*

体脂肪率やBMIと自転車ダイエット

公開日: ダイエット, 記録 , ,

サイクリストと体脂肪率やBMIとダイエット

スポーツサイクルであるロードバイクやクロスバイクへの入り口は人それぞれ。

カッコ良かったからとか、流行ってるからとか、理由はいろいろあるかと思いますが、僕のように、運動不足解消やダイエットが目的でスポーツサイクルに興味を持ち、ハマってしまう人もきっと多いのではないかと思います。

楽しく身体を動かせる手段としてロードバイクやクロスバイクは最適だと思いますし、個人的には運動不足とダイエットの問題を一気に解決できる最高の手段だと思っています。

さて、身体の状態を把握する為には体重は非常に大切な情報ですが、身長と体重だけで身体の状態を判断していると、かたや脂肪でブヨブヨ、かたや筋骨隆々で実質は全く違うのに、同じ評価になってしまいます。

そこで近年健康的な身体作りの指標としてよく出て来る数値が体脂肪率BMI。自分の身体の状態を正しく判断するための指標としてよく利用されています。

プロ選手や一般人の体脂肪率

ツールドフランスで走るプロ選手は一日に7000キロカロリーも消費するというのは有名なおはなしで、これだけカロリーを消費しているのですからブヨブヨになるわけはなく、みなさんかなり絞り込まれた身体をしています。

逆に言えば、これだけのカロリーを消費しつつも走り続けられる体力は驚異的なわけで、流石は世界のトップレベルのプロともなると、一般人とは次元が違います

そんな彼らですから体脂肪率10%切っているのが普通のようで、プロアスリートの中でも、自転車競技をしている方々は体脂肪率が低めなようです。

僕の身の回りにも体脂肪率が10%を切っている人が数人居ますが、みなさんブヨブヨする部分が皆無というくらいに無駄な贅肉がありません。

ちなみに、肥満判定するためによく使われるLohman(1986)および長嶺(1972)だと、成人男性で10.0%~19.9%、女性の場合で20.0%~29.9%が標準的な数値となるようです。

自転車でダイエットを企んでいる人は、まずはこのあたりの指標を目標にして努力してみるのが良いのかもしれません。

健康診断のたびに意識するダイエット

梅雨の季節になるとやってくるもの。
それは健康診断。
日頃、身体の様子に無頓着な人でも、この時期ばかりは数値を気にするのではないでしょうか。

僕なんかは、あまりに健康だったので、健康診断を楽しみにしていたくらいでしたが、バリウムを飲まなければいけない年齢(35歳)を過ぎたあたりから雲行きが少ずつ怪しくなり、近頃はアラフォーというお年頃のせいもあり、検査結果にA判定以外もチラホラ見受けられるようになりました。

そんなわけで、なるべく良い結果になるようにと、春になると、健康診断を意識して、冬の間に蓄えた脂肪を絞るために運動量を増やし、来るべき健康診断に向けてベストな体重に調整するのが毎年の好例行事となっています。

そんな時には自転車の存在は大きく、僕の運動不足の解消やダイエットに非常に役立ってくれているというわけです。

さすがに寒い冬は流石に自転車に乗る機会も減ってしまいますが、春になって気温が上がってくれば、いよいよ自転車の季節到来ということで、走行量を増やして一気にダイエットを成功させるのです。

しっかりと絞り込んだ状態で健康診断を受け、問診の際には胸を張って「運動ですか?バッチリです!だって毎日自転車に乗ってますから!」と力強く答える爽快感。

ところが・・・今年は少し事情が違いまして、明日健康診断だというのに、全く絞り込めていないのです。

食べ続ける毎日で太ってしまいました 2016.6.15

実は今年、いつもの年よりもかなり食べました。

理由はハッキリしていて、世の中のお母さんたちが太ると原因としてよく言われることでもありますが、子供達の食べ残しを勿体ないから食べてしまうから、いつも食べ過ぎてしまうのです。

我が家では僕がその役割となっていて、自分の分を食べて満足しているにも関わらず、子供達の残した分を食べて、苦しいほど満腹になってしまうようなことが頻繁にあります。

食べなければ良いのですが、勿体ないと思うのは性分なのでどうしようもなく、去年の秋頃から現在にかけて慢性的な食べ過ぎ状態が続いております。

苦しいほど満腹になるような食べ方を繰り返していると、どんどん胃袋も大きくなってしまい、普段の食事の量も多くなります。

そのせいで、食べても食べても食べ足りず、何か食べていないと口寂しいというちょっとヤバい状態。

「いかん、このままではデブになってしまう」と思いながらも、悪循環からなかなか抜け出せないままズルズルときてしまいました。

過去最大に近づいた体重

そんなわけで、健康診断を目前にして、体重を意識するようになり、久しぶりに体重計に乗ってビックリ!

体重

身長175cmに対して体重74.9kg。

過去最高ではないものの、それに近いくらいの太りっぷりです。
最近なんだか身体が重いなぁと感じていたのも頷けます。

ちなみに、秋くらいまでは絞り込んだ生活をしていたため体重は69kgくらいでしたから、9ヶ月ほどでおよそ6kg近くも太ってしまったことになります。

6kgと言えば、最新のカーボンフレームのハイエンドロードバイク一台分と思うとショックです。

その他の指標

その他の指標も軒並み悪化していたのでメモ的に掲載しておきます。
以下、オムロンの体重計で計測出来る、身体の状態を示す指標の結果です。

体脂肪率

全体重における、脂肪の重さの割合を表したものになります。

体脂肪率

28.3・・・

思わず二度見してしまうほど。
もともとそれほど低くはなく22-24くらいではあったんですけど、こんな数値はかつて見た事がありません。

体脂肪率29%と言えば一般的な成人女性と同じレベルの体脂肪率です。

裏を返せば、僕の現在の身体は成人女性と同じ・・・ムヒョヒョ。などと喜んでいる場合ではなく、身体の約1/3が脂肪と思うと、僕のお肉はすっごい脂身で焼肉にすると燃えてしまうレベルなのでしょう。

流石に測り間違いだろうと、三度ほど計測しましたが、全て似たような数値でした。

BMI

Body Mass Indexの略で肥満度を判定する国際的な基準

BMI

BMIは29.3(目標値:22)

内脂肪脂肪レベル

ご存知メタボリックシンドロームの元凶とも言われる内臓周りに付く脂肪のレベル。
内脂肪脂肪レベル

内脂肪脂肪レベルは14(目標値:9)

最も気にしないといけないのはこの数値かもしれません。
糖尿病をはじめとする生活習慣病との関わりも大きい数値だそうで・・・。

骨格筋率

いわゆる筋肉の量で、筋肉が増えれば代謝もよくなり太りにくい体質になるのと、力がみなぎっているわけですからより活発的になれて、なおさら太りづらくなるというもの。

骨格筋率

骨格筋率は32.7%(目標値:36%)

しばらく筋トレをサボっていたら、すっかり弛んだ身体になってしまったようです。若い頃はそんなこともなかったんですけど、加齢とともに明らかに筋力が低下するのが早くなった気がします。

基礎代謝

生きてるだけで消費するエネルギー量です。
基礎代謝

基礎代謝は1671 kcal

高いと太りづらいようで、この数値が平均より高いため、少しだけ助けられているのかもしれません。

身体年齢

基礎代謝をもとに算出した体の年齢でオムロン独自の指標。
身体年齢

身体年齢は45(実年齢:41)

測定した体組成データをもとに総合判定しているそうです。

言い訳はいろいろあるけれど

忙しいとかいろいろ理由はありますが、しばらく怠惰に過ごしてきてしまったことが全ての原因。この半年、自転車もチョロチョロっとしか乗れてないんですよね。

このままでは愛車であるクロスバイクのESCAPE Airの制限体重80kgにも届いてしまう可能性があるので、ここらで心機一転、まじめにダイエットに取りかかろうと思います。

自転車にコンスタントに乗れば痩せる

自転車にコンスタントに乗れば痩せます
これはもう過去にも何度も経験してきたことなので、断言できます。
なので、しっかりと自転車に乗って付いてしまった脂肪を落としてみようと思います。

頑張れ俺!
頑張るぞ俺!

少なくともマンスリーで結果はメモしていこうと思うので、これからダイエットに励もうと思う方は一緒に頑張りましょう!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑