*

カッコ良い自転車用バックミラーって有るのか?

公開日: その他, 自転車用品

カッコ良い自転車用バックミラー

自転車への装備の義務は無いけれど、装備しておくべきなんじゃないかと度々議論になるのが自転車のバックミラー。

自転車も車両である以上は、左折、右折の際には後方確認は必ずしたいところです。
バックミラーが無ければ目視するしかないわけですが、目視だと一旦正面から目線を外してしまうことになりますし、バランスを崩すことにもなるので、バックミラーがあれば安全性が高まるってところで、ミラーの必要性が叫ばれていたりするわけです。

ロングフレキシブルミラー

もちろん、自転車用のバックミラーも多々あるわけですが、どうにもこうにも見た目が悪い。バイクや車の場合は見慣れているせいか、バックミラーが無い方が違和感を感じますが、自転車の場合はミラーが付いた瞬間からカッコいいロードバイクも何故だかものすごい違和感でカッコ悪く見えてしまうのです。

そんなわけで、僕自身、愛車であるクロスバイクへのバックミラーの装備を考えたことがありますが、今現在でバックミラーは装備されていません。

もっとカッコ良い自転車用バックミラーは無いんかい?ってことで調べてみて「これならちょっとは考えてみないでもない」というような自転車用ミラーをピックアップしてみました。

ヘルメット装着型ミラー

zefal(ゼファール) Z Eye ヘルメットミラー ブラック

自転車本体にバックミラーを付けるのが嫌なら、ヘルメットに付けてしまえばいいじゃない!的な発想のバックミラー。
確かにこれだと自転車の見た目も損なわずに済みます。確認も慣れてしまえば見やすそうです。

価格も安く、理想的ではありますが、ヘルメットがズレたりすると全く使い物にならなくなったりする問題もあるようです。
走行中にヘルメットがズレる、なんてことは往々に有り得ることなので、その調整に気をとられているのは、逆に危ないかもしれません。

アイウェア装着型ミラー

サイクルアウェア HEAD UP! サングラスミラー ブラック

ヘルメットがズレるならアイウェアに付ければ良いじゃないという発想で、アイウェアに装着できるものもあるようです。これだとズレはあまり気にしなくても良いのかもしれません。

バーエンド装着型ミラー

【バーエンドミラー】CW-0010【富士彫刻工業所製造】

見た目を損なわない、ということを考えれば、ドロップハンドルのバーエンドに装着するタイプのミラーが一番だと思います。

「ミラーが小さくて見えないんじゃないの?」と思いますが、レビューを読んでみるとそこそこよく見えるとのこと。実際に装着している人を見かけた事もあります。

下の動画を見る限り、確かに意外とよく見えます。

ハンドル収納型ミラー

ハンドル収納型ミラーPhoto via:https://www.cycleaware.com/index.php?main_page=product_info&products_id=4

クロスバイクやマウンテンバイクなどのストレートバーのバーエンドに収納して走行中のみミラーとして活用出来るタイプのミラーで、ちょっとしたアイディア商品とも言えるかもしれません。

バーエンド一バー体型ミラー

TOPEAK(トピーク) Bar'n Mirror

クロスバイクなどにバーエンドバーを装着している人は考えてみても良いかもしれないバックミラー。

フレーム固定型ミラー

lge_rightPhoto via:http://www.bike-eye.com/about.html

個人的に最も気になるのがこのフレームに取り付けるタイプのミラー。
ミラーの大きさの割にあまり目立たないというか、しっかりと馴染んでいる感じがします。

ハンドル周りにバックミラーを取り付けようと思うとゴチャゴチャしてしまい、突起のようになってしまうのが気になるのですが、ヘッドチューブ周辺だともともとワイヤーなどでゴチャゴチャしていることもあり、意外と違和感がありません。ちょっとカッコ良いとさえ思ってしまいました。

Bike-Eyeというブランドのようですが日本での取り扱いがないのが残念なところ。

モニター型ミラー

モニター型自転車用ミラーPhoto via:http://www.blessthisstuff.com/stuff/vehicles/cycles/digital-bike-mirror/

究極はやはり前方から目を離さずに確認できるもので、サイクルコンピューターなどのモニターで後方確認できるものだと思います。

実際にそういったコンセプトのものもあったので紹介しておきます。
これさえあれば全部解決しそうですが、残念ながら商品化されていないみたいです。

後方確認できるようにするにはそれなりに大きなモニターが必要になりますし、そうなるとバッテリーの問題出てきます。また、屋外での液晶の視認性問題もあります。さらには仮に実現できたとしてもかなりコストは高くなってしまいそうなので、実際問題であまり現実的なモノでは無いのでしょう。

でも、実現できたらきっと欲しくなってしまうかも・・・

以上、考えてみても良いかも!な自転車用のバックミラーについてまとめてみました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑