*

クロスバイクをブルホーン化する際にはブレーキケーブルアジャスターを忘れずに

公開日: ブレーキ, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

ブレーキケーブルアジャスターSM-CB90

クロスバイクをブルホーン化する際に必要なパーツはいろいろ有りますが、その中でも、直前までその必要性に気が付かなかったパーツがブレーキケーブルアジャスターのSM-CB90というパーツ。

こんなモノがあったんだ・・・と思ってしまったパーツですが、ブレーキをブルホーンバーの先に取り付けるタイプのエアロブレーキなどにしてエアロブレーキ+Vブレーキなどと言った組み合わせになった場合には、ブレーキの調整のために必須となるので必ず用意した方が良いパーツです。

ブレーキケーブルアジャスター

ブレーキケーブルアジャスターって何?

ブレーキケーブルアジャスター

ブレーキケーブルアジャスターはブレーキの微調整をするための機構で、ブレーキを使用している間にワイヤーが伸びてしまった時の調整や、ブレーキパッドが摩耗して最初に調整した状態から調整が必要になった時などに使用します。

ほんの少しのワイヤーの調整をする際に、ブレーキケープルアジャスターをクルクル回転させるだけで簡単に微調整ができる便利なものです。

この機構自体はブレーキワイヤーだけに留まらず、シフターやディレーラーなどでも見つけることができると思います。

ロードバイクなどで使用されているキャリパーブレーキなどにもこのアジャスターが付いていたりしますが、Vブレーキにはその機構がありません。なので基本的に微調整はブレーキレバー側のブレーキケーブルアジャスターを使って行ないます。

調整は一気にグルグル回すと、ブレーキが効かなくなったり、ボルトが抜け落ちたりする可能性があるので、半回転ずつ回して効き具合を確認する感じで少しずつ調整していくのが基本です。

エアロブレーキにアジャスターは無い

エアロブレーキにアジャスターは無い

クロスバイクをブルホーン化する際に、ブルホーンの先に付ける、エアロブレーキなどを選択するとブレーキケーブルアジャスターが付いていません。

おそらくですがエアロブレーキを使用するような自転車は通常はVブレーキではなくて、アジャスターの付いたキャリパーブレーキなどが使われていることが多い関係があるのだと思います。(想像)
要するに通常の組み合わせであれば、ブレーキ側にアジャスターは必要ないということです。

そのためブルホーン化した際にエアロブレーキとVブレーキの組み合わせにするとブレーキケーブルアジャスターが無い状態になってしまいます

ブレーキケーブルアジャスターが無くても根気よくワイヤーを張り直すなどしてシビアな調整を行なえば調整出来ないことも無いですが、張ったばかりのブレーキワイヤーはすぐにケーブルが伸びてしまうため、調整を行なうためにいちいちワイヤーを外して調整をやり直したりするのは非常に面倒であまり現実的ではありません。

そこで登場するのがブレーキケーブルアジャスターというわけです。

ブレーキケーブルアジャスターを使えば微調整できる

ブレーキケーブルアジャスターを使えば微調整

ブルホーン化するなどで、エアロブレーキレバーとVブレーキなどの組み合わせでブレーキケーブルアジャスターがどこにもないような状態になった時に、ブレーキレバーとブレーキとの間に使用します。

僕が使用したのはがSHIMANO SM-CB90。
指先ほどの小さなパーツですが、一応DURA-ACEグレードらしいです。
クイックレリーズ機能付きのブレーキケーブルアジャスターです。
購入時の注意として1パッケージに1つしか入っていませんので、前後だと2つ必要になります。

下位グレードのブレーキケーブルアジャスターSM-CB70

単なるブレーキケーブルアジャスターであればSM-CB90ではなく、下位グレードのSM-CB70やその他のメーカーで清掃されているモノでも良いと思います。こちらの場合は2つセットになっているものが多いです。

ちなみにケーブルアジャスターはブレーキ用とシフター用があり、ブレーキ用の品番はSM-CBシフター用の品番はSM-CAになるようです。

ブレーキケーブルアジャスターの取り付け方

ブレーキケーブルアジャスターであればSM-CB90

こんな感じでブレーキレバーとブレーキとの間に使用します。
小さい割に意外と存在感のあるパーツなので、取り付け位置は工夫した方が良いかもしれません。

取り付け方は簡単で、単純にブレーキケーブルアジャスターにワイヤーを通すだけです。つまり、ケーブルを張った後に取り付けは出来ないので、ケーブルを張り替えるタイミングなどで装着することになります。

ブレーキケーブルアジャスターの使用方法

ブレーキケーブルアジャスターの使用方法

微調整する際には、通常のケーブルアジャスターと同じく、回転させることで調整ができます。

Vブレーキの調整方法SM-CB90

これがあるおかげで微調整が可能になるというわけです。

SM-CB90のクイックレリーズ機能

SM-CB90の最大の特徴はクイッレリーズ機構が備わっている点。

クイックレリーズの機構は無くても良いと言えば良いのですがブレーキの調整具合によっては遊びがほとんどなくなり、Vブレーキを解放しようと思ってもブレーキシューがリムに当たって解放できない状態になることがあります。

そのためにはブレーキケーブルを固定してあるボルトからを緩め、その度に調整をしななければいけなくなったりて非常に面倒な作業になります。

そういう面倒さを解消してくれるのがSM-CB90のクイックリリース機能で、これを使う事で容易にブレーキを解放することができるようになります。

クイックレリーズを解放して、ホイールを取り外し取り付けした後にクイックレリーズを締めれば、前の状態にすぐ戻すことができるのでかなり重宝しています。

ブルホーン化に関する記事はこちらにまとめてありますので参考にしてください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑