*

クロスバイクのescape airと適正体重について考えてみた

公開日: 感想・考察・レポート, 自転車全般 ,

クロスバイクと適正体重

常々、痩せたいと考えている管理人です。

というのも、僕の身長は175cmで体重は74kg前後。
どちらかと言えば骨太さんではありますが、体脂肪率やBMIの数値が年齢とともに適正値を上回るようになっているため、健康を考えれば、もう少し身体を絞るべきなのです。

そんな僕が日頃から体重が気になっているのにはもう一つ理由があり、現在の僕の愛車であるクロスバイクのescape airの適正体重を越えてしまうのではないかという懸念があるからです。

というわけで、そのあたりの懸念をハッキリさせるためにクロスバイクのescape airに乗り続けるためには一体どのくらいの体重が適正なのかについて調べてみることにしました。

クロスバイクのescape airの適正体重

クロスバイクのescape airを購入した際に貰った保証書には確か、80kgまでという体重制限の記載があったと記憶しています。

当然ながら、80kgまでは保障しますけど、それ以上の体重の人が乗った場合は知りませんよ、ということであって、81kgの人が乗ったらすぐに壊れる、というものであはありません。一応、念のため。

なので僕の体重の74kg程度であれば、特に問題が無いと思われますが、自転車は便利なので、家から少し離れたスーパーなどへ買い出しに行くことも多く、ビールなんかを買い込んでしまうと、荷物が6kg程度だと簡単に越えてしまうので、そんな時には「自転車への負荷が大きいんだろうなぁ」などと心配しながら帰るのです。

クロスバイクのescape airのタイヤの太さと適正体重

クロスバイクのescape airのタイヤの太さと適正体重
次に、フレームの適正体重をクリアできたとしても、タイヤの太さで引っかかるような気がする今日この頃。

僕のクロスバイクのescape airには23Cのタイヤを履かせているわけですが、700×23Cのタイヤの基準となる空気圧は約7.0気圧(約100PSI)程度のようです。
ところが、この適正空気圧というのは体重によって変わるようなのです。体重が重ければ重いほど、適正空気圧は高めの方が良いようです。

で、僕の体重の場合だと、空気圧を高めにする後輪などは一般的な23Cタイヤの上限値である約8bar(約120PSI)近くまで入れることになりそうです。

余談:適正な空気圧は個人が決めればいいじゃない

上記のように一応の目安となる基準はあるようですが、今回いろいろと空気圧について調べてみたところ、以前は、体重と空気圧の推奨値をホームページで紹介していたヴィットリアやミュシュランでもリンクが切れて、該当するページがなくなっているようです。

その代わりに

理想的なタイヤの空気圧は?
適正な空気圧はたくさんの要素によって変わってくるため、特定のバイクやライダーにとって適正な空気圧を推奨することは不可能です。
フレームとホイールの素材・構造と堅さ、重量配分、アスファルトの路面状況、タイヤとチューブの幅・素材、天気と気温、そしてライディング・スタイルも、適正な空気圧を決める要素となります。 これらの観点から、下記チャートが適正な空気圧を見つけるための参考になりますが、これは決まったルールという訳ではありません。

理想的なタイヤの空気圧
ウェットな路面や荒れた路面状況の場合は、0.5bar (7.5psi) 減らして下さい。 チューブラーの場合は0.5bar (7.5psi)増やして下さい。
最適な空気圧は、路面状況や天候状態、バイクの素材やセットアップ状況、ライダーの体重やライディングスタイルなど、多くの要素によって変わってきます。 適切な空気圧を見つけるには、様々な空気圧で何度かテストしてみることが一番です。いくつかコーナーのある、短めのクリテリウム・コースのような場所でテストしてみるのも良いでしょう。

推奨空気圧で始めて、少しずつ走りながら空気圧を5psiずつ減らしてタイヤが少し窪んでいるように感じたら、それがあなたにとっての最低空気圧になります。 そして上記の適正空気圧まで5psiずつ増やして、タイヤが路面から跳ねたり弾みだすようになったら、それがあなたにとっての最大空気圧になります。 そこから5psiずつ減らして、コンディションに合わせてベストだと感じる空気圧まで調整して下さい。

タイヤの空気圧、路面状況やコースの詳細、天候状態、タイヤの種類、ブランド、TPI、使用したバイクとあなたのその日の体重などを一緒に記録して下さい。 その記録がレースの際に、路面コンディションに合った最適なタイヤを選ぶための効果的なツールになるでしょう。

引用元:http://www.vittoriajapan.co.jp/vittoria-tire-faq/

というような感じで推奨空気圧について記載されていたりして、要するに、味覚などと同じで「適正な数値は個人で変わるから自分で体感して決めなさい」というようなことらしい。

コンチネンタルやパナレーサーなどその他のメーカーでも同様に空気圧に関する目安を掲載していないのは、きっとそういった理由からなのかもしれませんし、それが今のトレンドなのかもしれません。

話が少し脱線してしまいましたが、とにもかくにもまぁ空気圧に関しても、上限値に近いような体重であるのは間違いがないようです。

ちなみに、上限一杯まで空気を入れてしまうと、走りは飛ぶような速さを感じるものの、固すぎて跳ねる感じもあって、少し控えめの100〜110PSI程度にして乗っています。

クロスバイクのescape airに乗る際に体重を落とすことのメリットを考える

クロスバイクのescape airに乗る体重
上記のように体重74kg程度の僕の場合、クロスバイクのescape airに乗るには、適正体重の範疇ではありますが、これ以上体重が増えたり、ちょっと荷物が多い時などは、適正体重を越えてしまう可能性がある程度には、上限に近い体重だと言えると思います。

それを考えるとまぁ、今より体重を落とした方が良いのは間違いないようなので、今後ダイエットに取り組んでより快適なサイクリングが出来るようになればと思います。

では少しでもモチベーションが上がるように「自転車に乗る」という視点から、体重を落とすことのメリットについて考えてみると、だいたい下記の点が大きなメリットになるかもしれません。

身体が軽くなる=軽量化

ロードバイクやクロスバイクにとって、車重に対する価値というものは、かなり重要視されているポイントでもあります。なので、いろいろ改造やカスタマイズをする際にもパーツの重量は多少なりに気にしますし、世の中には軽量化マニアなるものが存在し、自転車の軽量化に熱心な方も沢山居られます。

行き着く所まで行き着くと、数グラム単位での軽量化を行なうようになるので、「痩せた方がよっぽど効果がある」などのセリフが、軽量化した報告の後に自虐的に必ず付けられたりもするくらいです。

例えば、僕の場合、ベストな体重の66kg程度まで体重を落としたとするならば、約8kgも違うわけです。つまり、2リットルのペットボトルを4本分と考えると、これだけで出せるスピードが5km/hくらいは違ってきそうな気がします。十分絞り込む価値はありそうです。

腹が出なくなる

自転車に乗る時の基本姿勢として、背中を丸めて乗ります。そうすると現状でお腹のお肉が少し出てしまっている状態で、腹筋を緩めてしまうと、上げた脚のフトモモにお腹のお肉が触れてしまうといった有様です。

ピチピチなサイクリングウェアは着ては居ないので、お腹が出ているのが目立ったりはしないと思いますが、カッコ悪いのには違いがありません。体重を落とせばまずお腹のお肉が無くなるでしょうし、美しいボディラインも蘇るはずです。

自転車により快適に乗る為にダイエットするぞ宣言

自転車でダイエット
若い頃はストイックに色々なことに挑戦出来ていた僕ですが、加齢とともに自分に対して甘くなってしまい、ストイックさが失われてしまったと感じる今日この頃。

不言実行だと、何も実行しないまま日々が過ぎてしまうので、ここらでダイエット宣言して、真剣にダイエットに挑んでみようかと思います。

ダイエットが成功した暁には、ビフォーアフターの写真を載せたりはしなませんが、自転車の乗り心地などの変化についてのレポートくらいは書ければな、と思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑