*

クイックリリーススキュアーのタケノコバネを紛失したついでに調べたこと

イックリリーススキュアーのタケノコバネを紛失
クロスバイクやロードバイクのホイールとフレームを固定するためのパーツであるクイックリリーススキュアー(クイックレリーズスキュアー)を外すと、蛇がトグロを巻いたような形をしたバネがあることに気が付きます。

俗に、タケノコバネと呼ばれるバネで、その名の通り、タケノコに似た形のバネで、これがスキュアーの両サイドに嵌められています。

ある日、いつものようにメンテナンスをしていると、二つあるはずのタケノコバネが一つしか無いのに気が付きました。

何かの拍子に失くしてしまったものと思いますが、はたして無いまま走行しても良いモノかどうか、ちょっと不安になったので、このタケノコバネについて調べてみることにしました。

タケノコバネって何?

タケノコバネの名称

タケノコバネを紛失したことに気が付いた時、取り急ぎ、スペアを購入しようと思ったのですが「・・・あれ? 何って名前なんだろう・・・?」という初歩的なところでつまづいてしまい「クイックリリース バネ」なんてワーズで検索して、ようやくタケノコバネという名称だと知りました。

知らなかったのは僕だけじゃなく、結構居ると思いますが、実はタケノコバネ以外にも呼び名があるのがこのバネなのでその他の名称も記載しておきます。

タケノコバネ
つるまきバネ
円錐バネ
円錐コイルスプリング
Conical compression springs

などの名称があるようです。

バネ屋さんのページなどでは、一様に円錐バネという言葉が使われているのと、英語でもConical(円錐)なので、一般的には円錐バネがよく使われるのではないかと思います。

タケノコバネはどんな風に作られているのか?

こんな風に作られているようです。

タケノコバネの特徴

何故普通のバネではなく、円錐状のタケノコバネなのか?

タケノコバネの特徴として、

・普通のバネのように途中でグニャッと曲がることが少ない
・コンパクトに折り畳める
・バネの強さは細いほど強くなるため、大きい方から順番に縮んでいく

などで、高さの取れない狭いスペースなどで使われることが多いようです。」

クイックリリースの部分は小さなパーツで、ホイールの固定の為により圧着する必要がある部分ということで、普通のバネよりもタケノコバネの方が適している部分となるわけです。

タケノコバネの特徴

タケノコバネはどこで使われているのか?

タケノコバネって自転車のクイックリリースの部分で初めて見た・・・と思っていましたが、以外と身近で使われていたました。

え?
どこかって?

オモチャやリモコンなどの乾電池を入れるところにありますよね。

タケノコバネ

自転車のクイックリリースにタケノコバネがある理由

クイックリリースにタケノコバネがある理由

クイックリリースにタケノコバネがある理由
クイックリリースは、レースなどでパンクやホイール周りにトラブルがあった場合に、すぐに交換できるようにするために発明された機構でタケノコバネも取り付け取り外しの作業がしやすいように必要なモノのようです。

タケノコバネがあると、クイックリリースを解放した際に、左右均等に隙間ができるので、作業がしやすくなるというわけです。なるほど。

普通のバネじゃなくてタケノコバネな理由は、縮んだ際にスペースを取らないためだと思われます。

また、間違いやすいタケノコバネの挿入方向ですが、細い方を外側にしてしまうとエンドキャップのネジ穴と干渉してしまってうまく嵌められなくなるなどの問題が出たりするので、それを避けるために太い方を外側にしているようです。

クイックリリースにタケノコバネがある理由

クイックリリースにタケノコバネが無くても大丈夫?

上記のように、クイックリリースの特徴を活かすためにスムースにホイールの取り付け取り外しができるようにするというのが、タケノコバネがある理由なので、タケノコバネが無くても走行には特に支障がないようです。

なので1gでも軽量化したい人は外してしまっても良いかもしれませんし、実際そういう人も居るかと思われます。

タケノコバネ単体で注文出来るのか?

パッと調べてみた結果、自転車屋さんやサイクルショップ、Amazonなどではタケノコバネ単体では見つけられませんでした。

しかし、タケノコバネ自体はそれほど珍しいものではないので、バネの大きい方と小さい方の外径、自由長と呼ばれる高さを調べれば、モノタロウなどの用具を取り扱うWebショップなどで数百円んで購入できるものと思われます。

あと、スポーツサイクルを取り扱っているお店等では、普通に入手できるのではと思います。この手のモノは通販で買うと物自体よりも送料の方が高くなると思われるので、普通はお店で買うものなのでしょう。

クイックリリーススキュアーのタケノコバネについて調べてみたまとめ

クイックリリーススキュアーのタケノコバネ
初めてクイックリリースを解放した時から気になっていたタケノコバネの存在。

どうして太い方が外側なんだろう?
どうしてこんなものが必要なんだろう?

などどいう素朴な疑問があったわけです。
だけど、あまりに素朴すぎるためずっと放置していました。

しかし、タケノコバネを紛失したのをきっかけにこうして調べてみると「へぇ、なるほど、そうなんだ」と思えて、調べていてなかなか面白かったです。

どうでも良い知識と言えばどうでも良いですが、ちょっとしたウンチクとして自転車仲間に話せる小ネタとして使えそうなおはなしでした。

こう言った小さな疑問を解決してみることでも、自転車をより一層理解することができたように思うので、調べてみて良かったなと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑