*

クロスバイクにバーエンドバーを取り付けてみた結果と作業のポイント

クロスバイクにバーエンドバーを取り付けてみたおはなし
クロスバイクのESCPE Airにバーエンドバーを付けたおはなしです。

クロスバイクを買った後はロードバイクが欲しくなる

CANOVER(カノーバー) ロードバイク 700×28C CAR-011 ZENOS(ゼノス) アルミフレーム シマノ16段変速(2×8段) デュアルコントロールレバー シマノClaris(クラリス)採用 LEDライト標準装備 重量10.2Kg レッド/ブラック

クロスバイクを買った後はロードバイクが欲しくなる

クロスバイクを買った後にロードバイクを買いたくなる。
よくある現象らしい。

スポーツバイクに興味を持った時、最初に驚いたのはその値段。
それまで自転車と言えば、量販店で1万円前後で買うモノとばかり思っていたので、10万円を越える自転車が存在することを知って愕然としたものでした。

そんなわけで、僕にとって最初のスポーツバイクであるクロスバイクを購入した時も「クロスバイクとロードバイクの違い?自転車なんだからどれも同じでしょ?自転車ごときに何万円も出せないよ。もっと手頃な値段の自転車は無いの?」という気持ちからクロスバイクを選択したのです。

しかし乗ってるうちにいろいろと違いが解ってきます。
もちろんクロスバイクとロードバイクの違いも解ってきます。

どちらも特徴があり一長一短、つまりは用途で選ぶべきモノなのですが、僕としてはもっと速く、もっと快適に自転車に乗りたいという気持ちが強かったために、自然な流れとしてロードバイクが欲しくなってしまうのです。

しかしながら我が家は狭い団地暮らし。
愛車のクロスバイクは駐輪場に保管していますが、ロードバイクとなるとやはり部屋置きを考えたいところ。でも小さな子供が居る我が家では事故があっても嫌ですし、しばらくはロードバイクは我慢することにしています。

でもロードバイクに乗りたい!せめてロードバイクに近い自転車に乗りたい!

ロードバイクが買えないなら、改造すればいいじゃない

しかし、我慢してても「もっと快適に自転車に乗りたい!」「風のようになって颯爽と走りたい!」そんな気持ちが日に日に強くなっていくのを抑えきれません。

そこで「ロードバイクを買うのが無理ならパーツを換えて、せめて性能だけでもロードバイクに近づければいいじゃない」ってことに気が付きます。

そんな流れで「クロスバイクのESCPE Airを改造、カスタマイズして性能アップしてみよう!」という気持ちになり、あれこれと改造、カスタマイズを考えるようになります。

と言ってもいきなり大改造をやってしまうのは怖いので、まずは簡単に改造出来そうなパーツを物色し、バーエンドバーやグリップ等、素人でも数十分で出来てしまうようなパーツからチャレンジしてみたりするのです。

クロスバイクのESCPE Airにバーエンドバーを取り付ける

バーエンドバーとは

BBB バーエンド クラシック 150MM ベンド ブラック BBE-07 2014 474162
バーエンドバーとは、その名前の通りバーエンド(バーの端)に取り付ける短いバーで、これを取り付けると、自転車にツノが生えたようになり、ハンドルの持ち方のバリエーションが増え、走行中にハンドルポジションを変えらるようになります。

ハンドルポジションを変えられるということはどういうことかと言えば、ずっと同じポジションで長距離を走っていると手が痛くなったり、肩が凝ったりするなどで、疲れやすくなってしまうのです。そこで時々、ハンドルを持つ位置を変えてあげることで、その時、その時で楽な姿勢を取ることが出来て疲れづらくなるのです。

クロスバイクは通常ストレートバーと呼ばれる真一文字のハンドルなので、ハンドルポジションのバリエーションは幅を広くするか狭くするかくらいしかありません。しかし、バーエンドバーを取り付けることで、ドロップハンドルに似た持ち方ができるようになります。これだけで長距離を走る際はかなり変わってきます。

クロスバイクにバーエンドバーを取り付ける方法

バーエンドバーの取り付けは、かなり簡単です。
自転車改造の中でも最も簡単な部類に入ると思います。

クロスバイクにバーエンドバーを取り付ける方法
バーエンドに取り付ける際に、グリップやブレーキ、シフターなどをバーエンドバーの幅の分だけ中央に寄せてスペースを作り、そこにバーエンドバーをはめて六角レンチで締めれば完了です。

クロスバイクのESCPE Airの場合は、ESCPE Airに最初から付いているグリップがモチモチの材質のため、グリップを中央にズラすのがちょっと厄介なので、ドライバーか何かをグリップとハンドルの間に差し込んで隙間を作り、パーツクリーナーや食器用洗剤を水で薄めたものを流し込んでグリグリしたりしていると滑って動かせるようになります。

そんなことをするのが面倒な人はグリップをさっさと切ってしまって、バーエンドバー付きのエルゴングリップに変えてしまうのが、最も簡単かもしれません。僕の場合も、取り外したグリップを再利用する予定もなく、新しいグリップも買ったので、カッターナイフでジョキジョキと切って捨ててしまいました。

下のようなグリップとバーエンドバーが一体型になったグリップが人気のようです。一体型の場合は、グリップを換装するのと全く同じ流れで作業出来るのでさらに簡単です。

バーエンドバーのアレンジ

バーエンドにバーエンドバーを付けるのが基本

バーエンドにバーエンドバーを付けるのが基本
名前の通りバーの端。つまりバーエンドに取り付けるのが基本のようです。

ハンドル中央にバーエンドバーを付ける

ハンドル中央にバーエンドバーを付ける
バーエンドバーはグリップよりも内側に取り付けることができます。
見た目はより牛の角のようになって、少しカッコいいかもしれません。いわゆるタイムアタック仕様のDHバーの超短い版的な見た目です。

こうした場合、自然と脇が締まる乗り方ができるので空気抵抗を少なくするポジションを取れるのも利点だと思います。取り付ける際は、グリップやブレーキレバー、シフターなどは一旦全て外す必要があります。

複数のバーエンドバーを取り付ける

複数のバーエンドバーを取り付ける
さらにアレンジを効かしたい場合は、複数のバーエンドバーを取り付けるのも有りです。バーエンドバーは大小さまざまなタイプがあるので色々試してみるのも面白いかもしれません。
ちなみに複数付けると、戦闘機のような見た目になります。

バーエンドバーを取り付けるメリットとデメリット

バーエンドバーを取り付けるメリットとデメリット
バーエンドバーも一長一短で、メリットとデメリットがあります。

バーエンドバーを取り付けるメリット

見た目の変化
バーエンドバーを取り付けると、まず見た目の印象が大きく変わります。
どちらかと言えば、マウンテンバイク寄りのルックスになると思いますので、ロードバイク寄りのカスタムを行なう人にとってはデメリットかもしれません。
多様なポジション
いろいろなポジションを試せるので、それだけで自転車が楽しくなります。持ち手を変えると気分転換にもなります。

バーエンドバーを取り付けるデメリット

バーエンドバーを握るとブレーキに手がとどかない
バーエンドバーを握るとブレーキが掛けられません。
なので市街地ばかり走る人にとっては、まさしく無用の長物、蛇足になってしまいます。
サイクリングロード等をのんびりと走る際には問題ありません。

いろいろ試せて楽しいバーエンドバー

いろいろ試せて楽しいバーエンドバー
バーエンドバー一つでも、取り付ける位置を変えるだけで、乗り心地が大きく違う事に気が付けます。

実際問題で、僕が「あ、自転車ってパーツ一つでこんなに変わるんだ」と気が付いたのはバーエンドバーが切っ掛けでした。そっから自転車を弄るということが楽しくなって今に至るわけですが、そう言ったパーツによる性能の違いを気軽に楽しめるパーツがバーエンドバーだと思います。

先にも挙げたグリップと一体化したモノや、やたらと長いモノ、短いモノなど様々なタイプのバーエンドバーがあり、それぞれに特徴や乗り心地が違ってくると思うので、いろいろ試してみるのも楽しいと思います。

比較的安価な予算でできますし、元に戻したい時はすぐに戻せますから、そう言った面でも非常にお手軽な改造。カスタマイズだと思います。

いつも乗っている自転車にちょっとした変化を求めている人は是非チャレンジして欲しい改造、カスタマイズです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑