*

クロスバイクのフラットバーハンドルを換装する方法とアルミ製からカーボン製に換装した結果

クロスバイクのハンドルをアルミからカーボンに換装した結果

クロスバイクのハンドルをアルミ製のフラットバーハンドルからカーボン製のフラットバーハンドルへと換装しました。

カーボンは非常に軽い素材なので軽量化できたのはもちろんですが、それ以外にもカーボン化した際のメリットも有り、換装して良かったなと思うわけで、そんなあれこれを、クロスバイクのフフラットバーハンドルを換装する際の手順やポイントとともにまとめてみようと思います。

クロスバイクのハンドルをアルミ製からカーボン製に換える

クロスバイクのESCAPE Airに装備されていたアルミ製のハンドルをカーボン製のフラットバーハンドルに換えてみることにしました。

取り換えるハンドルは3TのXIDA LTD FLAT。
3Tと言えばロードバイク用のドロップハンドルでも超有名なイタリアの自転車パーツメーカーです。

XIDA LTD FLATのプロモーションビデオがこちら。

現在は残念ながら廃盤となっているようですが、3Tでもいろいろなカーボン製フラットバーハンドルがラインナップされています。

ちなみに価格は¥18,690-。
やはり有名メーカのカーボン製でとなると、フラットバーハンドルでもそれなりの価格です。

クロスバイクのフラットバーハンドルの交換に必要なモノ

クロスバイクのフラットバーハンドルの交換に必要なモノ

フラットバーハンドルを交換する際に必要なモノ一覧

・カーボンカッターの刃
・ソーガイド
・バーテープ(グリップ)
・ステム(31.8mm)
・カーボン製フラットバーハンドル
・六角レンチセット
・ドライバー
・サインペン

ステムのハンドル側の対応径に注意

ステムのハンドル側の対応径に注意

まず注意しなくてはいけないのが、ステムが対応しているクランプ径。
クランプとはハンドル中央部分のステムで留める部分になります。
ESCAPEシリーズやその他のクロスバイクに装備されている標準的なステムは、多くのフラットバーハンドルのクランプ径である25.4mmか26mm対応のモノになると思います。

しかし、今回取り換えるカーボン製フラットバーのXIDA LTD FLATなど、フラットバーロードなどに使用されると思われるようなモデルは、ロードバイクなどのドロップハンドルと同じくクランプ径は31.8mmのモノが多いようです。

ステムのハンドル径は、大は小を兼ねるで、31.8mm対応のステムであれば、25.4mmのフラットバーハンドルでもアダプターを入れれば使用出来ますが、25.4mmしか対応していないステムでは31.8mmのハンドルは取り付けることができないので注意してください。

もちろんクランプ径が25.4mmや26mmであれば問題はありません。

カーボンハンドルはパイプカッターではカットしない

新しく購入したフラットバーハンドルはそのまま使用するにはハンドル幅が広過ぎるので、ハンドルカットする必要があります。アルミ製のハンドルであれば、パイプカッターを購入すれば良いわけですが、カーボン製のフラットバーハンドルをパイプカッターではカットできないため、カーボンカッターとガイドを購入する必要があります。

カーボンハンドルをパイプカッターでカットして大丈夫だったという話もありますが、パイプカッターでカーボンハンドルをカットするとカーボン繊維がバラバラと剥がれたりして大失敗したりすることもあるようです。最終的には自己責任での選択になると思いますが、安いパーツでもないので、確実に作業出来るカーボンカッターとガイドを使用してカットするのが良いと思います。


クロスバイクのフラットバーハンドルの交換作業の方法

クロスバイクのフラットバーハンドルの交換作業の方法

ハンドルを外す

まずはハンドルからブレーキやシフターなどの付属品を全て外します。
その後、ハンドルも外します。
新しいハンドルのクランプ径が25.4mmなのか31.8mmなのかを確認して、使用するハンドルのクランプ径に対応したステムを準備してください。

新しいカーボン製フラットバーハンドルのカット幅を決める

カーボンハンドルと普通のハンドルの比較
新旧ハンドルの比較。ステムが付いているのが旧。

長さも太さも随分違いますが、さすがにカーボン製はかなり軽量です。
購入時の時点でハンドル幅は600mmもあるのでカットして切り詰める必要があります。

新しいカーボン製フラットバーハンドルにシフター、ブレーキ、ライトなど、実際に使用するパーツを仮止めした状態でグリップ幅を確認します。

僕は旧と同じ470mmにカットすることにしました。切り詰めようと思うと440mmくらいまでは短くできそうでしたが、470mmでもかなりグリップ幅が狭い状態なので、安全のことも考えて少し余裕のあるくらいの幅にしておいた方が良いと思ったからです。

カットする位置をマーキングします。

新しいフラットバーハンドルをカットする

クロスバイクのカーボンハンドルをカットする

仮留めしておいたパーツ類を一旦全て外してからソーガイドをハメてカットする位置でハンドルを挟んで固定してから、カーボン用のノコギリでギコギコと切っていきます。

えっと、ノコギリにはフレームと呼ばれるノコギリ本体に刃を付けるべきだと思いますが、カーボンはそれほど硬いものでもないので無くても切れました。

カットした新しいカーボン製フラットバーハンドルをインストール

ットした新しいフラットバーハンドルをインストール

サイドをカットして470mmにしたハンドルをクロスバイクにインストールします。
シフターやブレーキレバーなども一緒に装着して、位置や角度を調整して固定します。
なかなか良い感じだと思います。

新しいカーボン製フラットバーハンドルにバーテープを巻く

新しいフラットバーハンドルにバーテープを巻く

僕はフラットバーにグリップではなくバーテープを巻いています。
バーテープの方がデザインも多く材質などの種類もおおいのです。

【参考】クロスバイクのフラットバーにはバーテープがお勧め

バーテープを巻いて、ライトとサイコンを取り付けした最終状態。
ハンドルを切り詰めた関係でシフターとブレーキレバーを目一杯内側に寄せている関係で、中央のスペースはライトとサイクルコンピューターを取り付けるギリギリのスペースしかなく、サイクルコンピューターを取り付けるとせっかくの3Tのゴロが隠れてしまいました。

写真はシフターのケーブルが長いままですが、シフターやブレーキレバーの位置が決まれば、ワイヤー類は調整しなおした方が良いと思います。大抵の場合はそれほど変わらないとは思いますが、シフターやブレーキのワイヤーは最初にセットされた位置で調整されているので、位置が変わると微妙に変速などに影響が出たりすることもあるようです。

念のため、走行前には変速やブレーキの調子に違和感が無いかは必ず確認するようにしましょう。

クロスバイクのアルミ製フラットバーハンドルをカーボン製フラットバーハンドルに換えた結果

クロスバイクのアルミ製フラットバーハンドルをカーボン製フラットバーハンドルに換えた結果

愛車のクロスバイクのESCAPE Airのアルミ製フラットバーハンドルからカーボン製のフラットバーハンドルに換えた結果、月並みではありますが、路面から伝わって来る振動がアルミに比べて柔らかくなったとすぐに気が付きました。

アルミの時は「ビリビリ」「ガツンガツン」といった感じだったのが、カーボンだと「ビビビビ」「ポコンポコン」みたいな感じです。重量に関しては軽量していないので何とも言えませんが、アルミ製と比べれば随分軽くなったはずですが、それに依る操作性の差などはあまり無いように思います。

アルミ製のハンドルとカーボン製のハンドルとでは10倍くらいの価格差がありますが、そこまでの価値を感じるかどうかはそれぞれの価値観に依るとしか言えません。

それくらいの微妙な差ではありましたが、それできっと元のハンドルにはもう戻れないのは確かでしょうね。結果的には、見た目もぐっとスポーティになって、換装して良かったと思います。

Comment

  1. 我が道を行く より:

    こんばんは。カーボンのフラットバーのインプレ大変参考になりました。
    私はS社のカーボンフラットバー乗りですが、メーカーが謳ってるコンフォート性能とは
    かけ離れたバイクだったので色々と改善してる段階です。シートポストは純正でカーボンですので、アルミからカーボンハンドルは正直どうだろう?と思ってたのですが、記事読んでみると試してみたくなってきました。

    • escape air より:

      我が道を行く様 コメント有り難うございます。
      少し古い記事ですので、そのうち修正加筆したいと思いますが、基本的には書いてある通りで、アルミのハンドルバーを使用していた時と比べるとかなり乗り心地が良くなりました。僕の場合はハンドルを切り詰めていたのでなおさら振動などがダイレクトに伝わってきていたこともあり、より変化が大きかったのかもしれません。
      違いはアルミからカーボンに換えた時よりも、カーボンからアルミに戻すとすぐに気が付くと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑