやり過ぎ感が無くて丁度良いのかなと思っています。

なので、僕の場合、例えばステムに数万円も遣うということもないので、ハイエンドのロードバイクに乗っているような人からすれば、自転車に掛けてきた金額は足下にも及ばないと思われます。

いや、ほんと、本気な人でお金に余裕がある人は、数十万円のホイールを何種類も持っていたりしますからね。とてもじゃないですが真似出来ません。

逆に考えれば、それほど極端なお金を遣わなくても、かなり楽しめるのがカスタマイズ・改造趣味だったりもするのです。

自転車カスタマイズ・改造の失敗

ブログにまとめて公開する時には、なるべく分かりやすいように情報を整理していたりするので、なんとなくスムースに作業が進行しているように思えるかもしれま。

サドルの交換程度であれば、確かにスムースに進行して一瞬で換装が終るわけですが、少々アドバンスなカスタマイズ・改造に関しては、失敗したり難儀したりすることは日常茶飯事です。むしろ問題無しで終ることの方が少ないでしょう。

例えば、トルクを勘違いしてネジ切ったことも何度かありますし、ワイヤーを張り終えたら左右逆だったりして全部やり直したり、毎度毎度、何らかのミスや遠回りがあったりします。

初めてのシフトワイヤーの調整なんかは、もう投げ出したくなるくらいの堂々巡りで大変苦労した思い出があります。

作業ミスの発生はどんな時

特に作業に慣れたと思い始めた頃や、長時間の作業で集中力を欠いてきた頃にミスが発生しやすいです。

集中力や休憩ってのは非常に大切だと思います。

高くつくことも珍しくない

安く済ませたいという考えから自分で作業をする人も多いと思いますが、初めての作業が多いですから、そうすんなりと出来るはずがなく、そのあたりのロスを考えれば、普通にお店に作業賃を払ってカスタマイズ・換装してしまった方が安い場合だってあります。

しかしながら、その辺りも踏まえて、経験として面白いと思えるからこそ続けられるのだと思います。

作業の工程の割に写真の数が少ない記事などは、ドツボにハマって余裕を失くして、写真なんか撮っていられないというような時が多いです。

恐らくですが、僕が今まで参考にして来た自転車ブログの方々も、同じように失敗をしてきたのではないかと思っています。

実際問題で、失敗をするから気をつけることや、勉強することも多いのです。

自転車カスタマイズ・改造の知識

プロの自転車屋さんではないので、ほとんどの場合で、初めての作業になります。

経験が無いので当然、いろいろ調べてから作業をすることになります。最初の頃は想像だけで作業することもありましたが、簡単に思えるようなことでも、サイズ違いなど、思わぬところでつまづく事が多く、今ではしっかりと下調べをしてから作業に入ります。

インターネットでの情報もおおいに参考になりますが、あくまで参考として、きちんとした情報はメンテナンスブックなどを数冊読み比べるようにしています。

読むだけでは理解できなかったことも、他の本当読み比べてみたりすると「あぁ、そういうことか」と理解できることも多く、メンテナンス系の本は幾らあっても面白いものです。

自転車カスタマイズ・改造のこれからのこと

自転車カスタマイズ・改造のこれからのこと

自転車カスタマイズ・改造でやってみたいことは沢山ある

冒頭にも書きましたが、やってみたいことは沢山あります。

例えば、ブルホーンバーからフラットバーに戻して、フラットバーの11速シフターを使ってみたかったり、コンポーネントやディレーラーなどのパーツをバラしてイチから清掃してみたかったり、余計なパーツ(フロントのインナーとか)を極端に省いてみるとか、ホイールを組んでみるとか、色々あるのです。

しかしながら、今現在は小さな子供が居るという家庭環境もあり、作業を中途半端な状態で置いて翌日に・・・とか、週末に一気に作業・・・などということが出来ないので、時間の掛かるカスタマイズ・改造は控えていたりします。

趣味でワガママ言えるのも、日頃から家族を大切にするという前提があればこそ、なのです。

自転車ライフは今だけじゃない

少々気が長い話かもしれませんが、あと10年もすれば、子供だってスポーツサイクルに興味を持つ時がやってくるかもしれません。

その時には、一緒に自転車で遠出することもできますし、それ以外でも共有出来る喜びは沢山あるものと思います。

自転車に興味を持たなくてもそれはそれで、子育ての手が離れれば、のんびり自転車弄りができる時間が持てるようにもなるでしょうから、その時はまた積極的にカスタマイズ・改造ができるのかな、と。

一度やってみたカスタマイズ・改造でも要領が悪くて、大した記事を書けていないものも多いですし、二度目ならもう少し上手にできるだろうということで、もう一度チャレンジしてみたいことも多いのです。

50代、60代でスポーツサイクルを始める人も多いようですから、まだまだ自転車ライフの先は長いはず。そう思うと、今は今で出来ることや気が付いたことをまとめて、ゆっくり作業できるようになれば、再びカスタマイズ・改造中心にシフトしていければ良いのかなというわけです。

以上、かなり私的な内容ではありますが、意外とこういう内容の方が参考になる方も多いようで、自転車カスタマイズ・改造を趣味にしている人の裏事情についてまとめてみた次第です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑