*

自転車の保険の相場などについて調べたことまとめ

公開日: 保険, 自転車全般

自転車の保険の相場

クロスバイクやロードバイクなどの自転車も乗り物なので事故はつきもの。

最近は自転車と対人の事故に対しても高額な賠償命令が出ているとかで保険会社も判例を出汁にして煽りまくっていますが、明日は我が身ということで、自転車の保険について、少しは詳しくなっておいた方が良いのかなと思い、自転車の保険の相場などついて調べてみることにしました。

個人賠償責任保険があれば自転車保険は必要無し

個人賠償責任保険があれば自転車保険は必要な

いきなりの結論ですが、個人賠償責任保険があれば基本的には自転車保険は必要無しです。

自転車の事故で誰かに怪我をさせたり、他人の車などを傷つけた場合、自動車保険の特約などである個人賠償責任保険に入っていれば、自転車の事故などでも基本的な補償はされるようです。

車に乗っている人の多くは自動車保険に入る際に、この特約を付けていることが多いでしょうし、車に乗らない人でも火災保険などでも特約として付いている場合が多いので、自転車保険に加入を考えている人は、今現在で加入している自動車保険や火災保険などの保険内容を調べてみると良いと思います。

各保険会社の自転車保険のページの内容を確認してみても、自転車用の保険というよりは、自転車を切り口にした個人賠償責任保険が基本になった商品というような印象のものがほとんどなので、仮に自転車保険に新たに加入しようとするのであれば自動車保険などを見直した方が良いかもしれません。

個人賠償責任保険の特徴

自動車保険や火災保険の特約として加入する事が多い保険で、自動車事故などの怪我などに限らず、日常生活のトラブルである、お風呂場の水が溢れて階下の人に迷惑をかけたとか、子供が遊んでいて他人の家のガラスを割ったとかでも補償される保険。

子供などが自転車に乗っていると、周りを見ていないこともあり、誰かの車を傷つけてしまったりすることもあると思いますが、そう言ったケースでも補償してくれるような保険です。

例えば、僕が加入している都民共済などでも、生命保険のこども型には「第三者への損害賠償」への補償が付いています。この保険があれば子供が自転車に乗っていて、停車している車などに突っ込んだとしても、修理代金などは保険で補償されるというわけです。

それは当然相手が車ではなく対人で、相手に怪我をさせても同じように適用されるものと思われます。

個人賠償責任保険
● 自動車保険や火災保険の特約として加入する事が多い
● 日常的なトラブルに対応
● 加入していれば家族全員にも適用される場合が多い
● 自転車保険の報償内容は基本的には個人賠償責任保険と同じ

自転車保険のタイプ

自転車保険のタイプ

自転車保険と言っても、内容を精査すれば基本的には個人賠償責任保険で、それに少しずつアレンジを加えて保険商品としての個性を出している感じです。

自転車保険の基本的な保険の内容
● 交通事故全般の怪我や入院などの費用の補償
● 物損事故、対人事故、単独事故などの場合の賠償費用の補償
● 示談の代行

自転車に特化したサービス付きの自転車保険

せっかく自転車保険に入るのであれば、個人賠償責任保険でカバーされる範囲だけでなく、サイクリストにメリットがあるようなサービス内容のものを選択した方が良いと思います。

この記事を書いた2015年3月頃だと、そう言った付加価値のある自転車保険は少なかったですが、2016年12月現在で、ロードサービス付きや盗難保険付きの保険なども出てきたようです。

例えば自転車保険の先駆け的な存在であるau損保の自転車向け保険「Bycle」は、自転車での事故の場合は、保険金が2倍になる点や、自転車用のロードサービスもあり、50kmまでなら搬送を補償内でしてくれるようです。

このロードサービス付きというのが実際問題でサイクリストには大きなポイントで、途中でタイヤがパンクしたり、チェーンが切れてしまって自走できなくなってしまった場合でも電話一本で駆けつけてくれるため、遠出したりする人にとっては非常に心強く、月額数百円の安い掛金ということもあり、ロードサービス目的で加入する人も居るようです。

自転車盗難保険

自転車盗難保険

ロードバイクなどになってくると、数十万円もする自転車も珍しくありません。また盗難にも遭いやすいため、事故などの保険よりも盗難を補償してくれる保険を考える人も多いのではないでしょうか

しかしいざ探してみると、自転車の盗難保険って無いんですよね。自転車の盗難保険が無い理由としては、自転車の盗難事件があまりに多く、そんなものを補償していたりすると商売にならないというような感じらしいです・・・

そんな中で、自転車の盗難保険らしいものとしては、メーカーが独自の盗難補償を設定しているもので、ブリヂストンサイクル、パナソニック自転車、ミヤタサイクルなどで独自の盗難補償が設けられていたりします。

基本的に加入料は無料で、盗難に遭った際に、70%くらいの価格で新しい自転車を購入できるなどの補償があようです。

火災保険加などに加入している場合は「家財」が補償対象となることがあり、自転車も「家財」として認めらた場合に保険が適用されることもあるようです。

自転車の盗難保険については「自転車の盗難を補償する保険まとめ」にまとめてありますので参照してください。

自転車の車両保険

自転車の車両保険

ロードバイクなどの高価な自転車に乗っていて欲しいと思う保険は、転倒などの自損事故による故障の修理についての保険です。

例えば、車の場合で考えると、車両保険に入っていれば、自損事故を起こした時にも修理代は車両保険で補償される場合があります。

そう言った車両保険のようなものが自転車にもあればと思うのですが、残念ながら自転車で自損事故を起こして自転車が壊れたとしても、修理代が補償されるような保険が無い、というのが現状のようです。

自転車と関連深い保険

TSマーク付帯保険

TSマーク付帯保険
Photo via:http://www.tmt.or.jp/safety/pdf/kaitei-Poster.pdf

TSマークは自転車安全整備士が点検整備した普通自転車に貼付されるもので、傷害保険と賠償責任保険が付いていて、この保険のことがTSマーク付帯保険と呼ばれています。

TSマークの保険
● 自転車安全整備店で取り扱われている
● 青色マークと赤色マークがある
● 赤色マークの方が補償が厚い
● Traffic Safetyの頭文字
● お店によって販売価格が違うが相場は1500円程度

チームキープレフト会員に付帯する保険

自転車最大のイベントであるサイクルモードを運営しているサイクルモード事務局が発足させた自転車のマナー向上などを目的としたのがチームキープレフトと呼ばれるプロジェクト。

有料会員制で、サイクルモードの入場が無料(通常1,300円)になるなどの特典が有る他、会員になると自転車保険が付帯してくるというもの。
年会費は4,500円

日本サイクリング教会「JCA自転車総合保険」

日本サイクリング教会の会員になることで付帯する保険。
JCA主催のサイクルイベントでの交流や情報誌などの購読などの特典有り。年会費は5,000円。

自転車保険の料金の相場

自転車保険の料金の相場

補償内容によって当然バラツキがありますが、相場的には400円〜600円/月くらいで年間5,000円〜7,000円程度の保険がほとんどのようです。自動車保険と比べるとさすがに安いです。

自転車保険が必要になった場合の申請手順

自転車保険が必要になった場合の手順

保険は入っていても使う機会がないのが一番良いのですが、万が一お世話になる必要になった際の申請の手順。

1.相手と自分に怪我が無いかの確認。
2.怪我をしている場合、必要があれば救急車などの手配
3.警察への連絡
4.事故状況のメモ、記録
5.保険会社への連絡

というのが基本的な流れになります。車の場合も同じですが、自己で示談にしてしまうと後から問題になる場合も多かったり、事故証明が無いと保険が適用されないので、必ず警察を呼んで事故処理をしてもらうようにしましょう。

自転車の保険まとめ

自転車の保険まとめ

自賠責保険の加入が必須の車と違い、自転車の場合は保険の加入は強制ではありませんし、どちらかと言えば自転車は歩行者と同じ交通弱者なので、対車との事故の場合のほとんどは被害者扱いとなる場合が多いので保険が必要な場面は少ないとは思います。

しかしながら、対人との事故の場合は、高額な賠償命令が出たりしているのもまた事実なので、保険は無いよりはあった方が良いというのは間違いないでしょう。

自転車保険は年間5,000円程度ですから、楽しく安心して自転車に乗るための料金と思えば、ケチらずに何らかの保険へは加入しておいた方が良いのではと思います。

保険は掛けていれば事故におきないというような、おまじないみたいなところもありますからね。

というわけで、とりあえずは自動車保険や火災保険の特約で個人賠償責任保険に加入しているかをチェックして、加入していないようであれば、新たに自転車保険に加入するか、従来の保険に特約を追加して個人賠償責任保険に加入しておいた方が良いというような感じかと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑