*

クロスバイクのフラットバーにはバーテープがお勧め

公開日: グリップ, ハンドル周り, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

クロスバイクのフラットバーにはバーテープがお勧め

クロスバイクのフラットバーにつけるグリップをいろいろ検討した結果、意外にもグリップをやめてバーテープに落ち着いたというおはなしです。

クロスバイクのグリップを換装する

僕がクロスバイクのESCAPE Airを買って、最初の改造、カスタマイズとして手を付けたのがグリップでした。

クロスバイクのESCAPE Airに最初から付いているグリップはモチモチした素材の竹輪のようなグリップで、ちょっと違和感を感じながらも初めて乗ったクロスバイクだったので特にそういうものだろうと思いながらそのまま乗り続けていました。

そんな中、グリップを交換すると、もっと快適な自転車ライフが送れるという情報や、グリップの交換は非常に簡単で手軽に出来て乗り心地も変わるからおすすめ!という情報を見つけた僕は、改造、カスタマイズに興味もあってグリップを換装しようと思い立ったのでした。

コンフォートグリップを使ってみた

コンフォートグリップを使ってみた

最初に選択したグリップは、グリップが太めで平らになっている、いわゆるコンフォートグリップと呼ばれるもので、通常のグリップのように常にしっかりと握っている必要はなく、グリップの上に手のひらを置いた状態で楽に乗れるのが特徴です。

短距離で乗っているうちはそれほど違いが分かりませんが、数十キロ以上のサイクリングになると、常に一生懸命グリップを握っていなくて良いってことは、実は負担がかなり軽くなるんだなと気付かされます。

コンフォートグリップの中でも特に評価が高いのがエルゴングリップと呼ばれるもので、コンフォートグリップの代名詞的な存在でもあります。

フラットバーにバーエンドバーも付けてみた

バーエンドバーも付けてみた

コンフォートグリップも悪くはなかったのですが、僕的にはまだ満足出来る感じではなく、その後、ハンドルの持ち方にバリエーションが増やせるようになるバーエンドバーを装着したこともありました。

バーエンドバーがあると、フラットバーに対して直角に持ち手が増やせるので、手首の向きが換えられるようになります。

持ち手のバリエーションが増やせると、長距離走る場合などで、しんどいなと思った時にかなり助けられます。

ロードバイクがクロスバイクよりも長距離乗るのに適した自転車と言われる理由の1つが、ドロップハンドルで、フラットバーに比べてハンドルの持ち手のバリエーションが多いのです。

結局グリップやバーエンドバーでは満足出来なかった

コンフォートグリップに換えたりバーエンドバーを取付けたりしていろいろ試してみましたが、コンフォートタイプのグリップはしばらく気に入って使用していたものの、太くて大きなグリップの存在感がクロスバイクのスポーティなシルエットが台無しになっている気がしたので取り外してしまいました。

また、バーエンドバーに関しては実際問題でほとんど使わなかったことや、見た目の部分であまり格好がパッとしなかったので、すぐにやめてしまいました。

クロスバイクのグリップにはバーテープがおすすめ

クロスバイクのグリップにはバーテープがおすすめ

いろいろ探してみたものの、クロスバイクのグリップで最適なものがなかなか見つからず、グリップ難民になりかけていたタイミングで、フラットバーにバーテープを巻いているクロスバイクを発見したのでした。

それまでの僕は、ドロップハンドルにはバーテープ、フラットーバーにはバーグリップを使用するというような固定概念があり、フラットバーにはバーグリップしか使ってはいけないと思い込んでいました。

なので、フラットバーにバーテープを巻くという発想が全くなかったため、フラットバーにバーテープを巻いているクロスバイクを見た瞬間「これだ!!!」とかなり衝撃的な発見でした。

早速バーテープを購入して自分のクロスバイクのフラットバーに巻いてみたところ思いのほか良い感じになり、それ以来、フラットバーでもバーテープを巻いて使用するようになりました。

クロスバイクのグリップはバーテープがおすすめの理由

スポーティーなルックスになる

バーテープ=ロードバイクなイメージがあるせいか、クロスバイクにバーテープを巻いても、スポーティーなルックスになります。

バーを巻くスペースは短いですが、忍者巻きなどもやろうと思えば出来ますし、かなりグリップ性も良くなります。

バーテープはデザインや種類が豊富

グリップと比べると、バーテープはデザインが豊富です。また、いろいろなカラーのバーテープがあるので、フレームのカラーとコーディネートしたり、楽しみが広がります。

素材の種類も豊富で、コルクや革、ジェル入りタイプなど好みに応じてチョイスする楽しみがあります。

バーテープは価格が安い

バーテープは安い物であれば1,000円以下のものもあります。

しかも、バーテープを購入すると、通常二本のテープが同梱されています。
ドロップハンドルの場合は、左右それぞれ一本のテープを使うからなのですが、フラットバーの場合は一本分のテープで左右を巻けてるので非常にリーズナブルです。

バーテープは巻くのも簡単

バーテープを実際に巻くまでは、巻き付ける作業は難しいものだと思っていましたが、実際に巻いてみるとそんなことはありませんでした。

ドロップハンドルの場合はブラケット部分が難関になりますし、巻き具合を間違えると足りなくなるなどのトラブルもあると思いますが、フラットバーの場合はそんな心配はありません。

クロスバイクのグリップはバーテープがおすすめまとめ

クロスバイクのグリップはバーテープがおすすめ

クロスバイクのグリップ選びで最も悩んだのがデザインでした。
太めのグリップは確かに快適ではあるのですが、見た目的にスポーティーな尖った感じがなくなってしまうのです。

ところがバーテープの場合は非常にバリエーションが多く、逆に選択肢が多過ぎて悩むほどですし、快適な素材も沢山あります。

そんなわけで、僕のフラットバーのグリップ探しは無事バーテープで落ち着きました。

飽きてしまえば気軽に変えられますし、お勧めのカスタマイズだと覆います。

【参考】クロスバイクのグリップをコンフォートタイプに換えたけどバーテープ仕様にした理由|Escape airと自転車ライフ

Comment

  1. […] クロスバイクのフラットバーにはバーテープがお勧め | Escape airと自転車ラ… […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑