*

クロスバイクと一緒に購入すべき必要なモノと費用の目安

公開日: 自転車全般, 費用

クロスバイクと一緒に購入すべき必要なモノと費用の目安

ひょんな事からスポーツバイクに興味を持ったものの、いきなり10万円超えのロードバイクを買うほどの思い切りの良さもなく「どれどれ、ちょっとスポーツバイクとやらを乗ってみるかな」という程度の興味でサイクルショップに出向き、サイクルショップ独特の雰囲気に場違いな思いをしながら「とりあえず初心者向けの安いヤツでお願いします」と近寄ってきたスタッフに告げ、クロスバイクのESCAPE Airを購入した僕。

始まりはそんな軽い気持ちだったにも関わらず、いざクロスバイクのESCAPE Airに乗ってみると、僕が今まで知っていた自転車とは全く別世界の乗り物で、想像していた以上に楽しくて「自転車ってこんな世界があったんだ、もっと良いスポーツバイク、つまりはロードバイクを買っておけば良かった」などと思うほどに自転車にハマってしまったわけであります。

自転車なんて「1万円以下で量販店で買う物」だと思っていた僕が、インターネットを駆使して下調べをし、リーズナブルな価格設定ながらスポーツバイクの性能はしっかりと持っている自転車を作っていることで有名なGIANTというメーカーを知り、その中でも、入門機ながらロードバイク寄りの改造ができたりするスポーツバイク界のカローラであるESCAPE R3という種類のクロスバイクの存在を知り、その上位グレード的な存在で、当時としては画期的な重量が10kgを切る軽量なクロスバイクであるESCAPE Airを買うために、万が一の出費のことも考えて、クロスバイクの購入資金として用意した金額は10万円でした。

当時の僕は、クロスバイクは普通の自転車(ママチャリ)よりも高価な自転車なのだから、いろいろと素敵な装備が付いているものと思っていました。しかし実際はその逆で、何でも揃っているママチャリやシティサイクルとは違い、ライトさえも付いていない始末で、自転車を購入した後もあれやこれやパーツを買い足したりしなくてはいけないということをお店で知り、店員さんに誘導されるがまま、あれやこれやを購入したものでした。

基本的に必要不可欠なモノが多いのですが、こだわって買ってしまうとそれだけでも結構な出費になってしまうのが恐ろしいところで、これからクロスバイクを購入しようとしている方の心の準備として、クロスバイクを購入する時に、自転車本体以外に必要と思われるモノと費用のあれこれについてまとめてみました

自転車のライト(前照灯と後尾灯)

クロスバイクを購入する際に買うべきモノはライト

自転車のライト(前照灯)は必須

自転車のライト(前照灯)は道路交通法で装備が義務づけられています。
なので行動を夜間走行するためには、絶対に無くてはならないものなのですが、クロスバイクやロードバイク等のスポーツバイクには付属してきません。

お店によっては、ライトを付けないと販売しないというところもあるようで、僕がクロスバイクのESCAPE Airを買ったGIANTストアでも「ライトを購入しないと自転車を販売できない」と言われ、何も知らなかった僕は言われるがままにお店でライトを購入しました。

ライトはいろいろな種類がありますし、自分がどういった状況下で走行するかによって必要な明るさも変わってきますから、適当に買ってしまえば使い物にならなかったりで、本当ならばインターネットあたりで購入者のレビューを見ながら、最適なものを購入するべきだと思います。

後から考えれば自転車は当日乗って帰れるわけでもなかったですし、後から自分で買ってきたものを付けても良かったわけで「すでに持ってますから持って来ます」とでも言えば良かったのでしょうね。

このあたり、お店の親切心なのか、素人相手に無理矢理買わそうとする逞しい商魂なのかは判りませんが、これから購入を考えている人は、そういうこともあるのだということを知っておくと、咄嗟の判断が出来るかもしれません。

いずれにしても、必要不可欠なモノではあるので前照灯は必ず購入する必要があります。
ちなみに後尾灯に関しては反射板を装備していればライトである必要はありません。そして何故か反射板は付属してきたりします。ただ見た目的には反射板よりもライトの方がカッコ良いですし、安全面を考えても視認性が全く違うので、夜間走行する際は後尾灯を装備して走るようにしています。

購入のポイントとしては、明るいモノを買っておけば間違いないと思います。そして明るさと値段はほとんどの場合比例しますので、ケチってしまうと暗くて使い物にならないとか、夜間走行でストレスに感じたりすることになるので、それなりに予算を見て購入した方が良いでしょう。

おすすめの自転車用ライト

定番の自転車用ライト

クロスバイクの自転車用ライトの超定番と言えばジェントスの閃リーズナブルな価格と100ルーメンという市街地を走るには十分な明るさがあるのがポイントです。

個人的なおすすめの自転車ライト

個人的には電池式は安くてもランニングコストが掛かってしまうのと重量が重くなってしまうこともあり、バッテリー式のライトを使っています。明るさも200ルーメン以上は欲しいと考えるのでknogというメーカーのBLINDER ROADというライトを使用しています。

それに合わせて後尾灯も同じknogのBLINDER ROAD R70 REARというライトを使用しています。十分な明るさと点滅パターンがカッコ良いためにかなり気に入って使用しているライトで、一度落として紛失してしまいましたが、リピートしたほどです。

自転車ライトの費用目安:2,000〜15,000円

空気入れ フロアポンプ

クロスバイクを購入する際に買うべきモノはフロアポンプ

スポーツバイクにはフロアポンプは必須

ママチャリやシティサイクルの感覚からすると俄に信じられませんが、クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクの場合は、乗る前には必ず空気を入れるのが当たり前です。

スポーツバイクの細いタイヤは非常に高圧で空気を入れているため、放っておいても少しずつ空気は抜けていきます。そして快適に走るためには空気圧をきちんと管理して適正な空気圧で走行するべきで、スポーツバイクに乗るなら空気入れは絶対に必要なモノの1つなのです。

スポーツバイクのフロアポンプは仏式バルブ対応を選ぶ

フロアポンプ?あー、確か物置の奥に置いてあったな・・・と思っても恐らくそのポンプはクロスバイクには使えません。

クロスバイクやロードバイクのタイヤに採用されているバルブ(空気を入れる口の部分)は仏式バルブと呼ばれるもので、それに対応したフロアポンプでないと空気を入れられません。

残念ながら一般的なシティサイクルやママチャリのタイヤのバルブは英式バルブと呼ばれるもので、恐らく家庭に置かれているフロアポンプは英式用だと思われます。

また、仮に仏式対応であったとしても、クロスバイクやロードバイクでは空気圧の管理が非常に大切なため、空気圧計の付いたフロアポンプでないとお話になりません。

ちなみにゲージについては、あくまで目安程度と考えた方が良いそうです。正確な空気圧を求めるならば、多少高価にはなりますがデジタル式のゲージのついがものを選ぶと良いかもしれません。

携帯用ポンプはあくまで緊急時用

フロアポンプを探すと安くて小さなポンプも見つかります。
携帯用のミニポンプで、大きなフロアポンプに比べて安いものが多いですが、携帯用ポンプは出先でパンクした際に対応するためのポンプで日常使いでは不便です。

実際問題で、高圧になればなるほど力を必要としますから小さな携帯用ポンプでは高圧は入れられませんし、なんとか入れられたとしても毎日の作業なので、とてもじゃないですが、お勧めできるものではありません。また、一度に入れられる空気の量も少ない為ピストンの回数も多くなり、大変不便です。

日常使う用には、エアゲージ付きの大きなフロアポンプは用意した方が良いと思いますし、フロアポンプは携帯できないので、出先でのパンクに備えて携帯ポンプも必携しておきたいところです。

つまりは家庭で日常使う用にフロアポンプ、外出時のパンク等の対処用に小さな携帯ポンプという具合で2種類は持っておいたほうが良いということになります。

かく言う僕もサイズ違いで4種類のポンプを持っています。このようにスポーツバイクは無駄にお金が掛かってしまうのです。

おすすめのポンプ

フロアポンプ

高価なモノになればなるほど、しっかりとした造りになって、空気も入れやすくなるような気がします。ただ空気入れも消耗品な気がしますから、それほど高いモノにこだわらなくても良くて、最低限、エアゲージ付きのモノを選んでおけば間違いないと思います。

そんな中でPanaracerのアルミ製フロアポンプは、めちゃくちゃ安いですが日本メーカーですし、安心して使えるフロアポンプだと思います。

携帯用フロアポンプ

携帯用フロアポンプは日常では出番が無いモノの、万が一の場合に備えて必携しておくべきモノです。携行を考えれば小さければ小さいほど良いわけですが、大切なポイントはチューブの有無になります。

携帯ポンプにはチューブが無いものもあるのですが、空気の入れやすさがまるっきり変わります。なので最低限、チューブ付きのポンプを選ぶと良いでしょう。

ちなみに僕はair boneという小型のポンプにお助けチューブという延長チューブを用意して使用しています。


空気入れの費用目安;3,000円〜20,000円

自転車の防犯登録

自転車の防犯登録

防犯登録への登録は義務

意味が有るのか無いのかという警察への不信感はともかく、防犯登録は自転車購入時の義務のようです。

基本的には購入店で登録することになるため、通販などで購入した場合、近所のお店に持ち込んでもお店によっては防犯登録を断られることもあるようです。

お店側からすると、持ち込まれた自転車が盗難自転車だったりすると話がややこしくなってしまうのを嫌ってのことかもしれません。

警察が防犯登録を義務付けているようなので警察で登録が出来れば一番問題が無いと思えるのですが、残念ながら警察では自転車の防犯登録はしてくれないようです。

というわけで、通販やオークションなどで購入した場合は、防犯登録をしないで乗っている人も多々いるようですが、自転車に乗っているとクロスバイクなどの場合でも、警察に呼び止められることが多く、もしも防犯登録がなければ、聞かれたくないことも根掘り葉掘り聞かれるでしょうし、厄介な話になるのは間違いありません。

つまりは、防犯登録は自転車の盗難対策というよりは、警察対策としての確実に登録しておきたいものかもしれませんね。

自転車防犯登録費用目安;500円くらい

自転車盗難対策用の鍵

自転車盗難対策用の鍵は必須

自転車への施錠は盗難対策の基本中の基本

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクには鍵も付属していません。自分で後から購入して、盗難対策をする必要があります。

スポーツバイクは中古でも人気が高く、高値で売りさばけることから、プロ集団による盗難も多く、いついかなる時も自転車から離れるような場合は必ず施錠するというのが基本です。

おすすめの自転車用ロック

U字ロック

クロスバイクやロードバイクの盗難用ロックの定番中の定番と言えばU字ロックだと思います。持ち運びもしやすい嵩張らないサイズですし防犯効果も高いので、最初に買うべき自転車用ロックだと思います。

フォールディングロック

ブレードロックとも言われたりする鍵で鉄板がチェーンのように繋がったロックで、U字ロックと同じく切断などに強く、意外と長さもあるので地球ロックしたい時にも使えますし、持ち運びの際にはコンパクトに折り畳めるのが魅力です。

自転車の盗難被害に遭うリスクを劇的に下げるのがダブルロックと呼ばれる2つ以上の鍵を掛ける方法だそうですが、僕はU字ロックとフォールディングロックを併用してダブルロックしています。

自転車用ロックの費用目安:2,000円〜20,000円

自転車メンテナンス用品

自転車メンテナンス用品は必須

清掃と注油は基本中の基本

日常のメンテナンスとしてウェス(布)、パーツクリーナー、チェーン用オイル、グリスは必要不可欠だと思います。

ママチャリとまったく同じ感覚で雨ざらし上等、乗り捨て感覚であれば必要ないと思いますが、それではあまりにもスポーツバイクが可哀想というもので、日常的に簡単なメンテナンスでもしてあげると走りは軽快になりますし、メンテナンスすることで自転車自体やパーツの寿命も延びるので、清掃と注油くらいは日常のメンテナンスの一環として行なうようにすべきだと思います。

自転車メンテナンス道具の費用目安:3,000円〜10,000円

工具セット

携帯工具セットは必須

日常メンテナンスなら携帯工具セットで充分

クロスバイクやロードバイクのメンテナンスはショップにお任せという人も多いですが、そんな人でも、日常のちょっとしたメンテナンスやトラブル対処には工具類は必須で、最低でも六角レンチとドライバーあたりは持っておいた方が良いと思います。

特に六角レンチは、パーツの付け外しでも必ず使いますし、増し締めなどを行なうためにも必要です。

それほど本格的にメンテナンスをしない人であれば、十徳ナイフのように、いろいろな工具がセットになった携帯工具セットがおすすめだと思います。日常的なメンテナンスであれば充分使えます。

おすすめはTOPEAKのヘキサス2。
タイヤレバーも一緒になった万能的な携帯ツールで、走行中の荷物を減らしたいと思っている人には特におすすめです。

工具セットの費用目安:3,000円〜10,000円

クロスバイクを購入した後に必要な費用あれこれのまとめ

クロスバイクを購入した後に必要な費用あれこれのまとめ<
クロスバイクやロードバイクを購入するにあたり、その他の必須アイテムとして考えられるモノをつらつらとピックアップしてみました。

ひとまず上記のアイテムを揃えることができれば、基本的には充分かと思います。これらのアイテムを適当に揃えるとしてザックリと計算してみると、自転車本体の他に2万円〜5万円くらいの費用は必要と思っておいた方が良いでしょう。

例えば今の僕のクロスバイクのESCAPE Airの装備等で考えれば

自転車のライト前後 15,000円
フロアポンプと携帯ポンプ 7,000円
防犯登録 500円
U字ロックとフォールディングロック 6,000円
メンテナンス用品 5,000円
工具セット 3,000円
————————————
合計 36,500円

となります。
そうすると自転車費用本体60,000円でその他が36,500円であれば、最初に10万円を握りしめてGIANTストアへ行った僕の目利きもある程度正しかったわけですね。

ポイント:安物買いの銭失いになるな

出費が嵩むと、費用を抑えたくてついつい安物を買ってしまいたくなりますが、とかく自転車用品は「安物買いの銭失い」になりやすく、安い物を買って使い勝手が悪くて後から買い直すことも実際問題で多いです。

長く使うモノや使用頻度が高いと思われるモノに関しては、値段のことをあまり考えずにそれなりのグレードの物を購入した方が使い勝手も良いですし、いろいろなセンサーにも取り付くので注目しておきたい電車です。

また、出費はこれだけに留まらず、自転車ライフを送るにあたって、必要になってくるものや、欲しくなるものもいろいろと出てくると思います。つまり自転車を購入した後も出費は続くってことですので、その点は覚悟しておいた方が良いと思います。

自転車はお金の掛かる趣味なのです。いや、趣味とはそもそもお金の掛かるものなのです。なのである程度の出費は覚悟しておき、もしも出費が続いて挫けそうになったそんな時には、自動車やバイクの趣味に比べましょう(笑)。

以上、クロスバイクやロードバイクを購入した時に自転車以外に必要と思われるモノと費用についてのまとめでした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑