*

自転車を盗難被害から守るにはダブルロックを徹底すべしらしい

公開日: 盗難対策, 自転車全般

自転車の盗難被害

自転車に付いて回るリスクと言えば盗難。

盗難防止の一番の基本は、ちょっとコンビニに立ち寄る程度であったとしても、自転車から少しでも離れる場合には必ず施錠する、というのは、ロードバイクやクロスバイクに限らず、シティサイクルなどでも基本だと思います。

ところが、施錠をしても盗まれてしまうよ、という少し気になるニュース記事を発見。

自転車盗難、施錠と無施錠で被害同数 苫小牧(2015/9/8 北海道新聞)

記事を要約すると

2015年1〜7月に盗難被害に遭った122台を調べたら、施錠してあった自転車が丁度半数の61件。
2011年~14年の年間盗難件数でも、盗難された自転車のうち施錠してある自転車が約半数だったそうです。

上記の記事を読んで「えええっ!?鍵をしてもしてなくても盗難リスクは同じなの!?」と思ってしまった僕ですが、冷静に考えれば、施錠してある自転車の全体数と、施錠してない自転車の全体数では、ものすごい数の差があるはずですから、盗難被害の数が同じでも、母数は全く違うはずなので、施錠していない自転車と施錠してある自転車で盗難リスクが同じというわけでは無いのでそこのところは注意。

しかしながら、一つの鍵で安心してはいけない、という注意喚起のための記事として考えるなら、なかなか優秀なリードの仕方だと思います。

で、鍵をしてても盗まれるならどうすれば良いんだ!?という素朴な疑問の答えとしては、複数の鍵を付ければ良いわけです。

自転車を盗難被害から守るにはダブルロック

多くのシティーサイクルの後輪に装備してあるのはサークル錠ですが、最近のものは改良されているもの沢山販売されているようですが、割と簡単に解錠出来てしまうことで有名な鍵です。

要するに、その気になれば簡単に盗むことが出来てしまうような状態で街中に放置されているのと同じようなものなの、というわけです。

そこで推奨されるのがダブルロック。
その名の通り鍵を二つ付ける防犯対策です。

鍵が一つだけなら盗む側にしても手間が少なく盗みやすい自転車となりますが、鍵が複数してあれば、非常に面倒な自転車となるわけで、盗人の気持ちを萎えさせる効果があるのがダブルロックなのです。

自転車を盗難被害から守るにはダブルロック

鍵の数は多ければ多いほど、盗難防止の効果が高まる。というわけで、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクと、一般的なシティサイクルのダブルロックについて考えてみたいと思います。

スポーツバイクの場合のダブルロック

クロスバイクやロードバイクの場合は、高価であることなどから盗難に遭いやすい自転車であるため、そもそも屋外に長時間放置したりはしない、という人も多いと思いますし、放置するにしてもダブルロックや地球ロックは当たり前と思っている人も多いのではと思います。

長めの鍵でホイールを守って地球ロック

スポーツバイクの場合はホイール等が簡単に外せるため、ホイールを盗まれないように気をつけなければいけなかったり、鍵をしていても自転車そのものを持ち去られる可能性もあるので、地球ロックをするためにワイヤー系の長い鍵は必須アイテムだと思います。

長いロックと言えばワイヤーロックですが、ワイヤーが細いと、簡単にカットされてしまう可能性もあるので、なるべく盗難リスクを減らす為に、個人的にはワイヤーロックはあくまでコンビニなどに立ち寄る際の簡易的なものと考えて、長時間自転車からは慣れる場合には、ブレードタイプの鍵がおすすめしたいと思います。

ブレードタイプの鍵は使わない時はコンパクトに折り畳めて携帯にも便利ですし、ワイヤーカッターなどではカットされづらいという利点があります。

このタイプの長さのある鍵を持っていれば、前輪とフレーム、あるいは、後輪とフレームと地球ロックなども出来るようになり、長時間自転車から離れる場合でも安心感が出てきます。

関連記事
自転車盗難防止と携行に便利なtateのフォールディングロック コンボ LKW17602を購入

U字ロックを見ると盗難する気が失せる

僕がもし自転車泥棒だったとすると、施錠されていて嫌だなぁと思う鍵のタイプはU字ロックだと思います。

地面に触れるような低い場所で施錠されている場合は、ジャッキなどを使えば破壊できるようですが、地面に触れないような高い位置に施錠されている場合などは破壊が難しくなるようで、防犯効果が高くなると思います。

僕が駐輪場にクロスバイクのescape airを保管している時に使用しているのもU字ロックで、これに両端が輪になったワイヤーを使って前輪と後輪をしっかりと守るような施錠をしていて抜群の安心感です。

シティサイクルの場合のダブルロック

シティサイクルの場合は、後輪のサドル下にサークル錠が装備されているのが標準だと思います。

昔は前輪にも鍵があったと思いますが、ドライバー一つで簡単に外せてしまうのでほとんど意味が無かったですよね(笑)

施錠しつつも盗まれるのは、サークル錠だけしか施錠していなかった場合ではないかと想像できます。サークル錠は本当に簡単に開いてしまうので、コンビニで買い物程度だと簡単で良いでしょうが、長時間の場合は信用出来ないと思っておいて間違いないと思います。

そんなわけで、シティサイクルの場合は、サークル錠の他にもう一つ鍵を取り付けた方が安心なわけです。

さて、そこで一つ鍵を選ぶとしたら、どんな鍵を選べば良いのか?。

個人的にはU字ロックと悩んでしまうところですが、通学・通勤などでなるべく荷物を少なくしたいと考えると、ブレードタイプの鍵が使わない時はコンパクトになって良いと思います。

自転車の盗難被害 U字ロック

この鍵も弱点は有ることは有るんですが、シティサイクルをそこまで必死に盗む理由もないわけで、サークル錠とこの鍵で盗難はかなり防げるのではないかと思います。

目立つ色の鍵を付けよう

持ち運びすることを考えると、僕の場合は上記のブレードタイプの鍵を選択することになると思いますが、ワイヤー系やチェーン系の鍵で赤など目立つ色の鍵を選択して自転車に巻き付けておくのもアリかと思います。
傍から見て、あ、鍵が沢山してあるな・・・と思わせる事が、盗難抑止にも効果がものと思います。

ロードバイクやクロスバイクの場合は、このような細いワイヤー錠だとコンビニ程度でしか使いたくないですが、シティサイクルであれば、これでも十分じゃないかなと思います。

というのも、シティサイクルなどを盗む人は、転売目的ではなく、その時の”足”として盗むことが多いでしょうから、盗むのであれば、開けやすいサークル錠だけの自転車をを探すと思います。

街中に放置して捨てるほどあるシティサイクルですから、わざわざ鍵付きの難易度の高いものを盗まなくても良いわけで、余分な鍵が付いている場合はスルー対象になるはずです。

なので、防犯意識が高い系を盗人に対してアピールするために、赤い鍵が目立つように自転車に付けられていれば、それだけでも盗もうとする意欲は低下するでしょう、という考えです。

自転車を盗難被害から守るにはダブルロックまとめ

ロードバイクやクロスバイクの盗難となると、かなり厳重に考えておかないと、痛い目に遭いかねませんが、シティサイクルの防犯対策と考えれば、それほど大仰にならずとも、身の回りの簡単な鍵を使用したとしても、それなりの防犯効果はあるのではと思います。

いずれにしても、盗られてしまってからでは遅いので、多少面倒になろうとも、しっかりと盗難対策をしておくことをお勧めしたいと思います。

Comment

  1. 通りすがり より:

    通りすがりで失礼します。

    自転車泥棒の多い街で育ったので、「複数の鍵を付ければ良い」という論調はちょっと違和感があります。

    もちろん、錠1個よりは錠2個の方がマシなことは間違いないですが、自転車泥棒にとっては「錠#1の開錠時間 + 錠#2の開錠時間 + 錠#3の開錠時間 + …」の合計こそが盗むか盗まないかの判断材料だと思いますので、どちらかと言うと錠の強度こそが重要だと思います。

    私が子どものころは前輪につけるチャチな棒状の錠が一般的だったのですが、これは大人の男性が蹴れば一発で開錠できてしまう代物でした。チャチな錠を2個つけるよりも U 字錠を1つつける方が狙われにくくなると思います。高校の時の後輩は、14個くらい錠をつけていたのに盗まれたことがあります。

    通りすがりなのに偉そうに書いてしまいすみません。

    • escape air より:

      通りすがりさま
      コメントありがとうございます。確かにそうですね。量より質が最も大切なことと思います。
      そしてより難易度の高い鍵を2つ以上使うというのがベストなのでしょうね。
      言葉足らずを反省です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑