*

携帯便利なロードバイク用スタンドを探してみた

公開日: スタンド, 自転車メンテ・改造

ロードバイク用スタンド

ロードバイクにスタンドは無くても良いけど有った方が便利

一般的なスポーツバイク、とりわけロードバイクには自転車スタンドを装備していないことが殆どです。

自転車スタンドを装備していない理由としては、元々レース用の自転車なので駐輪することを前提としておらず装備自体が必要ないないとか、装備すると見た目が悪くなるとか、カーボンフレームなのでスタンドを取り付けられないなどいろいろあるかと思います。

実際問題でロードバイクなどのスポーツバイクは盗難などのリスクもあり、自転車から長時間離れることも少ないため、自転車スタンドの必要性がシティサイクルほど高くはありません。

クロスバイクの場合はロードバイクに比べるとシティサイクルと同じ用途で使用している人も多いと思われるので、自転車スタンドを装備している割合は多くなります。

僕の場合もクロスバイクのESCAPE AirをGIANTストアで購入した時には「有ると便利」という理由で自転車スタンドを装備してもらいましたが、いざクロスバイクに乗りはじめると、主に夜中ばかり乗ることや、目的地に付くまで自転車から降りないことがほとんどで、自転車スタンドが無くても問題無いと感じたため、数ヶ月で取り外してしまいました。

なので、基本的に自転車スタンドが無くても困ることはありませんが、あれば便利だろうなと思うシーンは時々あります。

自転車を何処かに駐輪したい時に、スポーツバイク用のサドルで吊るタイプのスタンドなどが無い場合や、立て掛けるスペース等が無い場合、その場所に立ち寄ることを諦めることも少なくありません。

普段は自転車に装備していなくても、使用する時だけ使えるような携行出来る便利なロードバイク用スタンドがあるとのことで、検討するべく下調べしてみました。

ロードバイクに装備しなくて良い自転車スタンド

クランクアーム固定型

TOPEAK(トピーク) フラッシュスタンド スリム

クランクアームを支柱代わりにして固定して自立させるスタンド。
重量は138gと軽量。

シマノ製のクランクアームならだいたい使用できるようですが、全て使えるわけではないようなので、購入前は適合するかの確認が必要とのこと。

折りたたみ時でL145×W40×H22mmと小さく、安定もするようなので、人気の高い携行スタンド。

160209_5
Photo via:http://topeak.jp/stand/tol14700.html


フレーム固定型

TOPEAK(トピーク) フラッシュスタンド TOL129/TW006

ボトムブラケットの底面で支えて、アームをダウンチューブにかませて固定するタイプのスタンド。
折りたたみも出来ますが、重量は500gでかなり重ため。

スタンドをセットすると後輪が浮くため、出先で何かメンテナンス的なことをする必要が出た場合等には便利そうです。

ロードバイク用自転車スタンド
Photo via:http://topeak.jp/stand/tol12900.html

BB固定型

N+1 ボトムレッグ(センタースタンド) ブラック KC136AA

ボトムブラケット部分に固定するタイプの自転車スタンド。
カーボンフレームでも取り付けが出来るのも特徴。
重量は約160g。

携帯するタイプではないですが、見た目を損なうことなく取り付けられる自転車スタンドで便利そうです。

419Lky6McML
Photo via:【KC136AA/BK】KC136AA ボトムレッグ センタースタンド ブラック

スティックタイプ

アップスタンド アップスタンドセット 26インチ、700C用 携帯用カーボンサイドスタンド

後輪のシャフト部分に小型のアタッチメントを固定して、スタンドが必要な時に、スティックタイプのスタンドとアタッチメントを合体させて使用するスタンド。

もともとクラウドファンディングのkickstarterから出て来た商品のようで、なかなか画期的なスタンドだと思います。カーボン製で軽量(40g)なのも魅力。

折り畳めるタイプのスタンダードタイプと、折り畳めずフレームに固定するCommuterタイプがあるようです。

構造上、重量が掛かると割れてしまうなどの問題も多いようですが、スマートさはピカイチでしょう。

ちなみにこのスタンドを使用する際は、アタッチメントを装着するので、クイックリリースのシャフトは130mmではなく135mmにした方が無難です。



つっかえ棒タイプ

ミノウラ PHS-1 Bike Rest(バイクレスト) スタンド

つっかえ棒のようにしてフレームを支えるタイプ。
重量は119グラムと軽量で、かつ折りたたみできて携行製もよく、価格もお手頃なのが魅力です。

自転車のサイズによっては取り付けられないなどの問題もあるようなので、購入前は公式サイトの適合車種を参考にした方が良いでしょう。

ロードバイク用自転車スタンド
Photo via:http://www.minoura.jp/japan/rack/kickstand/phs-1.html

ドリンクホルダーを取り付ける部分のネジにアタッチメントを取り付けるようで、ボルトの位置によって取り付けできる場合と出来ない場合があるそうですが、折りたたみも出来て携行性も良さそうです。

ロードバイク用携帯できる自転車スタンドまとめ

携帯出来る自転車スタンド・・・「そんなもん無いかも」と思いつつの調べ物ではありましたが、意外といろんな種類があって驚きました。

それなりに需要はあるのでしょうね。

共通しているのは、どれも基本的には安定しなくて気休め程度のスタンドという点。しかし僕が以前使用していたGIANT純正のスタンドも風が強い場所などでは安定しなかったです。

スポーツバイクの場合は車重が軽いことやハブの回転性能が良いこともあり、ちょっとした風でも動いてしまうので、片足スタンドで安定させること自体に無理があるのだと思います。

遠出した際に自転車を立て掛ける場所も無く、かと言って地べたに自転車を寝かせるのも考えたい場合とか、広々とした背景をバックにカッコ良い自転車写真を撮りたい場合は、上記のようなスタンドがあると絶対に便利なので検討してみる価値はありそうです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑