*

初心者がクロスバイクやロードバイクを購入する前に知っておいた方が良いこと

公開日: 感想・考察・レポート, 自転車全般

初心者がクロスバイクやロードバイクを購入する前に知っておいた方が良いこと

スポーツバイクって何さ?

「バイク?自転車でしょ(笑)」
「所詮自転車でしょ。ママチャリと何が違うの?」
「ロードバイクとクロスバイク?ハンドルが違うだけでしょ?」

これが僕がスポーツバイクに乗る前のクロスバイクやロードバイクに対する認識でした。そんな感じで初心者っていろいろと知らないことがあるので思い込みで決断をしてしまうと間違った選択をしてしまいかねません。

そこで、僕自身の失敗を踏まえ、初心者がクロスバイクやロードバイクを購入する前に知っておいた方が良い事をまとめてみました。

初心者はスポーツバイクはネットで買わない方が良い

初心者はスポーツバイクはネットで買わない方が良い

クロスバイクとロードバイクのスポーツバイクと呼べるスペックがあるとされる最低ラインの価格

僕が初めてスポーツバイクを買おうと思った当初はネットで買おうとしていました。

最初はAmazonで調べてドロップハンドルのついたロードバイク(風)の自転車に決めかけていました。価格はいずれも2〜3万円台。しかし、レビューを見ると、届けられてからの調整方法など、ちょっと自分の知識では難しいと思われる問題もあったり、どれを選ぶのが自分にとってベストなのかわからなかったことから、ポチッとするのを一旦思いとどまり、まずはクロスバイクやロードバイクの情報を調べることにしました。

間違った選択をしたくなかったので、スポーツバイクの入門機として相応しくて、でも乗っててそんなに恥ずかしくないような自転車は何か?なんていうことを中心に調べたりしていたわけですが、その中で見つかったいろいろな情報を総合するとスポーツバイクとして最低限のスペックのあるクロスバイクは5〜6万円くらい、ロードバイクになると10万円くらいが最低ラインになるようです。

それまで候補に挙げていたネットで売ってるような2〜3万円の自転車は、スポーツバイク風の自転車であって、中身のスペックはスポーツバイクとは呼べないレベルのものがほとんどということもなんとなく解ってきたのでした。

スポーツバイクメーカーの自転車はネット販売していない

そうしていろいろと調べているうちに、スポーツバイクとして最低限のスペックがあり、入門機としておすすめかつ絶対的な人気のある車種としてESCAPE R3というクロスバイクの存在を知りました。

その時点でまだネットで買う事を諦めてはおらず、ESCAPE R3がネットで売っていないものかと探してみたのですが、どうしたものかGIANTやその他の自転車メーカーのスポーツバイクはネットで売っていないことに気が付きました。

後になって知りましたが、GIANTなどいわゆるスポーツバイクメーカーは、対面販売(実店舗での販売)を基本としていて、ネットでの販売を行なっていないのですね。

対面販売しか行なっていないのにはちゃんと理由があり、完成品を誰でもすぐに乗れるママチャリやシティサイクルなどと違い、スポーツバイクの場合はフレームサイズの選択やポジション出しが必要なのはもちろん、クイックレリーズなど馴染みのないものも多く、購入した後も快適に、そして安全に乗り続けるためには、ショップの人に一通り説明してもらう必要があるのです。

スポーツバイクのことがよく解っている人であれば、ネットでフレームやパーツを買い揃えて、全て自分で組み上げたりもするようですが、初心者にはハードルが高過ぎて、マニュアルを見ながらなんとか組み上げたとしても、性能を活かしきれるような調整などはまず無理だと思います。

そんな理由などから、初心者はネットでクロスバイクやロードバイクを買わずに、スポーツバイク専門店に出向き、スタッフと相談しながら最適なスポーツバイクを購入するのが間違った選択をしなくて良いというお話になるわけです。

ちなみにメンテナンス用品などはネットで買った方が安い物が多いので、基本的にネットで買っています。

どういう乗り方をしたくてスポーツバイクを買うかをなんとなくでもイメージしておく

どういう乗り方をしたくてスポーツバイクを買うかをなんとなくでもイメージ

ネットでのいろいろな評価を参考にしつつ、評判の良かったクロスバイクのESCAPE Airを買いにGIANTストアまで行きました。

僕の場合、クロスバイクのESCAPE Airを選択したのは、純粋にスポーツバイクに乗って楽しみたいという他に、改造、カスタマイズをして楽しみたいという目的がありました。

スポーチバイクの下調べの段階で、ESCAPE R3を改造しているブログなどが多数見つかり、それらを読んでいると改造、カスタマイズも楽しそうだなと思い、当初から改造カスタマイズも念頭に入れた上でESCAPE Airを選択したので選択自体についての後悔はありませんが、それでも「別の自転車にしても良かったかな」と思うことや「他の自転車も欲しい」と思う事が全く無いわけではありません。

それはスポーツバイクと一言に言っても、それぞれに長所や短所と言いますか、どういった乗り方をするかによって最適な自転車が変わってくるからで、快適な自転車ライフを送ろうと思うと、それぞれの乗り方に適した自転車を乗り分けるのがベストであり、突き詰めれば一台の自転車では満足できなくなってしまうのです。

例えば服装にカジュアルとフォーマルがあり、フォーマルの中でも場面に応じて相応しい服装が細分化されているように、自転車も用途に応じて細分化されていて「自転車で何をしたいか?」「どんな道をどんな風に走りたいか?」などで、購入すべき自転車が変わってきます。

自転車をジャンルでザックリと大別するなら

● オフロード用のマウンテンバイク。
● オンロード用のロードバイク。
● 中間のクロスバイクやシクロクロス

などになると思います。

ロードバイクをさらに細分化すると

● タイムトライアル仕様
● 長距離レース仕様
● 街乗り仕様
● ヒルクライム仕様

などなど、それぞれの目的によって仕様が少しずつ違ってくるので、全く違う乗り物になると言っても過言では無いと思います。

もちろん自転車は自転車ですから、タイムトライアル仕様だからと言って街乗りが出来ないわけではないですが、用途の違う乗り方をするということは、それ専用の自転車と比べると、快適さや性能が大きく違ってくるわけで、出来るならば用途に最適な自転車を選択するのが最も幸せになれるというわけです。

なので漠然と「ロードバイクが欲しい!」と思っていても、実際の乗り方として、凸凹道や街乗りメインだったりすると、自転車をすぐに痛めてしまったり、ロードバイクの長所が活かせず「なんかロードバイクって思ってたより面白くないな」と、楽しさよりも不快さが勝ってしまうこともあるかと思います。

クロスバイクを買った多くの人が、自転車の楽しさにハマり、すぐにロードバイクを欲しくなるという良く有る現象も似たようなことが原因だと思いますが、自転車の楽しさを知り、購入当初は考えていなかった「もっと速く走る自転車が欲しい」とか「自転車に乗って遠出してみたい」などと思いはじめると、クロスバイクを購入した人は、クロスバイクよりスピードが出しやすく、長時間のライドでも疲れが少ないと言われるロードバイクが欲しくなってしまうのです。

そんなわけでクロスバイクやロードバイクを購入する時には「自分がどのように自転車を乗るか?」「どんな場所をどのように走りたいか?」ということを、だいたいでも良いので最低限イメージしておいた方が良いと思います。

目的や用途が具体的になればなるほど、お店の人もアドバイスしやすくなりますし、最適な自転車をチョイスできるものと思います

購入前に予算を決める人は多いと思いますが、実は予算よりも、こうした目的や用途を決めておく方がスポーツバイク選びでは大切で、多少予算を無視してでも、本当に乗りたい物を選ぶという姿勢が、新しく買い直すというようなこともなくなり、結果的に低予算で最適なスポーツバイクを選択できるようになるはずです。

自転車に相応しい服装のこと

自転車に相応しい服装

どんな自転車を選ぼうと、乗り方は人それぞれなので、この自転車を買ったのであればこういう乗り方を必要がある、などの決まりのようなものはありません。人それぞれが、好きな自転車を好きなように乗れば良いのが大前提ではあります。(交通ルールは守ってね)

なので服装に関しても、カジュアルな服装でも、ピチピチのサイクルジャージでも好きな服装で乗れば良いものではあります。

しかしながら、乗る自転車に応じてそれなりの格好をした方が、全体として見た時にカッコ良く見えたり、快適さが大きく違ったりするので、できるだけ自転車や目的に合わせた服装した方が良いと思います。

例えば、レーシーなデザインのロードバイクだと、カジュアルな服装で乗っているよりは、ピチピチサイクルジャージの方が絶対にカッコ良く見えますし、乗っている時も空気抵抗が少なく、ストレッチも効いてかなり快適になります。逆にジーンズで長距離を乗ったりすると非常に疲れるどころか、皮膚が擦れて大変辛い思いをするなんてことにもなりかねません。

街中でピチピチのサイクルジャージを着ているロードバイク乗りに対して「プロでもないのに」などと言う人も居るようですが、スポーツ目的でロードバイクに乗るのであれば、その他のスポーツと同じようにそれに相応しい服装で乗るのが正しいと思います。

野球をするのであればユニフォームを着ますし、マラソンをするのであればランニングウェアを着るように、ロードバイクに乗るのであれば、サイクルジャージを着た方が絶対に良いわけです。

サイクルジャージを一式揃えるのは、それはそれでまとまった出費が必要ですが、ロードバイクに乗っていて快適さを求めれば、遅かれ早かれで必ず辿り着く場所でもあるので、ロードバイクに乗るための必要な出費と考えた方が良いでしょう。

クロスバイクの場合はロードバイクに比べればカジュアルな自転車として使いやすいですから、どんな服装でも乗れるオールマイティさがありますし、いわゆるオシャレ系の方が好んで乗っているシングルギアのシンプルな自転車やミニベロなどの場合は、ロードバイクのようなドロップハンドルでもカジュアルな服装でも違和感がないように思います。

僕個人の考え方としては冒頭に書いたように、レース等に出るのでなければ、絶対にこうしなさいという決まりはありませんから人それぞれに自由な服装で乗れば良いものであはりますが、それなりの服装をした方がより快適でより楽しくなるものなので、装備品の1つとして準備するのが良いと思います。

初心者が自転車屋さんに行って伝えること

初心者が自転車屋さんに行って伝えること

初心者がスポーツバイクを買いに自転車屋さんに言って伝えるべきポイントを下記にまとめてみました。

自転車屋さんに訪問する前に、自分なりにいろいろと検討しておくと、最適なスポーツバイクが選択しやすくなると思います。

予算

個人的には予算はある程度、度外視してでも、自分が本当に乗りたいと思うものを購入した方が、後々を考えても間違いの無い選択になると思いますが、「良いものをくれ!」とだけ伝えると、際限なく良いものが出てくるの可能性もあるので、ある程度の予算は決めておいた方が良いと思います。

予算を伝えれば、その範囲で最適な自転車が絞られてくると思います。
またパターンとしていろいろと目移りしてしまうので、数万円程度は幅のある予算を見ておいた方が良いでしょう。

ちなみに予算の目安としては下記の通りです。

● 入門クロスバイク:50,000円〜
● 本格クロスバイク(フラットバーロード):100,000円〜
● 入門ロードバイク(SORA):100、000円〜
● ロードバイク(Tiagra):130,000円〜
● ロードバイク(105):200,000円〜

用途(メインの使用目的や希望)

スポーツバイクの乗り方や使用目的によっても最適な自転車は変わってきます。

例えば、レースに出でバリバリに走りたいのであればロードバイクの方が良いでしょうし、レースの種類でも最適なロードバイクは変わってきます。

なので、坂道を走ってみたいとか、それとも通勤に使いたいとか、雨でも乗るのか、凸凹道も走るのか、どれくらいの距離を走るのか、スポーツ用途ではなくオシャレ自転車が欲しいなど、想定している使い方や希望をできるだけ具体的に伝えることによって、自分にとって最適な自転車が何かを絞り込みやすくなるのです。

将来的な展望

もしも将来的にレースに出てみたいなどの希望があれば、それも伝えた上で選択してもらうのも良いかもしれません。コンポーネントのグレードやハンドルの形状などによって出られないレースもあったりしますし、ヘルメットの着用も義務づけられていたりするので、そのあたりで仕様や必要な装備が変わってくるのです。

なので、将来的な憧れも踏まえて、スタッフの方に相談してみるのも良いと思います。

初心者がクロスバイクやロードバイクを購入する前に知っておいた方が良いことまとめ

初心者がクロスバイクやロードバイクを購入する前に知っておいた方が良いこと

僕がスポーツバイクに興味を持った頃のことを振り返り、スポーツバイクを購入する前に知っておいた方が良かったなと思う事をいろいろと書いてみました。

とどのつまりは、クロスバイクやロードバイクも所詮は趣味の自転車なので、そんなに難しく考えず、自分が買いたいモノを買い、乗りたいように乗るのが一番だと思います。

しかしながら、どのように乗りたいのかなどの目的が違えば、最適な自転車も変わってくるので、そのあたりのイメージを具体的にして、あとは実際にお店に出向いてスタッフの方と相談すれば、適切な自転車をチョイスしてくれると思います。

初心者がスポーツバイクを購入前に知っておいた方が良いことまとめ

● 予算を決める
● 目的を決める
● 用途を決める
● 上記を踏まえた希望を伝えて相談する

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑