*

予算3万円でクロスバイクを速度アップできる7つの改造やカスタマイズ

公開日: スピードアップ, 自転車全般

予算3万円でクロスバイクの速度アップ

僕が数あるクロスバイクやロードバイクの中からESCAPE Airを選んだ理由は、初心者向けの入門機としてお手頃なスポーツバイクだったという他に、改造、カスタマイズして楽しみたかったからというのがあります。

フルチューンの完成車を買って純粋にスポーツバイクを楽しむのも良いですが、入門機を改造、カスタマイズして、そこそこ走るスポーツバイクに仕上げるのも、自転車の楽しみ方の1つだと思うのです。

そんなこんなで、改造・カスタマイズを重ねるうちに、6万円くらいで買ったクロスバイクのESCAPE Air改造・カスタマイズの総費用は、なんだかんだでESCAPE Airが何台も買えるくらいは遣ってしまいました。

クロスバイクの改造、カスタマイズに関しては、人それぞれに考え方があり、人によっては無駄な事を・・・と呆れられるような趣味ではありますが、お陰で自転車にはそれなりに詳しくなるなどで、個人的にはプライスレスな感じでかなり楽しませてもらっている状態です。

さて、クロスバイクの改造、カスタマイズを行なうなうと、性能的にいろいろと変わるわけですが、その中で多くの方が気になると思うのが、やはり速度アップについてだと思います。

実際問題での改造、カスタマイズを行なうことで僕の愛車のESCAPE Airはかなり速度アップ出来ていて、改造、カスタマイズを行なう楽しみの中で1つの大きなモチベーションにも繋がっています。

そんなわけで、いろいろ改造・カスタマイズしてきたからこそ言える「初心者でもできる予算3万円でクロスバイクをスピードアップさせる改造」について書いてみようと思います。

予算をそれほど考えない改造、カスタマイズであれば「クロスバイクのESCAPE Airのスピードアップに効果があった改造」を体験版としてまとめていますので、より参考になるかと思います。

予算3万円でクロスバイクを速度アップできる7つの改造

ホイール交換すべし

速度アップにはホイール交換

クロスバイクの純正ホイールだと速度は出せないと思って間違いない

クロスバイクを速度アップさせるために確実に手を付けたいのは、とにもかくにもまずホイールです。

クロスバイクに通常使用されているホイールはほぼ間違いなく底辺グレードなホイールが使用されていると思って間違いありません。仮にクロスバイクに使用されているようなホイールが単体で販売されていたとするならば、きっと価格は5,000円程度じゃないでしょうか。

例えば僕の愛車であるESCAPE Airの純正ホイールはSPINFORCE SLと呼ばれるモノで、重量だけを見れば、10万円以下で買えるスポーツバイクに付いているホイールとしては軽い部類に入ります。

とかく重量を意識してしまうスポーツバイクでは、軽い=正義みたいなところもあるので、ESCAPE Airのホイールも、重量だけを見れば評価されるホイールだと思います。

しかし、SPINFORCE SLは軽いだけで、スピードが全く乗らないホイールで30km/h以上になると、踏んでも踏んでもそれ以上は走らない感じなのです。フニャフニャしている感じで、いわゆる剛性が感じられず、力がどんどん吸収されてしまって動力にならないのです。

ESCAPE Airに限らずで同じような価格帯のクロスバイクのホイールは性質に若干の違いはあるとは思いますが、どれも似たり寄ったりの性能だと思います。

つまりは、ホイールを換えないことには速度アップは考えられないと思った方が良いでしょう。とにもかくにもスポーツバイクの速度アップはホイールの換装から始まると言っても過言ではありません。

ホイールを換えるなら

諸々込みで3万円の予算であれば、交換するホイールの定番はSHIMANO WH-R501-30になるかと思います。

ただし、このホイールはロードバイクの入門機に装備されていることが多く、別名「鉄ゲタ」とも呼ばれる重たいホイールで、ロードバイクに乗っている人からの評価はものすごく低いです。

なのでここはもう少し奮発して、次点の候補になるWH-RS21あたりを候補にしておくと良いと思います。

3万円という予算の縛りがなければ、ULTEGRAグレードのWH-6800あたりが、やる気を見せるクロスバイクの定番中の定番になってくると思われます。

どうせならもう少し上のグレードのホイールにしてしまっても良いと思います。というのも、お金を出せば出しただけ感動できるホイールが手に入るのは間違いなく、ロードバイクにステップアップしてからも財産としてホイールは使い回しができます。

ただまぁ、一般的なクロスバイクの場合だと、上限でWH-6800あたりが最もバランスの良いホイールだと思います。それ以上のホイールになるとクロスバイクには正直な所勿体ない感じが出て来てしまうのです。

とにもかくにもホイールを換えれば速度アップができる他に見た目も変わるので絶対やっておいたほうが良い改造、カスタマイズです。

費用 約20,000円
残額 約10,000円

タイヤを交換すべし

タイヤ交換でスピードアップ
クロスバイクに付いているチューブとタイヤはそこそこ重量があると思われます。
タイヤが思いと、速度を乗せるのに抵抗が大きくなりますからタイヤも軽い方がより速度が出しやすくなります。さらにロードバイクなどで使用される高性能なタイヤになると軽いだけではなくグリップ性能も大きく変わるため速度アップにはタイヤの交換もおすすめです。

世間一般の評判の良いタイヤで考えると、重量の軽さとパンク耐性、タイヤとしての性能にこだわると、コンチネンタル グランプリ4000S2をチョイスするのがベストかと思います。

他のタイヤと比べると高価なタイヤになりますが、その性能は高く評価されていて「GRAND PRIX 4000S2を使ったらもう他のタイヤは使えない」と思わせるほどの文句無しの性能です。速度アップを考えた場合サイズはクロスバイクの標準である28Cから23Cか25Cにした方が良いでしょう。

費用 約10,000円 チューブ込み
残額 約0,000円

タイヤとホイールで30,000円遣ってしまいました(笑)

しかしながら、足回りの改造がスピードアップには一番効果的なので、そこに全フリしてしまうのは仕方がないことなのです。速度アップには、とにもかくにもホイールとタイヤのグレードアップが手っ取り早いのです。

ポジションの調整すべし

ポジションの調整で速度アップ

スピードアップにはポジションの調整が効果的です。
例えば、サドルの高さ。シティサイクルの感覚だと低くしてしまいがちです。

サドルに座った状態で足を伸ばしてペダルにカカトがギリギリ付くくらいが、サドルの高さのポジション出しの基本になるので、その前後でベストな高さに調整できれば効率よく自転車に力を伝えられるようになると思います。

ポジションをほんの少し変えるだけでも大きな違いが出て来るわけで、ベストなポジション出しをするということは、速度アップにも非常に有効に働くものと思われます。

実際問題で僕は最初ものすごく低い位置にサドルの位置をセットしていました。ママチャリのようにサドルに跨がった状態で足が着かないといけないものだと思っていたからでした。それでも頑張ってつま先でギリギリ付く高さでしたが、ちゃんとしたセッティングと比較すればものすごく低い位置にサドルがありました。

そうすると状態が起きた姿勢になりますから空気抵抗も大きくなりますし、何よりもペダリングの効率が悪いですから、そんな状態で速度アップは期待できません。

逆に言えば、ちゃんとポジションを出せば、効率よいペダリングが出来るようになりますから、今までと同じ力でペダルを回すだけで、確実に速度がアップするはずです。

服装を変更すべし

服装を変更すべしサイクルジャージ
速度アップに一番の邪魔なのが空気抵抗。
速度が増すにつれて抵抗は大きくなってしまうので、速度アップをしたいのであれば、なるべく空気抵抗を減らす努力が必要になります。

理想はやはりサイクルジャージに身を包むのがベストですが、予算が無いので買えないので諦めるとしても、せめてズポンや上着は空気抵抗の少ない服装に着替えるのが良いでしょう。少しタイトな服にするだけでも大きく違ってきます。

ハンドルカットすべし

160917_2
一般的なクロスバイクのハンドル幅は純正のままだと540mm程度あります。ハンドル幅は広い方が自転車自体は安定しますが、ハンドル幅を切り詰めることによって脇を締しめたポジションを取れるようになり、必然的に空気抵抗を減らせることができ速度アップに繋がります。

パイプカッターがあれば簡単に出来る改造なので、お勧めです。

予算3万円でクロスバイクを速度アップできる改造やカスタマイズのまとめ

クロスバイクを速度アップできる改造やカスタマイズ

予算3万円(工具代または作業賃除く)で速度アップを重視した改造をするなら、やはりホイールとタイヤに尽きます。逆に言えばそれだけ効果の大きい改造、カスタマイズになるので、正直な所、そこにどれだけお金をかけられるかが速度アップの答えになると思います。

その他のついてはクロスバイクに装備されているスプロケットは無駄にワイドレシオなのでギアの繋がりがよいクロスレシオなスプロケットに換えてみるのも良いでしょうし、ビンディングペダルを取り入れたいところでもあります。ただし、ビンディングペダルはペダルの他にシューズを買わなくてはいけなくなるので、予算的には少々厳しい選択になるとは思いますが・・・。ただ劇的に走行効率を上げられるパーツの1つであるのは間違いありません。

もう少し予算をオーバーしても良いのであれば、コンポーネントをtiagraあたりで10速化してしまうのも選択肢としてはアリだと思います。

まぁそんな感じで上を見れば、いくらでも良いパーツは出てきて、こだわればキリがなくなってしまうのが自転車の世界です。

しかし、費用が30,000円以上になってくると、クロスバイクの場合は完成車の購入価格に追いついてきますから、魔改造を目指すのではない限り、30,000円程度がクロスバイクの改造・カスタマイズでは1つの区切りになる予算ではないでしょうか。

玄人目線で見ればもっと良いチョイスがあるでしょうし、そもそも、走行性能を求めるのであれば、クロスバイクではなくロードバイクを選択しなさいというお話になってしまうと思いますが、あくまで初心者がクロスバイクを3万円という限られた予算の中で改造・カスタマイズする場合の選択例であるため、人によっては「ねぇよ」な選択かもしれません。

また当然のことながら自転車のエンジンは人ですので、人を鍛えるのが速度アップには最も効果がある、というのは言わずもがなですね。

以上、予算3万円でクロスバイクを速度アップできる改造やカスタマイズについてでした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑