*

携帯ポンプのair boneでどの程度まで空気を入れられるか試してみた

公開日: ポンプ・空気入れ, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

compact bicycle pump airbone
僕が携帯用ポンプとして持ち運んでいるのはair boneと言う名の小型のポンプ

なるべく携行品は少なく軽くしたいとの思いから選択した携帯ポンプで、遠出した際のパンクに備えたパンク修理キットの一つとして携行しているポンプです。

長さが10cm程度の小ささがウリのポンプなので、一度に入れられる空気の量が少ない為に何度もポンピングしなければいけないことや、MAXで100PSI(7bar)という空気入れとしてはちょっと心もとない仕様です。

いくら携帯性が良くても、いざという場面で使い勝手が悪かったり、思ったような使い方ができないようであれば意味が無いわけで、外出先でパンクしたことを想定して、携帯ポンプのair boneでどの程度まで空気が入れられるのかを試してみることにしました。

携帯ポンプのair boneとお助けチューブ

compact bicycle pump airbone

まず前提として、携帯ポンプのair boneにはチューブがないため、チューブが無いと話になりません。air boneに限らずですが、チューブがない携帯ポンプは非常に空気が入れづらいのです。

チューブが無いと、無理な体勢で入れるようになり、華奢なバルブを痛めてしまう場合もあるので、チューブはセットで必要になります。今回のテストもチューブ無しでは半分程度も入れられる自信はありません。

compact bicycle pump airboneにチューブ「
チューブを装着した状態。これだけで作業のやりやすさが段違いに良くなります。

compact bicycle pump airboneバルブ
チューブの先はネジ式でバルブに固定するため、バルブにねじ切りが無いタイプのものだと使用できないのかもしれません。このタイプだとバルブを痛めづらく、携帯ポンプ向きの方式だと思います。

compact bicycle pump airbone空気を入れる
このように、地面にポンプを置いてシュコシュコやる方法もありますが、今回は完全に手持ちで、片手でポンプを握り、もう片方の掌で受け止めながら空気を入れます。つまり、グーを上下させながら、パーで受け止めるという「ガッテン!」の動作を繰り返すような感じでポンピングします。

携帯ポンプのair boneで空気を入れてみる

compact bicycle pump airbone空気を入れる
携帯ポンプのair boneで空気をシュコシュコと入れてみます。

空気ゼロの状態からだと数百回はシュコシュコしないと、押し返されるような手応えが感じられないため、本当に空気が入っているのか不安になるかもしれません。根気よく続けるとなんとなくポンプを押し返されるような手応えが出てきます。

compact bicycle pump airboneポンピングする
大変なのはポンピングの回数だけで、ある程度までは余裕で入れられると思います。

手でタイヤを触ってみて、ゆっくり走って段差に気をつければなんとか自走できそうかな・・・と思える程度まで空気をいれてみた結果、空気圧は38.8PSI(2.68bar)でした。

スピードを出して走るには無理のある空気圧ですが、15km/h未満のスピードで段差を意識しつつであれば、とりあえず自走できるレベルの空気圧だと思います。

compact bicycle pump airbone空気を入れる空気圧
そこからさらに空気をシュコシュコと入れ続けます。

自走できると思った程度からさらに200シュコシュコほど。さすがにポンピングに硬さを覚える程度の抵抗はありますが、男性であれば少し汗ばむ程度で無理なく入れられる程度だと思います。

compact bicycle pump airbone空気圧計測
空気圧を測ってみたところ48.7PSI(3.36bar)でした。

ポンピングに少し疲れてしまったので、この程度で終了。ですが、もう少し頑張れば60PSI(4.1bar)あたりまでは問題なく入れられそうです。このあたりまで空気が入れられれば、タイヤを握ってみても、硬いと思える程度にはなっていると思うので、段差に気をつけつつであれば20km/h程度で走行してもなんとかなりそうな程度になると思います。

限界まで入れても上限には到達しない

実際問題で手だけのポンピングであれば60PSI(4.1bar)あたりから限界が見え始めると思います。ポンプを地面に押し当てる方法で頑張ったとしても限界値の100PSI(6.9bar)あたりまで入れるのはちょっと難しそうで、逆に言えば、エアゲージがなくても、安心して限界まで入れられる、と言えるかもしれません。

携帯ポンプのair boneで空気を入れてみたまとめ

そんなわけで、携帯ポンプのair boneは、小さいながらも緊急用として十分にその役目を果たしてくれると言えると思います。

よほど人里離れた場所まで来てしまった場合は、極力頑張って限界までポンピングしてなるべく空気を入れたいとことですが、市街地であれば、自走できる程度まで空気を入れられれば、サイクルショップを見つけて、予備チューブを購入するついでに、空気を入れさせてもらえば良いのではと思います。

というわけで、ツールボックスにも余裕で収納出来て携帯に便利な携帯ポンプのair boneは、なかなか使えるゾ!というテスト結果でした。



Comment

  1. 通りすがり より:

    air boneってCO2インフレータを使う人が失敗した時のバックアップで持つ物で
    あまりメインで使うような物では無い気もします

    自分は一般的な携帯ポンプを使っていますが
    チューブ無しでも走行可能な程度には入りますよ
    (圧力は確かに調べたことなかったな、今度自分でもやってみよう)
    要は慣れですね
    (携帯ポンプに慣れるってのもかなりガッカリな話ですが)

    頭から10行目くらい100spi→100psiデスネ

    • escape air より:

      通りすがりさん コメント有り難うございます。
      そうですね、必要最低限のポンプかもしれません。例えばこれで山に行けるか?と言われるとかなり不安です。

      僕の場合、走行距離が短いのと、基本的に街中しか走らないので、air boneが小さくてちょうど良いって感じですかねぇ。

      そうなんですよね、パンクってそれほど頻繁に繰り返すものではないので、こうして遊ばない限りそれほど上達しないですよね(笑)

      PSIの指摘ありがとうございます!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑