*

ビンディングペダルで立ちゴケしないための注意ポイント

公開日: ペダル, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

ビンディングペダルと立ちゴケ対策

クロスバイクやロードバイクに乗っていると、もっと速く走りたい!もっと遠くまで走ってみたい!というような欲求が出てきます。

そしてそのために出来ることを考えて、興味を持ち出すのが速度アップを目的とした改造・カスタマイズです。

その中で代表的な改造・カスタマイズと言えばビンディングペダルではないでしょうか。

ビンディングペダルにすることによって、速度アップできるかどうかは、人それぞれというところかもしれませんが、シューズとペダルをクリートと呼ばれる連結用の部品で連結するため、引き足が使用出来るようになるなどで、効率的に動力を推進力に変換することができるようになります。

しかしながら、ビンディングペダルを導入してから日が浅いうちは立ちゴケしてしまうこともあり、単純に魅力的なだけではなく、それなりに意識しておかないと危険な目に遭ったりすることもあるわけです。

立ちゴケとは
ビンディングペダルとシューズが外れず、足を着けられずにそのまま転倒してしまうこと。

僕自身、ビンディングペダル導入当初は何度か立ちごけしてしまったことがあり、ビンディングペダル恐怖症的な感じになってしまったこともありました。

そこで、僕自身がクロスバイクのESCAPE Airにビンディングペダルに換えて走行した際に立ちゴケしてしまったパターンなどを考えて、ビンディングペダルを導入しても立ちゴケしないように気をつけるべきポイントについて、まとめておこうと思います。

ビンディングペダルで立ちゴケしないために注意しておきたいポイント

ビンディングペダルで立ちゴケしないために注意すること

スピードが落ちてきたらビンディングペダルを外す

スピードが出ている時よりも、ゆっくりしたスピードでユルユルと走っている時の方が安定しないので立ちゴケしててしまいやすいと思われます。

例えば、細い道を走っている時に、不意に人が飛び出して来たり、段差等に引っかかってしまったり、予期しないことでバランスを崩すことがあります。

そんな時にビンディングペダルに不慣れだと、咄嗟にクリートを外すことが出来ずに立ちゴケしてしまったりするわけです。

ビンディングペダルに馴れた人は停止する直前までクリートを外さなかったりしましますが、慣れないうちは減速するタイミングがビンディングペダルを外すタイミングくらいに考えて、スピードが落ちればビンディングペダルを外すようにしておいた方が良いでしょう。

ちなみに、クリートを外す足ですが、右側を先に外すようにした方が、万が一の時でも車道側への立ちゴケ防止になって安全だと思います。

左側しか外さない人を見かけたりしますが、いくら馴れた人でも危ないんじゃないかなと思ってしまいます。

ペダルが下に来た時にクリートを外す

ビンディングペダルはペダルが下に来た時の方がクリートを外しやすいです。

理屈的には膝が曲がった状態よりも、足が伸びた状態の方が足首を捻りやすくクリートを外す動作がしやすいというわけです。

それを知らず、咄嗟の時にペダルが上になっていたりするとクリートが外れなくて焦ってしまうことになります。

なので、ビンディングペダルを外しやすいのはペダルが下になった時、というのを覚えておくと、いざという時に役に立つかもしれません。

ビンディングペダルと立ちゴケ

必ず両方のクリートを外す

ビンディングペダルに関する情報を拾い集めてみると、停車時も右側(車道側)は外さないままにしておく、というような上級者向き(?)の情報が見つかったりします。

レースなどで走ることだけを考えれば、その方が効率が良いからだと思いますが、公道で走る場合には何かのタイミングで重心が右側になってしまった時に、車道側に立ちゴケしてしまうことにもなりかねなません。

停車時は必ず両方のビンディングペダルを外すようにしておいた方が絶対に良いと思います。

ビンディングペダルのクリートのボルトが緩んでいないか乗車前に確認する

ビンディングペダルと立ちゴケ原因 クリート

乗車前は必ずビンディングペダルのクリートを留めてあるボルトが緩んでいないかを確認した方が良いと思います。

部分的にかなり緩みやすい場所のようで、確認せずに乗り続けると、知らない間にボルトが脱落していたりすることがあります。

ボルトが外れてしまうとビンディングペダルを外そうと足を捻っても、クリートが回転してしまって外れないという状態になってしまうことがあります。

ビンディングペダルと立ちゴケ回避方法

もしもそんな状態になってしまったら、焦らず慌てずで靴を脱ぐのが一番手っ取り早い立ちゴケ回避方法になると思います。

このようになると、ペダルからシューズを取り外すのに大変な苦労することになるので、走行前点検の一つとして、クリートのボルトの増し締めは必ず行なうようにした方が良いと思います。

ビンディングペダルで立ちゴケしないために注意しておきたいポイントまとめ

ビンディングペダルと立ちゴケの注意ポイント

立ちゴケしてしまう瞬間は出るはずの足が出ないなどで、ちょっとしたパニックになってしまいますし、自転車と言えど、落車時にはそれなりのダメージがあります。

ケガだけで済めば良いですが、時として非常に危険な自体になることもあるかと思います。さらには自転車自体にもダメージを与えてしまうこともあるので、極力避けたいことの一つです。

僕が今まで経験した立ちゴケで共通するポイントとしては、スピードが落ちた時で、Youtubeなどにアップされている自転車の立ちゴケ動画もユルユルのスピードで走行している時のものが殆どです。

なので、スピートが落ちればビンディングペダルを外す、ということを習慣づければ、立ちゴケのリスクはかなり減らせるものと思います。

停車ギリギリまで外さない人たちと比べると、付けたり外したりの作業は多くなってしまいますが、ビンディングペダルに慣れないうちは、早めの取り外しを励行した方が良いでしょう。

立ちゴケは恐れなくて良い

ビンディングペダルの最大のデメリットである立ちゴケですが、次第に上手いクリートも外せるようになり、立ちゴケすることもほとんどなくなってきます。

車の運転等と一緒で、慣れた頃が一番危ないような気もしますが、いずれにせよ、使い続ける中で、立ちゴケすることや、冷やっとすることも少なくなり、それほど恐いものではなくなってきます。

そうなるとビンディングペダルにすることによって、通常のペダルでは出来ないような走りが出来るようになったりで得られるメリットが大きくなります。

立ちゴケは本格的なサイクリストになるために避けては通れない道などと言われることもあるようで、誰しもが経験することでしょうし、それほど恐れることではないと思いますので、ビンディングペダルの導入を迷っている人も、思い切って導入してみてはと思います。

僕のように、ビンディングペダルを使用していたものの、やめてしまったりする場合もありますが、ビンディングペダルと普通のペダルとでは、走行した感じや、ペダリングなどにも差があるため、ビンディングペダルというものがどういうものかを知ることで自転車ライフを豊かにするのは間違いがなく、経験として一度は試してみる価値はあるものだと思います。

ちなみにおすすめのビンディングペダルはShimano片面だけのSPDペダルのPD-A600というモデルです。

クリート受け面が片面だけなので、ビンディングペダルを使用しない時はフラットな面を使用できて便利で、アルテグラグレードでビンディングペダルの中ではかなり軽量というのも魅力です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑