*

クロスバイクの汚れたスプロケットを清掃して綺麗にする方法

スプロケットの掃除

よく整備された自転車を見ると「この自転車は愛されているんだなぁ」などと思ってしまいます。

自分の自転車よりもはるかに手入れが行き届いた感じのする自転車と並んだりすると「もっと自分の自転車を愛してあげなきゃな」と少し恥ずかしい気持ちになったりもします。

そんな感じで、自転車の愛され具合がなんとなく判る部分と言えば、スプロケット。

スプロケットが綺麗にピカピカしている自転車を見ると、大事にされている自転車だと感じますし、逆に真っ黒に汚れていたりすると、きちんと整備されてるのかな?と要らぬ心配をしてみたりもします。

スプロケットはチェーンと同じく、走行とともに汚れてしまうものなので、スプロケットを綺麗にするということは、人間で言うなら、食後に歯磨きをきちんとするようなものかもしれません。

例えば、どんなに身なりをちゃんとしていても、歯磨きしていなければ、それだけで不潔な感じがしてしまうのと同じように、どんなに高級なフレームやパーツだったとしても、スプロケットが真っ黒だと、粗末に扱われているように感じてしまうのです。

なので、スプロケットはできるだけピカピカの状態で保ちたいものです。

そんなことを思いながらふと自分の愛車であるクロスバイクのESCAPE Airのスプロケットに目を落とすと、ちょっと汚れが酷くなってきていたので、スプロケットを綺麗にする方法をまとめながら清掃してみようと思います。

クロスバイクのスプロケットが黒く汚れたので綺麗にする

真黒なスプロケットの掃除

僕のクロスバイクのESCAPE Airのスプロケットは、200kmに一度くらいの割合でウェスを使ってゴシゴシと磨いていましたが、ウェスで拭いた程度では汚れが落ちなくなってきてしまい、いつの間にやら上記のような有様になってしまっていました。

真っ黒です。

そろそろ拭くだけの清掃ではなくて、バラして個別で磨き上げる清掃が必要かなと、スプロケットをホイールから外して全て磨き直すことにしました。

スプロケットの汚れを少なくしたい人は粘度の低いチェーンオイルを使用すれば良い

ちなみに、真っ黒になってしまう原因は、粘度の高いチェーンオイルを使っていると、チェーンオイルがゴミを拾ったままチェーンやスプロケットに残り固着してしまうから。

僕自身もクロスバイクを購入当初は粘度の高いチェーンオイルを使っていて、上記のような真っ黒なスプロケットになってしまっていました。

一長一短はありますが、チェーンやスプロケットを汚したくない人は、粘度の低いチェーンオイルを使用すると、汚れづらくなります。

クロスバイクのスプロケットが黒く汚れたので綺麗にする手順

手順1:ホイールからスプロケットを外す

まずはホイールからスプロケットを外します。
ホイールからスプロケットを外すためにはフリーホイール外しと呼ばれる専用の工具が必要です。

スプロケットを外す際には固着している可能性もあるので、かなり力が必要な場合があります。

実際に僕が始めてスプロケットを外した時もかなり硬く、また力の加減が全く分からず、壊してしまうのではないかと、かなりビビりながらの作業でした。

フリーホイール外しを使ったスプロケットの外し方は動画を参照してください

手順2:スプロケットをバラす

スプロケットを外す

クロスバイクのESCAPE Airに純正で付いていた8速のスプロケットは、全てのギアがまとまっているタイプのものでしたが、105などのスプロケットはギアの一枚一枚がバラけます。

順序が違ってしまうと面倒なことになるので、順番に外して、外した順から並べておき記録しておくと安心です。

最悪困った時は、shimanoのホームページで部品を検索すれば
SHIMANO 105 Cassette Sprocket CS-5700(pdf)
pdfで説明書があるので、記録を取らなくてもどうにかなります。

手順3:スプロケットを浸け置き

スプロケットの浸け置き掃除

頑固に固着した油汚れはパーツクリーナーを吹き付けただけでは落ちないので、トレイにバラしたスプロケットを入れてパーツクリーナーを大量に吹き付けてしばらく放置します。

トレーはケミカルを使うのでプラスチック製ではなくステンレス製などが良いかと思います。

手順4:スプロケットをブラシでゴシゴシする

スプロケットの掃除
PARKTOOL(パークツール) ギアクリーンブラシ GSC-1C

頑固な汚れは、浸け置きしたとしても、ウェスでこするくらいでは簡単に落ちなかったりするので、ブラシを使って磨きます。
ブラシにパーツクリーナーを付けて、ゴシゴシこすると徐々に汚れが落ちてきます。

トレイの中にパーツクリーナーを入れて、その中でゴシゴシすると効率が良いです。

手順5:磨き終わったスプロケットをバラした時の逆の順序で取り付ける

スプロケットの掃除して綺麗に

スプロケットの汚れを落としたら、仕上げにウェスで汚れを拭き取ります。

全てのギアの汚れを落としたら、バラした時とは逆の手順でスプロケットをホイールにセットして、スプロケットの清掃作業は終了です。

取付ける際にはハブ等に付いている古いグリスを拭き取って新しいグリスの塗布も忘れずに。

以上、汚れたスプロケットを綺麗に清掃する方法でした。

Comment

  1. Murota Kazutaka より:

    昨日から暇さえあれば貴殿のサイトを拝見していました。
    そもそも私はESCAPE R3のステム、ハンドル、シートポストを銀色のものから黒いものに変えるついでにコラムカットもしようとインターネットで調べて貴殿のサイトにたどり着きました。コラムカットのページを見た後少し色々なページを見ていたら貴殿の只ならぬ愛車への愛を感じて今日の夜まで暇さえあれば拝見していたのです。

    通常憧れからクロスバイクをドロップハンドル化するのが多いのですが、あえてブルホーンを選ばれたところや改造の合計が20万円を超えるならCADD 8程度の割と良いロードバイクが買えるにもかかわらず自分の自転車を次にどこを弄ろうかと考えておられる貴殿にとても惹かれました。

    と、余談でしたが少し質問があります。私もESCAPE R3を改造していたりするのですが、スプロケットの清掃についてなのですが、200kmに一度拭いていたということですが、今は毎回バラして清掃されているのですか?

    直接パーツクリーナーを吹きかけるのはスプロケット内部に浸入してしまうためNGらしいですが、拭き取るだけでは綺麗に落ちませんよね?
    貴殿はどうされていますか?

    書き忘れましたが、コンポーネントを105に変えた事で色のバランスが良くなったに加えて高級感が出てすごく良いですね。

    私も受験が終わったらもっと改造したいと思います。

    • escape air より:

      Murota Kazutakaさま
      コメント有り難うございます。
      趣味の暇つぶしなので褒められると小恥ずかしい思いもしますが、嬉しいです。有り難うございます。

      恐らくグレードの高いロードバイクを買ったとしても、自転車弄りはするものと思われますが、escape あたりだと安物パーツでも釣り合うので気軽に弄れるのが良いのだと思います。

      スプロケットの掃除。できるだけ綺麗に保ちたいという部分ですよね。定期的に全てをクリーニングするようにはしていますが、汚れてしまう一番の理由はオイルだと思うので、汚れが付着しづらいサラサラ系のオイルを使うことにしています。多少高価にはなりますがフィニッシュラインのセラミック ワックス ルーブなどはその代表かと思います。

      オイルの粘度が低いため、短いサイクルでオイルを注す必要がありますが、反面汚れを拾わないので、真っ黒に汚れたり、固形化するようなことが無いのでメンテナンスしやすいです。

      受検頑張ってください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑