*

チェーンが汚れる悩みを解決するためにチェーンルブ(チェーンオイル・潤滑剤)について調べてみた

公開日: チェーン, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

チェーンが汚れないチェーンオイル

自転車のメンテナンスの基本中の基本と言えば、チェーンへの注油。チェーンが錆び付いているなんてのは論外ですが、汚れてしまってそのままにしておくと、どんどん快適さは失われていきます。チェーンは走りにダイレクトに影響する部分でもありますし、チェーンが綺麗かどうかで、自転車を大切にしているかどうかも判断出来る部分だと思います。

そんなわけで、いつでもピカピカにしておきたいチェーンですが、何故だか僕のクロスバイクのescape airのチェーン周りは手入れしてもすぐに真っ黒に汚れてしまい、その汚れもなかなか落ちなかったりして、ちょっとした悩みになっていました。

流石に数年も自転車に乗っていれば、チェーンの汚れやすさはチェーンルブ(チェーンオイル・潤滑剤)の種類によっても大きく変わるというようなことは嫌でも耳に入って来るわけで、僕が使っているチェーンルブがチェーンを汚してしまう原因だというのは薄々感づいてはいましたが、今回それをきちんと理解するために、一体チェーンオイルにはどのような種類があり、それぞれにどのような特徴があるのかを調べてみることにしました。

ちなみに僕はAZの チェーンルブ ロードレース用110ml B1-004 CH032を使っています。油断するとチェーンだけでなく、ギアやプーリーなどにも汚れた油が固着したりして、ちょっとやそっとじゃ落ちない頑固な汚れになっていたりするのです。

用途を間違えなければきっと良いチェーンオイルだと思いますが、僕の場合、これが最初に買ったオイルで、単純に安い、という理由だけで購入したため、チェーンを汚したくないという僕のような人には不向きなチェーンオイルだったようです。

というわけで、チェーンオイルについてのお勉強です。

自転車用チェーンオイルのタイプは大きく3つ

チェーンオイルのタイプには用途に応じて大きくウェット、ドライ、ワックスの3つのタイプがあるようです。

解説は下記を参照していただければ良いと思いますが、僕が使っているチェーンオイルはウェットタイプでチェーンが汚れやすいオイルとのこと。チェーンを汚したくないのであれば、ウェットタイプではなく、ドライタイプのチェーンルブを選択すべきだったのです。

ウェットタイプ

マウンテンバイクなどで走る道などのように泥や水などに対して強いオイル。通勤や通学などでどんな天気の時にも自転車に乗るなどの人はウェットタイプを選択すべし。ということになります。逆を言えば、雨天時に乗らない人や走行距離が短い人はウェットタイプを選択する必要がないのかもしれません。粘度が高く長持ちはしますが、チェーンは汚れやすいのも特徴です。

ドライタイプ

チェーンを汚したくないのであれば、ドライタイプのチェーンオイルを選択した方が良いとのこと。言わばサラサラしたチェーンオイルなので、ほとんど走行中のゴミを呼び寄せません。汚れづらい代わりにオイル切れになりやすいので、こまめな注油が必要とのこと。

ワックスタイプ

ドライタイプのチェーンオイルよりもさらにチェーンが汚れづらいのがワックスタイプ。ドライタイプのチェーンオイル同様に、水等で流れ落ちやすいため、こまめな注油が必要。僕の知り合いでも何人か使用していますが、日常乗る自転車であれば、チェーンも汚れず非常に調子が良いようです。

自転車用チェーンオイルの成分

高性能なチェーンオイルの謳い文句としてよく登場するのは、エステル、PTFE(フッ素樹脂)、極圧剤、小セラミック粒子(ボロン)などが挙げられます。その他としては防錆剤が含まれていて錆びづらくする効果のあるものもあります。

いずれにしても、滑らかで摩擦を少なくする、というような役割があるようです。

自転車用チェーンオイルのメーカー

AZ
FINISH LINE
KURE

自転車用チェーンオイルの注し方と頻度

自転車用チェーンオイルの注し方

自転車用チェーンオイルを注す基本的な手順は下記の通り。

1.チェーンの清掃

ディグリーザーなどでチェーンの油汚れや埃などを落として綺麗にします。この作業を行わずに注油すると、汚れの上に注油することになるので、そのうち汚れが固着してしまって落ちなくなってしまいます。もちろん性能も落ちるので、必ず注油の前には清掃を行ないます。

2.チェーンの乾燥

ディグリーザーなどの油落としが付いた状態で注油しても無駄なので、清掃した後はしばらく放置&ウェスでよく拭き取ってからチェーンを乾燥させます。

3.注油

チェーンに油を注していきます。継ぎ目継ぎ目に少量を落とすようにして注油していきます。余分な油があると、スプロケットやクランクを汚してしまうので、注油した後は必ずウェスでゴシゴシとチェーンの表面は拭き取ります。

自転車用チェーンオイルを注す頻度

理想を言えば、走行後は必ずチェーンを清掃して、注油しなおす、という作業ができればベストだと思います。これをきっちりやればチェーンもスプロケットも、その他のパーツもピカピカを維持できるはず。

でも、毎日乗っていたりするとそこまでなかなか出来ないと思います。100kmとか200kmとか適当に決めて、それだけの距離を走れば、定期的に注油するようにするのが良いようです。僕が使っているウェット系のオイルであれば200km程度の走行距離であれば十分にオイルは残っているような感じです。

ドライ系、ワックス系のチェーンオイルの場合は、水に弱いので、雨に降られた後などには、必ず清掃と注油が必要かと思いますし、なるべくコマメに注油することを心掛けた方が良いのではないでしょうか。

チェーンを汚さないチェーンオイルまとめ

チェーンが汚れないチェーンオイル
チェーンやスプロケット周りをオイルで汚さないようにするためには、ドライタイプ、ワックスタイプのチェーンオイルを選べば、間違いない、という感じです。

問題は、ウェットタイプに比べて、油切れが早いという問題がありますが、注油する作業はそれほど大変な作業ではないので、空気入れを行なうのと同様に、乗車前のルーチンにしてしまうのが良いかもしれません。

多少の手間が増えたとしても、いつでもピカピカなチェーンの方が気分が良いですからね。

というわけで、ドライ系、ワックス系のオイルで、評判の良いものを探してみた結果、フィニッシュラインのセラミックワックスループを愛用している人が多いようです。僕も今使っているチェーンルブが無くなるか、チェーン交換のタイミングでこちらのチェーンオイルに切り替えたいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑