*

クロスバイクのVブレーキのブレーキシューの買い間違えを防ぐ方法

公開日: ブレーキ, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

自転車のブレーキシュー

クロスバイクやロードバイクを快適に乗り続けるためにはメンテナンスは必要不可欠です。使用しているうちに摩耗が進めばパーツも交換が必要になるわけですが、比較的短いサイクルで交換する必要があるのが、ブレーキ部分のブレーキシュー。

ブレーキシューが摩耗してしまうと必然的にブレーキの効きが悪くなってしまいます。そんなわけで安全のためにも適当なところでブレーキシューを交換しようと思い立ったわけですが、いざブレーキシューを購入しようとした際にブレーキシューにもいろいろな種類があることを知りました。

一体何を選べば良いのか少し悩んでしまったので、個人的なメモとしてブレーキシューの選び方についてまとめておこうと思います。

ちなみにここで紹介しているブレーキシューとはクロスバイクなどで使用されているVブレーキ用のブレーキシューになります。

クロスバイクのVブレーキのブレーキシューを買い間違えた

僕の愛車であるクロスバイクに使用しているブレーキはシマノのBR-R573。
105グレードのロード用のVブレーキになります。

自転車のブレーキシューVブレーキ
Photo via:http://cycle.shimano.co.jp/publish/content/global_cycle/ja/jp/index/products/road/road-v-brake/road-v-brake-product.-code-BR-R573-L.-type-.br_road.html

SHIMANOの公式ページで見てみると
ブレーキパッド・タイプ M70R2
取外し可能パッド Yes

となっていることから判断すると、カードリッジ式のブレーキで、使用するブレーキシューはM70R2と呼ばれる品番のブレーキシューを使用すれば良いようです。


こうしてブレーキの品番を調べて、購入使用とするブレーキシューがそれに対応しているかを調べれば良いのですが、僕は「ブレーキシューはどれも同じ」と思って適当に購入してしまった結果、間違ったブレーキシューが届いてしまいました。

自転車のブレーキシュー
届いたのはSHIMANO BREAK SHOE SET M70T3

Vブレーキ用なので、使おうと思えばBR-R573にも取り付けられると思われますが、グレードも下がり、カードリッジの台座があるのにわざわざ一体型を使うのも何だかなぁという感じなので、使わずにお蔵入りさせることにしました。

それほど高いパーツではありませんが、自転車のパーツは似通ったものも多く、マニュアルを熟読しなかったり、細かい部分まであまり確認したりしない僕のような人間の場合、間違いが結構多く、ちりも積もれば山となるで、今までの注文ミスを考えれば、そこそこのパーツが買えるくらいの出費はあったと思います。

そこで、これ以上無駄な出費を増やさないために、ブレーキシューについて基本的な勉強をしてみました。

自転車のブレーキシューの種類

カードリッジタイプ

自転車のブレーキシュー カードリッジ
Photo via:SHIMANO(シマノ) M70R2ブレーキシューセット [Y8EM9802A] BR-M770他適応

ブレーキシュー固定用の金具の台座とブレーキシューがセットになったもので、一般的なロードバイクやクロスバイクではこのタイプを使用していることがほとんどだと思います。

僕が現在使用しているBR-R573に最初から固定用の金具の台座が付属していてM70R2タイプというブレーキシューが取り付けられています。

一体型タイプに比べて価格が高い場合がほとんどですが、ブレーキシュー部分のみを交換出来るので、ランニングコストで考えれば安くなるというケースもあるようです。

カードリッジタイプブロック

自転車のブレーキシュー カードリッジ
Photo via:SHIMANO(シマノ) S70Cシビアコンディション用ブレーキシューブロック [Y8A298030] BRR550他適応

カードリッジタイプのブレーキの交換用のブレーキシュー。
金具の台座がありません。

Vブレーキ用のブレーキシューの交換方法は下記の動画が分かりやすく解説してくれています。

一体型タイプ

自転車のブレーキシュー 一体型
Photo via:JAG WIRE(ジャグワイヤー) MOUNTAIN SPORT Vブレーキパッド グレー JS908T-G

ブレーキシューを固定するための金具の台座が無いもので、ゴム部分と金属の軸だけのブレーキシュー。

交換する際は、金具の軸ごと交換するようになります。

クロスバイクのESCAPE Airに最初から装備されているブレーキのTEKTRO RX1にはこの一体型タイプが付いていたと思います。

ブレーキシューの互換性

ブレーキシューもブレーキパーツの違いによって、互換性が有るものと無いものとがあるので、気をつけたいポイントをまとめてみます。

自転車用ブレーキの種類に気をつける

スポーツバイクでは主にクロスバイクなどで使われているVブレーキ、それからロードバイクなどで使われているカンチブレーキやキャリパーブレーキと言ったブレーキの種類があります。

全てのブレーキで互換性があれば間違いもなくて良いのですが、基本的には互換性は無いものと思っておいたほうが良い良いでしょう。

自転車用ブレーキのメーカーに気をつける

同じメーカーで同じブレーキの種類の場合はほぼ互換性があるものと思われますが、メーカーが違うと互換性が無い場合もあるようです。間違いを少なくするためには、ブレーキとブレーキシューのメーカーを統一するのが良いと思います。

ホイールのリムの素材に気をつける

ブレーキシューにはアルミ用とカーボン用があります。
初心者がカーボンリムのホイールを履いているケースはほとんど無いと思うのでアルミ用を買っておけば間違いはないと思いますが・・・

仮にカーボンリムなのに普通のブレーキシューを使った場合カーボンが痛んでしまうので注意が必要です。

自転車のブレーキシューのまとめ

間違ったブレーキシューを購入しない方法は、メーカーのホームページで使用しているブレーキの品番を調べて、そこに併記されているブレーキシューの情報に従って購入するのが一番良い方法だと思います。

ちなみにブレーキシューの交換時期の目安は、ブレーキの設置面の溝が無くなってしまう頃だそうです。

ブレーキシューの交換

余談ですが、ブレーキシューはBRAKE SHOESと書きます。
つまり「ブレーキの靴」という意味なのですね。
なかなか面白いですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑